FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

ぴしくるの日記

日々の暮らしの中で『季節感不足』を解消するため週末には『旬』を求めてお出掛けするのが楽しみです。

プロフィール

ぴしくる

Author:ぴしくる
---------------
名古屋在住、夫婦共働きの二人暮らし。
週末には旬の食材、美味しい蕎麦、
温泉を求めて(たまに魚釣りも。)
小旅行を楽しんでいます。

☆当ブログはリンクフリーです。

最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
出会った野鳥さん
Blog Ranking
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
Edit
2018.07
20
Category : 中信エリア
7月15日(日曜日)
連休はこの暑さから逃れたくて1泊で乗鞍岳へ行ってきました。

相変わらずの思い付きなので前日に宿さがしwww
運のいい事にお気に入りの宿、仙山乗鞍さんが1部屋だけ空いていました♪

午前4時に自宅を出発。 早朝でもこの暑さはほんとに異常。

午前8時に乗鞍高原観光センター到着。 車をおりるとやっぱ高原は涼しいね♪
乗鞍山頂畳平行きバス乗り場は次発9時だというのにもう列ができている。トイレを済ませて並ぼう。
20180715_0001.jpg

バスに揺られて50分、そこは森林限界をこえて雪の残る別世界。 車窓からパチリ
20180715_0002.jpg

夏スキーをされる方も大勢。 リフトがないので板をかついで大変そう。 こちらも車窓より。
20180715_0003.jpg

山頂の畳平に到着。 長袖で丁度いいほど涼しくて~ まさにここは天国♪
20180715_0004.jpg

当初の心の旅のしおりでは
“初日は乗鞍岳最高峰の剣ヶ峰に登る!そして2日目は乗鞍高原で滝巡り!” だったのですが~ 
20180715_0005.jpg

こんな貼り紙を見てしまったからプランは大幅に変更となる(笑)
20180715_0007.jpg

剣ヶ峰に登っているばやいじゃないよ~
大黒岳だよ!魔王岳だよ! 大黒岳登山口にむかって美しい鶴ヶ池沿いを鼻息荒く進みます。
20180715_0006.jpg

大黒岳は山頂までの距離がとても短いのですが登り始めるとすぐに息があがってしまうw 運動不足を痛感^^
20180715_0008.jpg

鮮やかなピンク色のコマクサなど高山植物が咲き乱れていました。
20180715_0009.jpg

20180715_0010.jpg

イワヒバリさんの姿をよく目にしました。
この姿のどこがヒバリ?っと思いましたが空中で囀る姿はまさにヒバリでしたよ。
20180715_0011.jpg

山頂に着いたけど雷鳥さんの気配はまったくなし、そんな簡単には会えませんよね。
20180715_0012.jpg
ちなみに当初登る予定だった剣ヶ峰は左奥の一番遠いとんがった山です。

早めの昼食。 コンビニおむすびでも素敵な景色をおかずにすればとても贅沢なランチタイムです。
20180715_0013.jpg

眼下の遥か先にはさんの姿も。
20180715_0014.jpg

食事の後は雷鳥さがしです。 まずは本当にいるのか生声の目撃情報収集。
ヒナ連れは無理でもまだ出会ったことのない憧れの雷鳥さんに是非会いたい。
まずは近くにみえたCMさんにうかがうと少し先の登山道で砂浴びをしているとのこと。
早速行ってみると・・・ うわっ、ほんとにいた♪ あまりにも簡単に会えてしまって拍子抜け^^
20180715_0015.jpg

若い♂の雷鳥です。
驚いたのは人が通る道の真ん中で動じることなく砂浴びをする姿には警戒心の欠片もなかったこと。
20180715_0016.jpg

うぉりゃあぁ~!!!
20180715_0017.jpg

場所を変えて魔王岳にも登ってみましたが雷鳥の姿はみえず。
20180715_0018.jpg

最後に再び大黒岳に登り♂の砂浴びポイントに行ってみると~
つい10分前に♀の雷鳥2羽のヒナを連れて足元を通過したとのこと(泣)
再び姿をみせてくれることを期待して1時間ほど待ってみましたが出てきてくれたのは♂の雷鳥だけでした。
20180715_0019.jpg
午後4時5分、いよいよ帰りのバスの出発時刻となりました。 ん~心残り。
これはもう明日は滝巡りしている場合じゃぁ~ありません。 こんなチャンスは滅多にありませんから。



このところ忙しくてなかなか記事更新できませんが、次回はヒナちゃん登場です^^


Comment

非公開コメント

No title

めったに見れない雷鳥の有難い看板
これ見て素通りできる訳ないですよね(笑

雷鳥若はじっくり撮影出来てラッキーですね
♂の雷鳥もアイシャドーがカラフルでいいです♪

こんな登山道行ってきたんですかでも
きっと私でも雷鳥親子なら行ったかも?

暑い中お疲れ様でした^^

Catさんへ

こんにちわ~

雷鳥のいた山はとても低いので簡単に登ることができます。
年配の方も望遠レンズと三脚をかついで登っていましたよ^^
「もう限界~」とは言ってみえましたが(笑)

こんな時こそ三脚要らずの軽い?オリンパス機でよかったなぁ~♪
っと思ってしまいます。