RSS
Admin
Archives

ぴしくるの日記

日々の暮らしの中で『季節感不足』を解消するため週末には『旬』を求めてお出掛けするのが楽しみです。

プロフィール

ぴしくる

Author:ぴしくる
---------------
名古屋在住、夫婦共働きの二人暮らし。
週末には旬の食材、美味しい蕎麦、
温泉を求めて(たまに魚釣りも。)
小旅行を楽しんでいます。

☆当ブログはリンクフリーです。

最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
出会った野鳥さん
Blog Ranking

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 東海情報へ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
Edit
2015.07
30
Category : 中信エリア
前回【熊出没編】からの続きで~す。

ここから頂上剣ヶ峰までは50分、往復+休憩で2時間かぁ~。
登るとなると時間的に滝見物ができなくなってしまうんですよね~。
でもでも・・・せっかく来たし天気の崩れもなさそうだから一丁登ってみますか
20150725_1001.jpg

岩や石がゴロゴロとした登山道。 やっぱり登山靴が欲しいなぁw  
20150725_1002.jpg

けっこう登ってきましたよ。 登山口の「肩の小屋」があんなに小さい。
登山道が狭いためすれ違いの渋滞でなかなか前に進めない。
砂利の道はとても滑りやすく派手にコケる人を何人か目撃しました。
20150725_1003.jpg

「乗鞍コロナ観測所」を見下ろす高さまで来たんだね。
20150725_1004.jpg

穂高連峰も綺麗な姿を見せてくれました。
20150725_1005.jpg

まもなく蚕玉岳(こだまだけ)山頂です。 年配者の多さにビックリ。
20150725_1006.jpg

蚕玉岳から見る剣ヶ峰。 テッペンはすぐそこ!
20150725_1007.jpg

右には火山湖の「権現池」を見ることができます。
20150725_1008.jpg

剣ヶ峰山頂に鳥居と乗鞍神社が見えます。
頂上付近は風が強いと聞いていましたが、うぉ~飛ばされそうです。
20150725_1009.jpg

ワッセワッセ 剣ヶ峰テッペンにやって来ましたよ~。
20150725_1010.jpg

剣ヶ峰、標高3,026m  登頂成功!な~んてほどのことでもない。
20150725_1011.jpg

乗鞍神社で参拝。 朱印入りの登頂記念手ぬぐいを買いました。
宮司さんもちゃんと常駐されています。 毎日登ってこられるのでしょうね。
20150725_1012.jpg

山頂から登山道を見下ろします。 ブルーシートは山頂小屋。
20150725_1013.jpg

“ヤッホ~” なんて叫んでいる人は・・・誰一人いないw
20150725_1014.jpg

とてもキレイな青空♪ 浮かぶ雲が目線と同じです。
20150725_1015.jpg
登ったからには下りなきゃね。 下りはいつも膝が痛くなるからイヤなんです。
滑りやすい下りでは念のためカメラをバッグにしまって両手のあく状態に。
なので下山途中の写真はありませんw

「不消ヶ池」まで戻ってきました。 
この頃には雲で青空が見えなくなっていました。 貴重な青空だったようです。
20150725_1016.jpg

まもなくお花畑です。
行きには通行止めだった道が通れるようになっていました。 気になるクマさんは?
20150725_1017.jpg


またまた次回に続きます。 
お花畑には行けたかな?・・・お楽しみにw
Edit
2015.07
28
Category : 中信エリア
連日暑い日が続いています。
そんな週末のお出掛けはとにかく涼しい場所がいいですよね。

日帰りで~涼しくて~爽やか散歩ができて~そんな夢のような場所ねぇ・・・
ん~、思い浮かんだ避暑地候補は「千畳敷カール」と「乗鞍岳畳平」の2箇所でした。
「千畳敷カール」は駐車料金+ロープウエイ代+路線バス代で4400円/人。
その点「乗鞍岳畳平」は路線バス代の2500円/人ですむ。 悩むことなく決定! 

7/25土曜日、早朝3:30に自宅を出発。 こんな早朝でも名古屋はとても蒸し暑い。
交通費節約のため高速道路はなるべく使わないで一般道路を走ります。
片道200㎞、約4時間のドライブです。

予定通り午前7:30、乗鞍観光センターに到着。
やっぱり涼しいねぇ~。正確な気温はわからないけど20℃前後だと思います。
20150725_0001.jpg

今回のスペシャルプランは
高原バスで「畳平」⇒「畳平」ではお花畑で高山植物&爽やか散歩を楽しむ⇒
高原バスで「乗鞍高原」に戻る⇒昼食は信州蕎麦を堪能⇒「三本滝」を見物⇒
「番所滝」を見物⇒日帰り温泉でまったりと・・・・・ザッとこんな感じ
20150725_0002.jpg

AM8:00、高原バスは定刻通り山頂「畳平」にむけて出発進行!
バス車内からガラス越しの乗鞍岳。 雪がなんとも涼しげです。
20150725_0003.jpg

途中の「大雪渓・肩の小屋口」バス停。 夏スキーヤーの皆さんはここで降車します。
リフトは無いようですね。 スキー板をかついで上まで歩くのかな?大変だなぁ~。
20150725_0004.jpg

バスに揺られて50分、山頂「畳平」に到着で~す。
気温は13℃、なんて涼しいんだぁ~♪ 天国天国♪
少し休憩、高所に体を慣らしたあとはお花畑を散策しましょう。 青空が気持ちいい。
20150725_0005.jpg

はぁ~? クマ出没中で通行止め?
熊のお帰り待ちでお花畑には行けないみたいです。 クマさん本当にいるの?
20150725_0006.jpg

この中にクマさんがいます。 さて何処でしょうw
20150725_0007.jpg
散策路に1人逃げ遅れた人が~

上部写真の中央あたりです。 まだわからないですよね。
20150725_0008.jpg

ここからは望遠レンズの出番。 ほらっ、クマさんいたいた♪
20150725_0009.jpg

大人のツキノワグマです。 クマさんに出会えてラッキー
なんて浮かれている場合じゃないですよね。 近くにいる可能性だって・・・ゾッ~ 
20150725_0010.jpg

クマさんが早くお帰りいただくことを願いつつ登山口方面に歩きましょう。
お花畑ルートは通れないので鶴ヶ池ルートを通ります。  コブ茶コブ茶
20150725_0011.jpg

山頂付近も晴れていてよかった。
青空の「畳平」の景色はいつ見ても感動です。 日本じゃないみたい。
20150725_0012.jpg

引続き登山口方面に歩きます。 前方に見える白い球体は「乗鞍コロナ観測所」です。
20150725_0013.jpg

「不消ヶ池」と万年雪。 今日は水の色がめちゃめちゃキレイ!
20150725_0014.jpg

水の底に雪があるなんて不思議な感じです。
20150725_0015.jpg

振向いて・・・ スタート地点のバスターミナル方面です。
20150725_0016.jpg

パラグライダーの様な形の雲が近づいてきました。 雲に手がとどきそう。
20150725_0017.jpg

あのトンガリが登山者の目指す乗鞍岳頂上「剣ヶ峰」です。
20150725_0018.jpg

高山植物もたくさん咲いています。 お花は戻りにゆっくり楽しむつもり。
20150725_0019.jpg
ちなみに僕は花の名前などぜんぜん知りません(笑)

雪の斜面「大雪渓」で皆さんスキーを楽しんでいます。
20150725_0020.jpg

「肩の小屋口」と奥の赤い建物は「東京大学宇宙線乗鞍観測所」です。
20150725_0021.jpg

「肩の小屋」に入ってみましょう。
カラフルな登山ウェアに登山靴、大きなリュックと杖を持った人が大半ですね。
20150725_0022.jpg
入口にいるのは妻、普通の格好だとかえって目立つ?

朝食が超朝食だったのでお腹ペコペコ。 「うどん」でも「カレー」でもなく何故か
「おでん」と「ぜんざい」を捕食。 体も温まるし割と美味しい。
20150725_0023.jpg

小屋を抜けると登山口。 ココではこんなに穏やかなのに頂上付近は風が強いらしい。
20150725_0024.jpg

さて、これからどうしよう。
クマさんがいないことを願ってお花畑に戻るか、それとも行けるところまで登ってみるか。
20150725_0025.jpg


次回に続きます。
Edit
2015.07
22
7月20日「海の日」は厳しい暑さとなりましたね。 そして梅雨明けです。

そんな酷暑のお昼から劇団四季の『マンマ・ミーヤ』を見に行ってきましたよ。
随分前から冷蔵庫の扉に磁石で貼られた公演のチケット。やっとこの日が来ました。
20150720_0001.jpg
場所は地下鉄伏見駅から徒歩数分のところにある「新名古屋ミュージカル劇場」。

そして気になる座席は・・・おっ!ほぼ中央の前から3列目です。ヽ(^o^)丿ヤリ~
(なぜかA列とB列がなくC列が最前列だったのです。)
20150720_0002.jpg

ロビーには写真撮影用?のかわいらしいセット。
『マンマ・ミーヤ』は「ABBA(アバ)」の曲で構成されたミュージカルです。
「ABBA(アバ)」が流行ったのって自分が小・中学生の頃だったかなぁ~。
ダンシング・クイーンを始め、どの曲も聞き覚えがあり懐かしい気持ちになりました。
20150720_0003.jpg

出演者の皆さん。 そして主役のドナ役は井上智恵さんです。
井上さん、前回見た『サウンド・オブ・ミュージック』でも主役のマリア役でしたよね。
タイプの全然違う役柄を演じきるのは流石です。とても同一人物とは思えませんでした。
20150720_0004.jpg
ノリノリの曲とダンスでテンションも上がります。 自然と体がリズムをとっていました。
笑いの中にも感動で泣きそうになったり、とても楽しい一時を過ごすことができました。

そして終演、余韻に浸りながら会場を後にします。


興奮して喉が渇きました。 会場から出てすぐのカフェに寄りましょう。
どんなに外が暑くてもホットカフェラテを注文してしまう自分。好きな物は好きなんです!
妻はアイスコーヒーとアイスクリームがのったブリュレを食べていました。 涼しげ~w 
20150720_0005.jpg


夕食はJRセントラルタワーズ内のお店を予約しました。 名古屋駅まで歩きます。

ほどなく名古屋駅。 このウネウネの建物は「モード学園スパイラルタワーズ」。
建物の写真に意味はありません。 真下から見たら写したくなっただけなんです。
20150720_0006.jpg
ちなみにこの建物の地下に3Dラテアートのお店があります。『その記事はコチラ』

夕食までは名古屋駅周辺をあてもなくブラブラと。 バル形式のお店が増えたね。


そろそろ時間となりました。
訪れたのは『えん 名古屋JRセントラルタワーズ店』さん、創作和食居酒屋です。 
20150720_0007.jpg

和風でいい感じの店内。 照明も落ち着いた雰囲気です。
20150720_0008.jpg

まずは「刺身の盛合せ」と3種類の味噌で食べる「野菜のかぶりつき」を注文。
20150720_0009.jpg
その後も色々な創作料理をいただきました。 美味しかったで~す。


とても優雅で贅沢な一日でした。 車に乗らない休日もたまにはいいですね
Edit
2015.07
14
土曜日(7/11)は見事に晴れ渡った東海地方。 でも梅雨明けはまだ先のようです。
それにしても台風の発生多すぎますよね。 進路がとても気になります。
しかもその影響でこの酷暑、まったく迷惑な台風です。

本題ですw
梅雨の現在、こんな土曜日の休日を無駄に過ごすと勿体無いお化けが出そうです。
日曜日も引き続き晴れそうなので掃除洗濯は翌日にまわしてとにかく出掛けましょう。
母を誘うとこの日は体調がいいようで“行きたい”っと直ぐにメールが返ってきました。
三人で行く 『開田高原で滝めぐり&温泉&蕎麦ツアー!』 始まりで~す。

いつものように道の駅に寄りながら開田高原へ向かいます。
道の駅には美味しそうなトマトやキュウリ、ナスに・・・いっぱい買っちゃいましたw

そして今回は開田高原の滝を二つ巡ります。 最初の目的地は「唐沢の滝」。

木曽福島でR19からR361に分岐後、しばらく走ると『二本木の湯』の看板があります。
そこを左折して地蔵峠方面へ。 『二本木の湯』を通過して更に進むと駐車場があります。
駐車場には散策路の案内看板。 一周10分ほどの滝散策コースを歩いてみましょう。
20150711_0001.jpg

「唐沢の滝」の説明はこちら。 右に少しだけ見えるのが滝です。
20150711_0002.jpg

滝までは少々歩きにくい上り坂だけと木漏れ日と清々しい空気が気持ちいい。
20150711_0003.jpg

これが「唐沢の滝」の全貌です。 段になって流れ落ちる滝は見応えがあります。
20150711_0004.jpg

左下には妻と母。 比較対象があると滝がいっそう大きく見えますね。
20150711_0005.jpg

近づくほどに涼しくなります~。 真下まで来ましたが滝壺はありません。
20150711_0006.jpg
散策コース一周を終えて時計をみると歩いた時間は看板どおりのほぼ10分でした。


「唐沢の滝」を堪能した後は温泉温泉♪ 先ほど通過した『二本木の湯』に立ち寄ります。
こちら、内湯ひとつだけ(もちろん男女別々)の小さな施設ですが泉質がとてもいいのです。
源泉12.9℃のちょっぴり濁った天然炭酸温泉で浸かった矢先から気泡が体中にまとわり
そのシュワシュワ度ったら自分的には最強クラスだと思います。 これは凄い!
20150711_0007.jpg
行かれる時には木曽の道の駅などにおいてある割引券GETをお忘れなく。


そして開田高原のもう一つのお楽しみといえばやっぱりお蕎麦ですよね。 
今日こそは『たけみ』さんで食べるぞ!っと車を走らせます。

途中にある九蔵峠展望台。 こんな青空の開田高原は久しぶりです。
20150711_0008.jpg

御嶽山もはっきりくっきり見えました。
20150711_0009.jpg

程なくして『たけみ』さんに到着。 「本日休業」の看板に倒れそうになる三人。
さてどうする。 別の好きな蕎麦屋さんへ行くには峠を戻らなければならないし
開田高原キャンプ場近くの二つ目の滝へはこのまま進む方角なのです。
そうだ、先に美味しい五平餅で空腹を紛らわしてから滝を見に行こうヽ(^o^)丿


てなわけでやって来たのは二つ目の滝の近くにある『岩魚や五平』さん。
何度も訪れているお気に入りのお店で本当は滝を見た後に寄ろうと思っていました。
20150711_0010.jpg

自家製のお漬物をつまみながら焼けるのを待ちます。・・・待ちます、待ちます。
20150711_0011.jpg

頭までカリカリに焼けた岩魚と胡麻ダレが香ばしい五平餅の完成です。
やっぱり美味しいね。 待った甲斐がありますよ。
20150711_0012.jpg
自分達の次のお客さんで営業終了になりました。 先に来てよかった♪


二つ目の滝は「尾の島の滝」です。
開田高原キャンプ場の近くで滝の入口には車数台が駐車可能なスペースがあります。
そこから「尾の島の滝」までは徒歩で300mだそうな。
20150711_0013.jpg

最初の100mは平坦で歩きやすい木陰の快適な道なのですが・・・
20150711_0014.jpg

中盤からの200mはきつめの下り階段と坂道が続くのでした。
無理は禁物、母のペースにあわせながらゆっくりと下りていきましょう。 帰りが不安。
20150711_0015.jpg

滝に近づくと周囲の温度が一気に変わります。 涼しい~♪ここは天国?
20150711_0016.jpg

ここの滝もなかなかいいではないですか~。 立派な滝です。
20150711_0017.jpg

ギリギリまで近づきたいのですが凄い水しぶき。 なんとか滝壺は確認できました。
20150711_0018.jpg

苔生した岩がとても綺麗ですね。 虹をさがしたのですが・・・残念。
20150711_0019b.jpg
戻りの上り200m、なんとか無事に生還できました


時刻はすでに午後2時を過ぎていた。
お蕎麦屋をまわってみましたが『ふもと屋』さんも『まつば』さんも終わってる~。

きれいな蕎麦の花畑を眺めながら蕎麦食べた~い!っと叫ぶのであった。
20150711_0021.jpg

おおっ、『一本木亭』さん、まだやっているよ。 なんとか蕎麦にありつけました。
20150711_0022.jpg

自分と母は「ざる蕎麦」を、チャレンジャーな妻は「蕎麦パスタ」を注文。
このお店、蕎麦は美味しいのですがつけ汁が自分の好みとちょっと違うんですよね。
20150711_0023.jpg


初夏の「水車小屋のある風景」。 最近は水車が回ってないのが寂しいです。 回してよ!
20150711_0024.jpg

鮮やかなピンク色のスイレンと水面に映った青い空が美しかった。
20150711_0025.jpg

水生植物園も青々としていました。
20150711_0026.jpg

バッタ君?キリギリス君? 二匹で仲良くのんびりと寛いでいました。
20150711_0027.jpg

薄いブルーとピンクの忘れな草がまるで天の川のように群生していましたよ。
20150711_0028A.jpg

尻尾みたいなこの花の名前は何でしょうか?
20150711_0029.jpg


暑い季節、滝の清涼感は堪りませんね。 滝までの道中が楽なら言うことないのに(笑)
泉質のいい温泉も堪りませんね。 帰りの運転がなければ言うことないのになぁ~(笑)

なんだか最近、知らず知らずのうちに滝にはまっているような・・・
Edit
2015.07
05
Category : 三河エリア
一昨年、去年に引続き今年も『随応院』の蓮の花を見に行ってきました。
去年の記事はこちら⇒【随応院の蓮の花-2014-】

例年 七夕の頃に『随応院(ずいおういん)』では蓮の花が見頃となります。
今年もそろそろかと伺ったのは日曜日(7/5) 小雨まじりの午前中です。

あれあれ? 咲いてないよ。 まだ早かったのかなぁ?
20150705_0001.jpg

いやいや、もう終わってる・・・ 散るの早すぎる!なんで~ ガッカリ 
20150705_0002.jpg

幾分ましな場所をさがしての撮影です。
20150705_0003.jpg

まだツボミも多くありましたので今年は咲き方にムラがあるようで。
20150705_0004.jpg

開いた綺麗な赤い花はありませんでした。
20150705_0005.jpg

開いている綺麗な花は唯一これぐらい。 寂しい・・・
20150705_0006.jpg


もうすぐ七夕ですね。 たくさんの願いを込めた短冊がゆらめきます。
おとちゃん(乙姫様)と太郎(浦島)は結ばれるのでしょうか(笑) CMの話しです・・・
20150705_0007.jpg


Edit
2015.07
01
Category : 飛騨エリア
日曜日(6/28)は梅雨の中休みとなりましたね。 貴重な晴れの休日です。

日頃のストレス解消と梅雨時期の運動不足解消には自然散策が一番!
それに加えて美味しい食べ物&温泉があったら最高ですよね。
そんなことから今回のお出掛け先は飛騨小坂の「巌立峡」にしました~

「滝めぐり」と「ひめしゃがの湯」を楽しむため自宅を朝6時に出発です。
名古屋では晴れていたのに飛騨に近づくほど雲行きが怪しくなり小雨もパラパラと。
程なくして飛騨小坂「がんだて公園」に到着。その頃には霧雨が舞うような微妙な感じ。
車を降りて空を見上げます。行ってみるか!飲料水と合羽をカバンに詰め込みました。

ここから「小坂滝めぐり」の始まりです。
滝めぐり入口で環境維持の協力金として1人200円ずつ支払います。
20150628_0001.jpg

厳立峡は御嶽山の噴火によって出来た柱状節理です。 右下に見えるのが滝見遊歩道。
20150628_0002.jpg

滝見遊歩道の出っ張り部(上の写真のアソコです。)に到着しました。
パワースポットって書いてあるよ。 パワー全然感じませんけど・・・
20150628_0003.jpg

出だしは綺麗な川沿いを歩きます。
なんて清々しいんだろう。 オジャマタクシも見つけたよ♪(メイちゃん語)
20150628_0004.jpg

自然の中に無機質な金属の遊歩道、なんだかワクワクしちゃいますwww
20150628_0005.jpg

よくこんな遊歩道をつくったね。 な~んて関心しながらの散策です。
20150628_0006.jpg

「たきみばし」を渡ります。 本日のマイナスイオンは10480個らしい(笑) 深呼吸~
20150628_0007.jpg

「たきみばし」から見た「三ッ滝」の景色に思わず「うわぁ~」っと声が出てしまった。
20150628_0008.jpg

階段を上ると「三ッ滝」の全貌を見ることができます。 エメラルド~
20150628_0009A.jpg

結構急な上りの階段。 下をみると・・・滝より随分高いのね。
20150628_0010.jpg

駐車場から1.5km歩いてきました。 目的の滝まではあと1.3kmです。
たまに降り出す小雨は気にするほどでもなく、むしろ涼しく快適でした。 熊でるの?
20150628_0011.jpg

美しい湿原の「どんびき平」です。 芸人さんの名前みたいですね。
20150628_0012.jpg
正式名称は「御嶽山麗 中崎台湿原」といいます。 

ゆるい上りの林道を鳥の囀りとヒグラシの鳴声に癒されながらの散策です。
なかなかいい味の橋でしょ。 でも結構高い所に架かっているんですよ。
20150628_0013.jpg
邪魔なオッサンが写りこんでる~。 ってオレオレ。

川の流れが途切れています。 どうやらこの先に滝があるようですね。
20150628_0014.jpg

更に先に進むと看板がありました。
目的の滝はこの下のようです。 わぉ、結構な下り階段。
20150628_0015.jpg

ヨイショ!と下りて来ましたよ。 清涼感たっぷりで素敵な場所ではないですか♪
正面の看板に左右の矢印が書いてある。 まずは右の「あかがねとよ」から。
20150628_0016.jpg

この滝が「あかがねとよ」 落差14mの斜め滝です。 滑るような流れですね。
「とよ」とは“屋根の雨樋のような”という意味。 3つ上の写真が滝への流れ込み部です。
20150628_0017.jpg

次は左へ。 この先にもう一つの滝があるのですね。
20150628_0018.jpg

大きな岩を迂回して「からたに滝」の滝壺にきました。
落差15mのこの滝は「あかがねとよ」と真逆でとても迫力のある滝でしたよ。 水しぶき~
20150628_0019.jpg
本来なら「あかがねとよ」「からたに滝」の入口にある看板までは車で容易に来る事が
できますが落石による林道工事の為、現在は全面通行止めになっています。
もちろん徒歩での通行もできないので来た道を戻らなければなりません。
帰り道は殆んど下りなのでそんなにきつくはないですが滑るので足元注意です。

往復5.6km、時間にして2時間40分のお散歩は心地よく終了です。 腹減った~


ここから3km程先にある手打ち蕎麦屋の看板があったので行ってみることに。

訪れたのは『平氏ヶ原』さん。 古民家を利用した店内はとてもいい雰囲気です。
「天麩羅盛合わせ」と「三色ぶっかけ蕎麦」をたのんでみました。
20150628_0020.jpg

先に「天麩羅盛合わせ」がきました。 うぁ~鮎の天麩羅だぁ~♪
正直、期待半分でしたがどれもサクサクでとても美味しい。 天麩羅、大当たり!
20150628_0021.jpg

「三色ぶっかけ蕎麦」もきましたよ。 うん、とても美味しいです。 蕎麦も大当たり!
蕎麦は2種類あって手前の白い蕎麦にはワラビが練りこんであるそうな。 
20150628_0022.jpg
後日ネットで調べたら開田産の蕎麦粉を使っているんだって。 なお店でした。


汗を掻いたので温泉でサッパリしましょう。
やって来たのは「がんだて公園」にほど近い「ひめしゃがの湯」です。 青空も見え隠れ。
20150628_0023.jpg

資料によると「風呂にすれば炭酸の効果で身体がよく温まり凝りがほぐれ飲めば胃腸の
調子を整える効能があり鉱泉料理は独特の風味と旨さがある。」 という泉質です。
20150628_0024.jpg

サイダー泉ともよばれ飲むと本当にシュワシュワするんですよ。
味はちょっと塩分を含んだ鉄臭い感じかなぁ。 右の蛇口から容器にも汲めます。
温泉粥や温泉豆腐にするといいみたいだけどパン焼けるかな?っと僕もペットボトルに。
20150628_0025.jpg

こちらの温泉には「源泉そのまんま風呂」という変わった露天風呂があります。
地下から自噴する約24度の源泉を加温することなくそのままの状態のお風呂なので
最初はとても冷たいのですが入ってしまうと不思議なくらいポカポカになるんですよ。
20150628_0026.jpg

お風呂あがりは何故か「鉱泉肉まん」を食べました。 小さいけどお肉いっぱ~い。
20150628_0027.jpg

温泉でまったりした後は毎度のことですが・・・・・ 名古屋に帰るのが面倒くせ~~~



翌日「ひめしゃがの湯」で汲んだサイダー泉を使って全粒粉パンを作ってみました。
温泉100%ですが見た感じは普段と変わりなく焼き上がりましたよ~。
20150628_0028.jpg
味や香りも普段と変わりなく・・・あっ、でもいつもよりシットリ感があるような・・・
いや、間違いなくいつもよりシットリしています (@_@)パチクリ