fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぴしくるの日記

日々の暮らしの中で『季節感不足』を解消するため週末には『旬』を求めてお出掛けするのが楽しみです。

プロフィール

ぴしくる

Author:ぴしくる
---------------
名古屋在住、夫婦共働きの二人暮らし。
週末には旬の食材、美味しい蕎麦、
温泉を求めて(たまに魚釣りも。)
小旅行を楽しんでいます。

☆当ブログはリンクフリーです。

最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
出会った野鳥さん
Blog Ranking
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
Edit
2018.07
28
Category : その他
今日はほんの少し暑さが和らいだのでお昼過ぎに名古屋市農業センターまでお散歩してきました~
和らいだと言っても名古屋の最高気温は34.4℃だったので散歩に不向きだった事には変わりありませんが^^

今年もヒョウタンのトンネルが♪ でもいつもより葉っぱも少ないし元気がないような。
20180728_0001.jpg


午後3時前、暴風警報が発令されたためセンターを閉園するとアナウンスがあり撤収。
まだこの時間には風もなく青空まで見えていましたが天候急変もあるので早足で帰宅、汗だぁ~だぁ~
20180728_0002.jpg


過去に例のないルートで夜遅くから明日未明にかけて東海地方に上陸しそうな台風12号。
どうか無事に明日の朝をむかえることができますように
どうかどの地域にも大きな被害がでませんように

Edit
2018.07
22
2日目、海の日の朝をでむかえました(笑)

この日も雷鳥ヒナちゃんに会えることを期待して畳平へ行くことに。
2人分のシャトルバス代5000円はヒナちゃんに会えれば安いもの^^ 会えないととても痛い!

午前7時のバスに乗るため宿での朝食はお弁当に変更してもらいました♪仙山乗鞍さんに感謝!
バスセンターの方曰く昨日の混み様が嘘のように人が少ないらしい。3連休最終日だもんね。
20180716_1000.jpg

畳平に到着してすぐに昨日雷鳥親子が通り過ぎたという地点にむかう。 雲海がきれい♪
20180716_1001.jpg

3時間ほど粘ってみましたがハイマツの間から雄の雷鳥が何度かひょっこりはんするだけで
お母さんチビちゃんの姿はどこにもありません。 もう待つのに飽きてしまったよ~。
とにかく自分は待てない性分で同じ場所に3時間はよく頑張ったほう、トイレも行きたいし大黒岳を一旦おります。
20180716_1002.jpg
考えてみると雄の雷鳥に会えるだけでもラッキーなのにそれだけでは満足できない贅沢な状態^^

目の前にはコードブルー
畳平で女性を乗せて飛び立っていきました。 初めて見た本物のドクターヘリ。 映画版観たい^^
20180716_1003.jpg


やっぱり会えないのかなぁ、もう諦めて帰ろうか。っと時間を見ると1時間に1本のバスは出たばっか。
必然的に残された時間は1時間、最後のトライに希望を託して再び大黒岳へとむかいます。

ラストチャンスはいきなり訪れました! o(^▽^)o
山の中腹でお母さん雷鳥に遭遇!  チビちゃんは何処?
20180716_1004.jpg

ハイマツの陰に2羽のチビちゃんが隠れていました♪ にゃ~可愛い
20180716_1005.jpg

お母さんが周りに危険がないことを確認してヒナに合図を送ると一気に飛び出してきます^^
20180716_1006.jpg

わっちょい!わっちょい! ピントが追いつかないほどメチャ走るのが早いヒナちゃんでした。 脚太いし^^
20180716_1007.jpg

障害物のない一番危険な状態です。 ハイマツのある所まで早く頑張って走って!
20180716_1008.jpg

ふぅ~ ちょっと休憩^^
20180716_1009.jpg
生まれて2週間ほどのヒナちゃんですが5羽孵化した中の2羽だそうです。
2週間前と言えばあの豪雨。 生まれたての幼い生命は耐えることができなかったのですね 

満足感と感動に浸りながらバス乗り場にむかいます。 素敵な出会いに感謝!

鶴ヶ池の池畔にホシガラスの親子がいました♪
なかなか会うことのできなかったホシガラスさんなので嬉しい^^ しかもあどけない表情のチビちゃんまで。
20180716_1010.jpg

こんな微笑ましいシーンも見ることができました♪
20180716_1011.jpg


今回のお出掛け、当初は避暑地で温泉・蕎麦・山登り・滝巡り・野鳥を楽しむという計画でしたが
想定外にほぼ雷鳥さん中心の旅となりました(笑)キョロちゃん同様余韻を引くいい出会いでした♪

山の上では涼しくて快適でしたが帰り際になると猛烈に顔の表面が痛くなってきました。
自分も妻も顔面真っ赤、長袖と帽子をかぶっていましたが照り返しをなめていたようです^^
顔の皮も一皮むけて最近ようやく治まりました(笑)


Edit
2018.07
20
7月15日(日曜日)
連休はこの暑さから逃れたくて1泊で乗鞍岳へ行ってきました。

相変わらずの思い付きなので前日に宿さがしwww
運のいい事にお気に入りの宿、仙山乗鞍さんが1部屋だけ空いていました♪

午前4時に自宅を出発。 早朝でもこの暑さはほんとに異常。

午前8時に乗鞍高原観光センター到着。 車をおりるとやっぱ高原は涼しいね♪
乗鞍山頂畳平行きバス乗り場は次発9時だというのにもう列ができている。トイレを済ませて並ぼう。
20180715_0001.jpg

バスに揺られて50分、そこは森林限界をこえて雪の残る別世界。 車窓からパチリ
20180715_0002.jpg

夏スキーをされる方も大勢。 リフトがないので板をかついで大変そう。 こちらも車窓より。
20180715_0003.jpg

山頂の畳平に到着。 長袖で丁度いいほど涼しくて~ まさにここは天国♪
20180715_0004.jpg

当初の心の旅のしおりでは
“初日は乗鞍岳最高峰の剣ヶ峰に登る!そして2日目は乗鞍高原で滝巡り!” だったのですが~ 
20180715_0005.jpg

こんな貼り紙を見てしまったからプランは大幅に変更となる(笑)
20180715_0007.jpg

剣ヶ峰に登っているばやいじゃないよ~
大黒岳だよ!魔王岳だよ! 大黒岳登山口にむかって美しい鶴ヶ池沿いを鼻息荒く進みます。
20180715_0006.jpg

大黒岳は山頂までの距離がとても短いのですが登り始めるとすぐに息があがってしまうw 運動不足を痛感^^
20180715_0008.jpg

鮮やかなピンク色のコマクサなど高山植物が咲き乱れていました。
20180715_0009.jpg

20180715_0010.jpg

イワヒバリさんの姿をよく目にしました。
この姿のどこがヒバリ?っと思いましたが空中で囀る姿はまさにヒバリでしたよ。
20180715_0011.jpg

山頂に着いたけど雷鳥さんの気配はまったくなし、そんな簡単には会えませんよね。
20180715_0012.jpg
ちなみに当初登る予定だった剣ヶ峰は左奥の一番遠いとんがった山です。

早めの昼食。 コンビニおむすびでも素敵な景色をおかずにすればとても贅沢なランチタイムです。
20180715_0013.jpg

眼下の遥か先にはさんの姿も。
20180715_0014.jpg

食事の後は雷鳥さがしです。 まずは本当にいるのか生声の目撃情報収集。
ヒナ連れは無理でもまだ出会ったことのない憧れの雷鳥さんに是非会いたい。
まずは近くにみえたCMさんにうかがうと少し先の登山道で砂浴びをしているとのこと。
早速行ってみると・・・ うわっ、ほんとにいた♪ あまりにも簡単に会えてしまって拍子抜け^^
20180715_0015.jpg

若い♂の雷鳥です。
驚いたのは人が通る道の真ん中で動じることなく砂浴びをする姿には警戒心の欠片もなかったこと。
20180715_0016.jpg

うぉりゃあぁ~!!!
20180715_0017.jpg

場所を変えて魔王岳にも登ってみましたが雷鳥の姿はみえず。
20180715_0018.jpg

最後に再び大黒岳に登り♂の砂浴びポイントに行ってみると~
つい10分前に♀の雷鳥2羽のヒナを連れて足元を通過したとのこと(泣)
再び姿をみせてくれることを期待して1時間ほど待ってみましたが出てきてくれたのは♂の雷鳥だけでした。
20180715_0019.jpg
午後4時5分、いよいよ帰りのバスの出発時刻となりました。 ん~心残り。
これはもう明日は滝巡りしている場合じゃぁ~ありません。 こんなチャンスは滅多にありませんから。



このところ忙しくてなかなか記事更新できませんが、次回はヒナちゃん登場です^^


Edit
2018.07
17
Category : 野鳥
7月15日から一泊でちょっと涼しい場所へ行ってきました♪

そこで出会った可愛いチビちゃん(*^_^*)  誰の子だと思いますか?
20180716_00000A.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
ヒントはまわりの高山植物。     答えは・・・暫しお待ちください。


<追記>
【答えの記事はココです♪】
Edit
2018.07
06
Category : 京都府
7月1日(日曜日)

京都までの新幹線往復チケットを知人(妻の)から急遽譲り受けることになりまして
こんな事でもない限りなかなか行く機会のない京都へ行ってまいりました。

僕が最後に訪れたのはデジカメが300万画素でスゲ~~っと言っていた時代なので
かな~り昔のことです(笑) で、その前が小学校の修学旅行(笑)
どうでもいいことですが初めて買ったデジカメはサイバーショットDSC-P1でした^^

名古屋駅から京都駅まではあっと言う間の30分、在来線に乗り換えて最初に
やって来たのは嵐山です。 駅ではカワイイ お姉 お猿さんがお出迎え♪
20180701_0001.jpg



まずは竹林の小径を散策。とびっきりの清涼感を期待していましたが・・・
まだ10時前なのにメチャ蒸し暑いし、外国人観光客で異常な賑わいだし( ノД`)
20180701_0002.jpg



竹林の小径から池泉回遊式の曹源池庭園が美しい天竜寺
法堂の天井に描かれた直径9メートルの「雲龍図」でも知られるお寺です。
20180701_0003.jpg

ちょうど紫陽花が見頃でした♪
20180701_0004.jpg

ハスはまだ早いようです。
20180701_0005.jpg



嵐山といえば渡月橋ですよね^^
亀山上皇くまなき月の渡るに似るとツイートしたことが名前の由来らしいです。
20180701_0006.jpg

数年前の台風の猛烈な濁流に耐えたことが印象的で一度は渡ってみたい橋でもありました。
20180701_0007.jpg



お昼御飯は京都となればやっぱりお豆腐料理でしょ~♪
でもお豆腐料理ってけっこう高いし京都は物価も高い気がするぅ~

そんな中、わりかしリーズナブルなお店をみつけました。 嵯峨とうふ 稲 さん。
20180701_0008.jpg

美味しいお豆腐とくみ上げ湯葉をいただきました。デザートのワラビ餅も絶品です。
20180701_0009.jpg



昼食の後はお土産屋さんをウロウロ。
どこも外国人だらけでお土産屋さんも横文字だらけ、和の風情よりも異国情緒?

素敵なアートがありました。「キモノ・フォレスト(友禅の光林)」って言うらしいですよ。ガイコツ柄だ!
20180701_0011.jpg



嵐山から在来線を乗り継いで伏見稲荷大社にやって来ました。
20180701_0012.jpg

キツネさん、何くわえてるの?
20180701_0013.jpg

朱色が眩しい!
20180701_0014.jpg

外人さんは派手な浴衣を好むようです^^
20180701_0015.jpg

参拝!
20180701_0016.jpg

朱色のトンネル千本鳥居
20180701_0017.jpg



次に訪れたのは伏見稲荷大社からJRで1駅隣の東福寺
20180701_0019.jpg

妻が見たかったという市松模様のコケの庭。
20180701_0020.jpg

枯山水を眺めながら休憩。
20180701_0021.jpg



東福寺から市バスに乗って祇園に移動。 これが噂の川床ですね。
20180701_0022.jpg

縁結びの八坂神社です。 この日から祇園祭りだから浴衣姿が多かったのでしょうか?
20180701_0023.jpg

参拝!
20180701_0024.jpg
祇園から京都駅は満員ギュウギュウの市バスに乗って、歩き疲れた後のこれが一番辛かった。

ん~ 1日中歩いたわりには計画通りにまわれませんでした~
まわり方が悪いのかも知れませんが見所となる場所が中途半端に離れているんですよ。
兎に角 梅雨の京都は暑くて死にそうでした。 やっぱり秋から冬がいいのでしょうね。

今回の旅では外国人観光客の多さに圧倒されてしまい以前のような情緒溢れる魅力的な
古都を感じることができなかったのが残念でしたが、偶には電車の旅もいいものですね。 
人の多さと暑さで文句ばかり垂れていましたが、この旅を計画してくれた妻に感謝です。
ゴメン&ありがとう (*^_^*)楽しかったよ。



Edit
2018.07
01
Category : 野鳥
2週間前に撮ったキョロちゃんの写真を見ながら未だにニヘニヘしています^^
憧れの鳥さんと出会い撮影も出来てよっぽど嬉しかったのでしょうねぇ~
反面、少々燃え尽きた感も(笑) 【その時の記事】

しつこいかも知れませんがw そんなキョロちゃんをGIFアニメにしてみました。
47枚の写真を2M以内のGIFにしようとすると画質は最悪だわ小さいわ
20180630kyorochan.gif
もっと綺麗なGIFアニメにする方法をさがしてみよう。

今日は日帰りで京都へ行ってきました。
名古屋駅からは新幹線で30分、通勤時間より短い時間で着いちゃいますが
現地での移動は慣れない公共交通機関、しかもバスは満員でメチャ疲れました~
今日1日の歩数は29763歩、帰宅してシャツを見たら塩を吹いていましたよ。