fc2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぴしくるの日記

日々の暮らしの中で『季節感不足』を解消するため週末には『旬』を求めてお出掛けするのが楽しみです。

プロフィール

ぴしくる

Author:ぴしくる
---------------
名古屋在住、夫婦共働きの二人暮らし。
週末には旬の食材、美味しい蕎麦、
温泉を求めて(たまに魚釣りも。)
小旅行を楽しんでいます。

☆当ブログはリンクフリーです。

最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
出会った野鳥さん
Blog Ranking
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
Edit
2017.07
25
Category : 南信エリア
7月23日(日)
久しぶりに母を誘って出掛けました。
義母が入院してからは実家へ行くことも少なくなり会話もあまりしてなかったしね。

前日までは板取川で鮎料理と決めていたのですが・・・
岐阜方面は高い降水確率なので行先変更です。 板取の鮎食べたかったな。

新たなる目的地は~ そろそろ季節だろうと もろこし名産地 へ。
訪れたのは信州平谷温泉 ひまわりの湯 。  母お気に入りの日帰り温泉施設です。
久しぶりの温泉&妻とゆっくりお喋りができてとても喜んでいました。 よかったね^^
20170723_0001.jpg

ありました~♪
根羽村平谷村 その周辺で育てられたとうもろこしは糖度が高くてとても美味しいのです。
20170723_0002.jpg



温泉の後はもちろん美味しいお蕎麦でしょう。 定番のルートです。
やって来たのは そば処 おにひら本店 さん。 相変わらず賑わっていますね。
20170723_0003.jpg

稚鮎の天ぷら  念願の鮎だ鮎だ~\(^o^)/
アツアツ鮎の美味しさに感動! ほんのり苦さが鮎食ってるって感じでした!
20170723_0004.jpg

お蕎麦は美味しいに決まっています(笑) こちらの蕎麦を食すと信州まで行かなくても・・・・
ここ信州じゃん!って今回もツッこむ^^ 長野県ってもっと遠いイメージがあるんですよねw
20170723_0005.jpg

美味しいお蕎麦に母もご満悦。
20170723_0006.jpg



お気に入りカフェ カフェ ブラン・ブラン さんで茶したくて昼神まで来ました。
がっ、長期休業中だって(T_T) 再開されるのは何時なんだろうか?【過去の記事です】
せっかく来たので昼神温泉朝市会場奥の足湯に浸かる。
20170723_0007.jpg



帰りに稲武のおいでんやなに寄ってみました。
20170723_0008.jpg

落ち鮎はお盆を過ぎてからなのでヤナは子供達のいい遊び場になっていましたよ。
20170723_0009.jpg

鮎の塩焼きをいただく。
早く肝入り卵入りの塩焼きが食べたいです。 これはこれで美味しいのですが。
20170723_0010.jpg

清流とヒグラシの鳴声が涼しげで・・・
20170723_0011.jpg

雨ニモマケズ風ニモマケズ台風ニモマケズ・・・
どうかこの美しい景色と穏やかな流れがいつまでも続きますように。


Edit
2017.07
20
Category : その他
梅雨が明けましたね~
待ちわびたように蝉が一斉に鳴き出しました。 聞くと余計に暑くなります。

先週末は土曜日が出勤日だったので見事な3連休殺し ( ノД`)
日曜も月曜もネタになるようなお出掛けはしていませんので戯言で宜しければお付合いください。

日曜日は例のごとく病院&妻の実家を往復。 あっ!という間に1日が過ぎていったw

そして月曜日、今日はなんの休日? 海の日ですかぁ~? 未だピンとこない。
そもそも祝日の名前すらわからなくなるハッピーマンデーなんてやめてほしいな。前に戻そうよ。
な~んて文句ばかりの海の日ですがこの暑さでは出掛ける気にもなれず・・・
妻は11時という中途半端な時間から美容院。 こんな時間しか予約が取れなかったらしい。


  
ベランダを見るとようやく大きくなってきたしろくまゴーヤ、可愛らしい名前でしょ^^
苦味が少ないので生のままスライスして食べます。世話をするいきもの係はもちろん僕ですw 
20170717_0001.jpg

妻が美容院へいっている間に朝食用のパンを焼きました。
最近は食パンよりもチギリパンのほうが好評で連続して作っています。
プリッツみたいな味がして美味しい♪ ・・・プ、プリッツ?誉め言葉でいいのかな?^^
20170717_0002.jpg



少しだけ暑さが和らいだ夕方、お散歩に出掛けました。
いつもの池まで行ってみたけど野鳥の姿なし。羽があれば避暑地まで一っ飛びですよね。

針名神社では茅の輪が設置されていました。 そっか、天王祭なんだ。
20170717_0003.jpg

神社の駐車場には屋台が出ているようです。 浴衣姿がなんとも可愛らしい。
20170717_0004.jpg

お祭りには欠かせないチョコバナナ。 僕は一度も食べたことがありません。
20170717_0005.jpg
楽しそうな子供達を見ていると遠い過去にとても大切な何かを忘れてきてしまったような・・・
上手くは言えませんがそんな感情が心をよぎります。



夜はパソコンいじり。
昨年末、必要にかられて急遽購入したノートPC。 妻のマッシーンです。
起動時の待ち時間が嫌で妻の了承もなく勝手にHDDをSSDに交換しました。
もっと早く交換する予定でしたがSSD高騰のため、しばらく値段が下がるのを
待ってましたが安くなりそうな気配がないので痺れを切らしてネットで購入。
20170717_0006.jpg

OSとドライバだけをクリーンインストールするのが気分的には一番いいのですが
今回は手っ取り早くフリーソフトを使ってクローン化です。  なんて楽チン^^
20170717_0007.jpg

裏面のビスを全部外して爪が折れないようにカバーを開けるとようやく目的の部位に到達。
以前のノートはHDD交換もメモリ増設も簡単にできたのにね。 ほんとに面倒です。
20170717_0009.jpg

HDDとSSDを交換します。
摘出した1TのHDDは光学ドライブを取っ払ってそこの部分に内蔵しようと考えています。 
20170717_0010.jpg

カバーを取り付ける前にテスト。 爆速!やっぱりSSDは快適ですね♪ 
20170717_0011.jpg



たわ言にお付き合いいただきありがとうございました(笑)
内容はともかく今週も更新することができて一安心です。 お粗末さまでした~!


Edit
2017.07
14
Category : 北信エリア
野沢温泉、2日目は午前6時より始まる朝市から。

もちろん早起きしちゃいましたよ。 開催場所の大湯通りは宿のまん前です^^
20170709_2001.jpg

野沢菜漬けや根曲がり竹などなど地元名産品がならびます。
前日にも野沢菜漬けを製造販売しているお店で購入していましたが朝市で売ってた
野沢菜のたまり漬けと地ビール漬けを追加購入してしまいました。 野沢菜漬け大好き!
20170709_2002.jpg

おおっ、念願の温泉卵
20170709_2003.jpg

おばちゃんが容器に割ってくれました。 箸で切ると綺麗な黄身、濃厚な味が堪らない♪
20170709_2004.jpg


宿に戻って朝食です。
理想的な朝食ですね。 おおっ、ここにも温泉卵が! 
20170709_2005.jpg
食後は大浴場でゆったり朝風呂~

いよいよ野沢温泉ともお別れです。
旅の計画時は渋温泉と迷いましたが野沢温泉にしてよかったよ。 楽しかった~ (*’U`*)
前日に道の駅などで集めた観光情報紙をチェックしていざ出陣です!




最初に訪れたのは あじさい寺 高源院
野沢温泉からは近くて千曲川をこえた戸狩温泉スキー場に隣接しています。 

遅咲きの紫陽花が見頃をむかえていました♪
20170709_2006.jpg

今季はバタバタしていて紫陽花をゆっくりと見る時間もなく終わっちゃったからなぁ~。
20170709_2007.jpg

自分がそう感じるくらいだから妻はもっと大変なんだろうなぁ。
20170709_2008.jpg

少しはリフレッシュできただろうか? 
20170709_2009.jpg



他にも花の見所があるようなので行ってみました。

次に訪れたのは蓮寺 稲泉寺
立て看板では7/15・16にハス花祭りが開催されるようですよ。
20170709_2010.jpg

見頃には少々早いようですね。
20170709_2011.jpg

綺麗な部分をクローズアップ。
20170709_2012.jpg

最盛期は見事なんだろうな。
20170709_2013.jpg

でもやっぱり咲き始めが好き^^
20170709_2014.jpg



今回の旅行で絶対に来たかった場所はここ 馬曲温泉 なのです。
20170709_2015.jpg

高所にある 望郷の湯 は天空の湯らしいのです。
20170709_2016.jpg

温泉三昧旅行〆となる温泉はいかに。 雰囲気ある建物に期待も膨らむ♪ ワクワク^^
20170709_2017.jpg

開放的な脱衣所。
安心してください!外からは見えませんから。 でも真横でおばちゃんが掃除してる~w
20170709_2018.jpg

最初の一歩!  熱湯、そう書かれると触ってみたくなる。でもやめとこ^^
おばちゃんがお湯の温度を測りにきたよ。42℃で少し熱めだって。 丁度いい湯加減だよ。
20170709_2019.jpg

ぬおぉ・・・なんちゅう眺望! そしてこの開放感。 まさしくこれぞ野天風呂。
20170709_2020.jpg

お湯に浸かりながら目線。 誰もいないのでやってみた。
あまり特徴のない泉質ですがお湯がピカピカでとても綺麗で気持ちいい。
20170709_2021.jpg

端っこで立ったよ目線。  空気が澄んでいたらもっともっと素敵だろうな。
20170709_2022.jpg

入浴後は木島平産生乳100%のソフトクリーム。 濃厚でとっても美味しいソフトでした。
20170709_2023.jpg



そろそろお昼の時間です。
事前に美味しそうなお蕎麦屋さんを幾つかピックアップしていまして今回は是非とも
オヤマボクチをつなぎにつかった富倉蕎麦を食べようと心に決めていました。
が、訪れたのは富倉蕎麦ではない馬曲温泉近くの健生庵 山愚(さんぐ)さん。
いや~色々調べているうちに馬曲温泉近くに激ウマ蕎麦屋があると知ってしまって^^
20170709_2024.jpg

キレイな店内です。 11時過ぎたばかりなのでお客さんはほとんどいませんでした。
20170709_2025.jpg

特製の蕎麦豆腐なんていうのがあったのでたのんでみました。
もっちりまったりしていてとても美味しい♪
20170709_2026.jpg

先に妻の更科蕎麦がきました。 ん~見た目から美しい。
20170709_2027.jpg

感動の透明感です。
なるほど、蕎麦通をうならせるだけあって、自分達もその気になってうにゃってみました。
20170709_2028.jpg
(」・ω・)」うー!  (/・ω・)/にゃー!

自分は十割蕎麦。
最初は蕎麦だけを召し上がってとのこと。 おぉ~蕎麦の香りと甘みがたまらない♪ 
20170709_2029.jpg

昨日の蕎麦には申し訳ないけど久しぶりにウマい蕎麦をいただきました。
20170709_2030.jpg

定番の天麩羅。
生の根曲がり竹は何度も目にしましたがようやく食べることができました。
20170709_2031.jpg
そうそう、こちらのお水がとても美味しくて♪ 自慢の井戸水らしいですよ。
美味しいお蕎麦を作るのに無くてはならないお水なんでしょうね。

富倉蕎麦はおあずけとなりましたが次回のお楽しみということで。




最後の観光地は豊田飯山ICへ向かう途中に寄った 高橋まゆみ人形館
農家のお年寄りを題材にした作品が多くその豊かな表情は温かくてコミカルで。
決してその様な環境で育ったわけではありませんが何処か懐かく心打たれました。
でも見れば見るほど切なくなって・・・・・・  何だろう?この不思議な感覚は。
20170709_2032.jpg
今の日本人が忘れかけた何かがこちらにはあるような気がします。
写真ではよく目にする有名な人形ですが是非実物を見てほしいです。




今回の野沢温泉旅行はお天気にも恵まれて楽しい旅となりました。

結局のところ温泉には幾つ入ったのだろうか?
大湯滝の湯真湯上寺湯宿の大浴場宿の貸切①宿の貸切②旅館さかや望郷の湯
の9ヵ所でした。 思ったより少ないですね。 もうくてくて^^
でも複数回入った温泉もあるのでパンツを脱いだ回数は2桁台ですよ~^^

いい湯だったなぁ~♪♪♪



Edit
2017.07
13
Category : 北信エリア
前回①からの続きです。
今回はいつもに増して写真が多くなってしまったので表示に時間がかかるかもしれません。
あっ、それと10枚目の写真で可愛いヘビちゃんが登場するので苦手な方は注意してくださいね^^

野沢温泉に到着しました。
賑わいはありません。 まぁ昼間の温泉地はこんなもんでしょうね、きっと。 
20170708_1001.jpg

お世話になる宿は湯宿 寿命延(じょんのび)さん。
20170708_1002.jpg

正面には野沢温泉のシンボル的な外湯 大湯(おおゆ) もあり立地は最高。 
20170708_1003.jpg

右を向けば足湯(あくと)もwww
20170708_1004.jpg

チェックインして部屋に荷物を置いたら早速外湯巡りとまいりましょう。
野沢温泉には30余りの源泉があり外湯と呼ばれる無料の共同浴場が13ヵ所あります。
クソ暑い今の時期、全部巡ることは到底無理ですが何ヵ所入れるか楽しみながら挑戦です。
sotoyu-map2.gif

宿で集印帳を購入。 外湯だけではなくお寺などの名所にもポイントがあるようです。
10ヵ所以上の印を集めると岡本太郎デザインのかっこいいタオルが貰えるので頑張らねば。
20170708_1005.jpg

まずは宿からすぐのお寺と神社から。
いきなりの上り坂でしたが4ヶ所のポイントがまとまってあるので外せません。
20170708_1006.jpg

これがポイントです。
20170708_1007.jpg

カーボン紙で転写する要領でゴシゴシとこすります。
20170708_1008.jpg

なんと! 目の前にニョロちゃんが。 2つ上の写真にも写っていますよ。
凄い至近距離ですがゴシゴシ中もず~と見守ってくれてました。 可愛いのぉ~^^ 
20170708_1009.jpg


温泉地らしい景色があらわれましたよ。
20170708_1010.jpg

野沢温泉一番の見所 麻釜(おがま) です。
20170708_1011.jpg

90度に近い熱湯を湧出しているため茹で物をする地元の方しか近づけません。
ましてや「 押すなよ! 絶対に押すなよ! 」なんていう逆フリはもってのほかです。
20170708_1012.jpg

麻釜(おがま)とは・・・
20170708_1013.jpg

あっ、温泉卵だ! 食べたいなぁ~   冬なら蒸気モクモクなのでしょうね。
20170708_1014.jpg


野沢温泉、初めてのお湯は一番端っこで一番高い場所にある外湯 滝の湯(たきのゆ)
20170708_1015.jpg

扉を開けるといきなり現れる脱衣所と湯船。
少々緑がかったお湯ですね。 恐る恐る掛け湯をすると・・・噂通り強烈な熱さ。
貸切状態だったので水を足して蛇口にへばり付くようにして入ることができました。
薄い硫黄臭のお湯は浸かったはなから泉質の良さがわかります。 いい湯だなぁ♪ 
20170708_1016.jpg
外に出ると風が心地よく感じます。 入浴前はあれ程暑かったのにね。

外湯二つ目は 麻釜の湯(あさがまのゆ) っといきたい所ですが女湯が激混みでパス。
20170708_1017.jpg

男湯は誰もいなかったので撮影だけしてきました。 狭いので1グループ入ると満員です。
20170708_1018.jpg


ここは絶対に入りたかった 真湯(しんゆ)
20170708_1019.jpg

別名「五色の湯」とも言われ季節や気候によって色を変えるらしいですよ。
この時は白濁色でした。 肌のスベスベ感が半端なくメルモちゃん並に若返りそうです。
20170708_1020.jpg

真湯の印です。 集印帳はこんな感じになります。
20170708_1021.jpg

岡本太郎氏デザインの「湯」 かっこいい♪
20170708_1022.jpg


三つ目の外湯は 上寺湯(かみてらゆ)
20170708_1023.jpg

透明なお湯です。 団体さんが入った後だったのでお湯も適温でした。
不思議なことに熱いお湯に浸かっていたせいか適温では物足りなく感じてしまう^^
20170708_1024.jpg


再利用感あふれる可愛いオブジェが温泉通りを和ませます。
20170708_1025.jpg


洗濯場? なんだろう?
20170708_1026.jpg

名前の通り洗濯や野菜を洗う場所らしい。 書いてなければ外湯と間違えそうですね。
20170708_1027.jpg


次に訪れた外湯は 熊の手洗湯 (くまのてあらゆ)
外湯の中では比較的ぬるいお湯で浴槽が「ぬる湯」と「あつ湯」に別れているらしい。
熊が傷を癒した伝説もある薬用効果に優れたお湯は人気のようで激混み。二回目のパス
20170708_1028.jpg

信州北端とはいえ日中の温泉巡りは体力を使うかもw
宿で一休みしましょう。 お土産屋さんをのぞきながら宿に戻ります。
20170708_1029.jpg

温泉地といえば 温泉まんじゅ~♪ フキヤさんの
20170708_1030.jpg

お店毎に味も違う 温泉まんじゅ~♪ 桝田屋さんの
20170708_1031.jpg


宿に到着。
部屋のある3階通路からの景色です。 正面には外湯の大湯
20170708_1032.jpg

予約した宿泊プランには宿のバーにて特製カクテル1杯サービス付きだったので
早速いただきに。  「カクテルじゃなくても好きなドリンクを選んでね。」 な~んて
マスターが優しく言うもんですから妻はすかさず 水尾の大吟醸!!!
20170708_1033.jpg

升にいっぱい溢れてるよ~  お口にあったようで妻ご満悦。
20170708_1034.jpg

マスター、トマトジュースない? あるよっ!  (実際はやさしい口調です。)
20170708_1035.jpg
プヘッ、信州のトマトジュース最高!

部屋でしばらく休んだ後は宿に2つある貸切風呂のうち露天の方へ。
狭いけど家族で入るには十分な広さ。 こんなお風呂が自宅にもあるといいなぁw
20170708_1036.jpg
その後、正面の外湯大湯にも入ってきましたが一番人気とあって引っ切り無しに
出入りがあるので中の写真は撮れませんでした。 

そして夕食。 豪華とまではいきませんがご馳走です。 美味しくいただきました。
20170708_1037.jpg

お品書きには野沢菜漬けとあったのですが出てきた漬物はキュウリと大根。
手違いでしたと持ってきてくれましたが食事済んでたので部屋に持ち帰り夜食になりました。 
20170708_1038.jpg

夜の温泉街を浴衣で徘徊。
イメージは射撃にスマートボールにお土産屋・・・なんかちょっと違うけどまぁいいか。
20170708_1039.jpg

姉妹館の旅館さかやさんのお風呂にも入れるということで行ってみました。
うわっ、メチャ綺麗なお宿ですね~。 中庭には池があって錦鯉が優雅の泳いでいました。
20170708_1040.jpg

おおっ、素敵なお風呂♪ 露天風呂も大きくて最高でした。 しかも貸切状態。
20170708_1041.jpg
こちらの旅館のフロントの方から近くの川で蛍が乱舞しているので見に行かれては?と
教えていただきその上地図までご用意いただきありがとうございました。
数年ぶりに沢山の蛍の光を見ることができ感動の一時を過ごすことができました。


10ヵ所以上の集印でもらえる野沢温泉タオルをGET!
20170708_1042.jpg
宿に戻って布団に寝転んだらもう最後、1・2・3で爆睡です。


2日目に続きます。


Edit
2017.07
11
Category : 北信エリア
週末は久しぶりのお泊り旅行~♪  そして久しぶりのお出掛け記事♪

テーマは浴衣で温泉街を歩いてみたい! たくさんのを堪能したい!
そんなことから今回のお出掛け先は長野県の北端 野沢温泉 に決定しました。

7月8日、中央道(伊北IC~岡谷JCT間)工事による渋滞を考慮して午前5時に自宅を出発。
その甲斐あってかとくに混むこともなく順調な滑り出しです^^



最初の立ち寄り先は昼食も兼ねて小布施。 以前食した胡桃だれのお蕎麦をもう一度味わいたくて。

AM10:30 小布施に到着。
そのころには気温も上がり陽射しがキツイくなっていた。 そんな時 視線の先に気になる旗が!
20170708_0000.jpg

・・・・・天然氷    ピヨピヨの意味は?
20170708_0001.jpg

吸いこまれるように店内へ。 そこには気品あふれる空間が広がっていました。
20170708_0002.jpg

小布施と言えば栗でしょ!ってことで栗あんソースのかき氷をチョイス。
季節はずれの栗ではありますがこの氷マジうまい♪ 値段も普通でしたよ~ 
20170708_0003.jpg


桝一市村酒造場に寄ってみました。
20170708_0004.jpg

お酒の名前も桝一だけにスクウェア・ワン
20170708_0005.jpg

夜のおやつにと妻がこっそり購入していた高級スイーツ(お酒付き)。
20170708_0006.jpg


北斎館も見たかったのですが入場料800円を払うほどの興味はなくてスルーw
20170708_0007.jpg

小布施のシンボルツリー、メタセコイアの巨木も青々と。
20170708_0008.jpg

栗の季節には大賑わいの小布施ですが今は見所も少なく人も少なく寂しい感じ。
20170708_0009.jpg

巨大なカブトムシのオブジェ。 カッコイイけど何故カブトムシなんだろう?
20170708_0010.jpg

昼食は手打ちそば富蔵家さんにて。
20170708_0011.jpg

自分は食べたかった胡桃だれの蕎麦
左の胡桃ペーストをつけ汁でとかしていただきます。 甘めで香ばしくミルキーな感じで美味しい♪ 
20170708_0012.jpg


妻は変わり蕎麦を注文。 なんでもレモンが練り込んであるそうな。
ああ確かにレモンの風味がします。 サッパリと清涼感があって暑い夏にはピッタリですね。
20170708_0013.jpg

定番の天麩羅。
20170708_0014.jpg
お腹も満たされたし野沢温泉へむかいましょう。  ここからは一般道路です。


飯山市で寄った道の駅 花の駅 千曲川。 広い大地に延びる道。
20170708_0015.jpg

長野県北部のソウルフード根曲がり竹とサバ缶の味噌汁の具材が並んで売っていた。
20170708_0016.jpg

蕎麦の種類が豊富ですね。 憧れのオヤマボクチ蕎麦にも乾麺があるのには驚きました。 
富倉地区にも近いのでオヤマボクチをつなぎに使った幻の蕎麦と言われる富倉蕎麦をいただけるお店も多い。
20170708_0017.jpg


次回は野沢温泉で外湯巡りですよ~

 

Edit
2017.07
05
Category : その他
お出掛けすることもなく相変わらずの週末を過ごしていました。
土曜日は妻出勤日だし日曜日はお昼から病院に行かなくちゃならないし~
早いもので義母が入院した5月3日からまるっと2ヵ月、バタバタで時間の経つ感覚がありません。

そんな自分1人の土曜日は朝からお掃除大会です。 部屋の掃除を済ませた後はお風呂場を念入りに。
ジメジメ季節はカビがとても気になりますからね。 重曹水+カビキラーでカビより自分がやられそうでした^^

1日中雨かと思ったら午後からは日差しもでてきて降りそうな気配はまったくなし。
ならば梅雨の風物詩?紫陽花と大好きなあまがえるちゃんコラボを撮りにゆこうと家を出ました。
いつも着けっ放しの望遠レンズを外して標準ズームレンズをセット。たまには使ってあげないとねw
(標準域はコンデジで満足しちゃっているのでなかなか出番のないレンズなんです。)

暑さのせいか紫陽花畑で見つけたあまがえるちゃんはこの子だけ。(右下)
しかも花から遠い葉っぱの上、そのカエルまでも距離がある。 あぁ~望遠持ってこればよかったな。
20170701_0001.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

紫陽花ではありませんが家政婦は見た!風なあまがえるちゃんを発見!
限界まで寄りまくっての接写です。  手持ち撮影でしたが深度合成を使って撮ってみました。
20170701_0002.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO



説明せねばなるまい!(タイムボカンシリーズ調www)
深度合成とは自動的にピントをずらしながら撮影した複数の写真を合成することにより絞らなくても
被写界深度が深くなったような写真を撮ることができる便利な機能なのです。

まずは普通に写したイトトンボさん。 尻尾がボケていますね~。
20170701_0003.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

これが深度合成した写真です。 背景のボケはそのままで尻尾まで綺麗に写っているでしょ^^
このカメラの深度合成では8枚の写真を合成するのでカメラをしっかりと固定する必要があります。
でも三脚を使わずに手持ちでこれだけ撮れたことには感心しました。 使えるぞ深度合成
20170701_0004.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

トンボよりこっちの花のほうがわかり易いかも。 この花はアジサイの一種だろうか?
20170701_0005.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ミツバチさんお邪魔しま~すw  
ツボミの部分を接写しました。 深度合成なしだとこんな感じ。
20170701_0006.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

で、これが深度合成したものです。
背景のボケはそのままでツボミ全体がくっきり写っています。 花の雄しべ雌しべも浮き出て面白い^^
20170701_0007.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

どれだけ頑張ってホールドしても被写体が動けばこの世の物とは思えない生物を生み出してしまいます(笑)
20170701_0008.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

週末は久しぶりに一泊でお出掛けする予定です。
この日ばかりは先のことや余計なことを考えずリラックスできたらいいなぁ~