RSS
Admin
Archives

ぴしくるの日記

日々の暮らしの中で『季節感不足』を解消するため週末には『旬』を求めてお出掛けするのが楽しみです。

プロフィール

ぴしくる

Author:ぴしくる
---------------
名古屋在住、夫婦共働きの二人暮らし。
週末には旬の食材、美味しい蕎麦、
温泉を求めて(たまに魚釣りも。)
小旅行を楽しんでいます。

☆当ブログはリンクフリーです。

最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
出会った野鳥さん
Blog Ranking

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 東海情報へ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
Edit
2014.10
29
前回記事「木祖奈川で新蕎麦-とうじ蕎麦-」からの続きです。

これから野麦峠を越えて開田高原へむかいます。
黄金色の山肌を見ながら気持ちよくドライブを楽しんでいると・・・
遭遇する機会が多くなったタイマー付き信号の風景。 来ない対向車を2分近く待ちます。
20141025_1001.jpg
災害復旧・対策工事の必要性が以前より格段に高まったということですね。

いよいよ峠越えです。 カラマツの林道がとてもキレイ。
20141025_1002.jpg

峠の途中にある『女工の像』と『お助け小屋』。 あゝ野麦峠・・・
ここにある展望台からの眺めがとってもいいので寄ってみました。
20141025_1003.jpg

雄大な乗鞍岳を望む展望台。 天気も良く眺めは最高です。
20141025_1004.jpg

夕方になる前に開田高原に到着せねば。
ここからの道はやや狭くカーブの多い峠の下りとなります。 山道の楽しいドライブ♪  
20141025_1005.jpg

峠を過ぎてしばらく走ると古い校舎のような建物が。紅葉とのコラボが素敵でした。
20141025_1006.jpg

お日様が御嶽山に隠れる前になんとか開田高原へ辿り着くことができました。  
20141025_1007.jpg

ここ九蔵峠展望台から見渡す秋色の風景がとても好きです。
20141025_1008.jpg

背面の岩山も秋色に染まっていました。
20141025_1009.jpg

目的の赤カブもありましたよ。 立派な白菜と超特大なキャベツ、大根もGET!
20141025_1010.jpg

「水車のある風景」。 毎回撮影するお気に入りスポットです。
20141025_1011.jpg

今年の開田高原は紅葉の色付きが鮮やかに感じないのは時期が悪いだけ?
20141025_1012.jpg

今回の小旅行では綺麗な紅葉はもちろん高原野菜も予定通りに購入できたし
何といっても予想外の『松茸入りとうじ蕎麦』には興奮しまくりでした。

今週末の3連休、天気予報はあまり芳しくないようですね。
あいかわず意地悪なお天気ですねぇ~。雷神さん、頼みますよ~。 
Edit
2014.10
27
御嶽山の噴火から一ヶ月が経ちました。
寒さ厳しい季節が終わり一刻も早い捜索活動の再開を願うばかりです。



先々週に引き続き開田高原へ友人を誘って高原野菜を買出しに行ってきましたよ。
そろそろ赤カブが出ている頃ですからね。もちろん大根や白菜も買いますよ~。

そして今回のルートは・・・
【自宅】⇒木曽福島⇒木祖奈川⇒野麦峠⇒開田高原⇒恵那⇒【自宅】です。
AM7:00、名古屋の北隅に住んでいる友人をひろってから国道19号を北上します。

最近のマイブームは途中にある瑞浪市『きなぁた瑞浪』or中津川『ちこり村』で
モーニングを食べること。 この日は『ちこり村』のモーニングとなりました。
20141025_0001.jpg

バランスのいい朝食でエネルギー充填、木祖奈川へ新蕎麦を求めて出発です。
9月の夏休みに乗鞍へ行く途中で食べた「とうじ蕎麦」の味が忘れられなくて。

道中、紅葉に目を引かれ木祖村の『衣更着(きさらぎ)神社』でしばし撮影タイム。
20141025_0002.jpg
遠くからでもこの木が赤く光って見えました。
20141025_0003.jpg
川が側にあると紅葉が鮮やかですよね。
20141025_0004.jpg

ずい分と時間をロスしてしまった。 急いで出発です。
この辺りからカラマツの黄色が目を楽しませてくれました。
20141025_0005.jpg

木祖奈川に到着したのはAM11:30頃。 コチラが目的のお店の『仙洛』さん。
駐車場はいっぱい、当然お客さんもいっぱい。新蕎麦のシーズンだもんね。
20141025_0006.jpg
車のナンバーは「松本」ばっかり。地元の人気店は期待がもてるので楽しみ~。

で、名前を書いて待ちま~す。 
ほとんどの方が「とうじ蕎麦」を食べています。「とうじ蕎麦」発祥の地ですからね。
20141025_0007.jpg
待つこと30分くらいでしょうか、ようやく席に通されました。

友人が注文した「ざる蕎麦」。 少数派の一人です(笑)
平打ちなんですね。友人からの美味しいって言葉をきいて来てよかった♪
20141025_0008.jpg

そして多数派の名物「とうじ蕎麦」。二人前から注文することができます。
20141025_0009.jpg

出汁の香りがいいですねぇ~。鴨肉?の細切れも沢山入っているよ。
20141025_0010.jpg

UMA発見 いえいえ、松茸がたくさん入っていたのです
我々3人は嬉しくて大興奮。 あれ?周りは誰も・・・話題にもなっていません。
皆様これを目的に来ているのですね。 それを知らずココへ来た僕達は運がイイ
20141025_0011.jpg

やっちゃいました、お雑炊。 松茸の風味も加わって・・・美味しくてもう倒れそう~
20141025_0012.jpg
「松茸入りとうじ蕎麦」は新蕎麦まつり期間の今だけらしいですよ。
最終日は11月3日なのでもう一度来ちゃおうかなぁ~。興味のある方はお早めに。

お蕎麦屋さんの周りもこんなに素敵な景色なので待ち時間も苦になりませんでした。
20141025_0013.jpg

美味しいお蕎麦を堪能した後は「野麦峠」に向かいます。
次回に続きま~す。
Edit
2014.10
22
秋晴れだった日曜日の朝のこと。
キンモクセイの香りに誘われて久しぶりの「ぴー散歩」です。 初秋を感じるいい匂い。
20141019_3001.jpg

台風が過ぎてから一気に秋が進んだような気がします 。
20141019_3002.jpg

案山子さんの仕事もあと少し。 今年最後の正念場、気をぬかないでガンバ!
20141019_3003.jpg

畑のミカンも美味しそうになってきました。 ミカンは酸っぱいのが好みです。
20141019_3004.jpg

何の実だろう? とりあえず秋らしい風景なのでパシャリ
20141019_3005.jpg

この辺りも徐々に秋色になってきましたよ。
20141019_3006.jpg

カエデを背景に柿をパシャリ。 
柿は唯一苦手な果物なのです。 漂白剤の味しません?食べたことないけど・・・
20141019_3007.jpg

メジロって・・・似合わないよね。ニャ~ワン! ねぇねぇ漂白剤の味しない?
20141019_3008.jpg

桜もキレイに色付いていました。 散ると掃除が厄介な木でもあります
20141019_3009.jpg

ここはいつもお池。 見張り番のツーショット。いつもご苦労様で~す。
20141019_3010.jpg
気がつけば知らず知らずのうちに秋は街にも来ていました。


今月は誕生日月で5年ぶりに運転免許の更新をしてきました。
20141019_3020.jpg
今後も無事故無違反で過ごせますように
Edit
2014.10
21
Category : 名古屋市内
歌舞伎を楽しんだ後は名古屋一の繁華街、栄に行きました。

この日は名古屋祭りの最終日で「郷土英傑行列」をはじめ多彩なパレードが
催されていたのですが残念ながら到着したときには既に終わった後でした。
「郷土英傑行列」とは尾張・三河の三英傑「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」が
鎧武者など総勢600人を従えて練り歩くという地元では昔から親しみのある行列です。

行列やパレードは終わっていましたがお祭りは盛り上がっていましたよ。
最近は「なごやめし博覧会2014」「なごやめし大集合!」「なごや麺まつり」などの
グルメイベントが目立って多いですね。 大人気で驚くほどの凄い人でした~。
20141019_2001.jpg

ステージでは某地元情報番組の緩くないキャラ「大徳さん」もやる気のないダンス。
20141019_2002.jpg

人混みは嫌いなので栄の地下街に逃げ込みました。
ちょっと一服と訪れたのは『緋毬』さん。 『大須ういろ』の甘味処です。
20141019_2003.jpg

なかなか豪快な「宇治金時」のカキ氷。 これは美味しいね
こんもり盛られた金時の甘さと濃厚で甘みを控えたタップリ宇治との絶妙な調和
20141019_2004.jpg

自分は定番の「カフェ・オレ」です。 このお店、初めて入ったけどイイね
20141019_2005.jpg

緋 毬
名古屋市中区栄3-4-6 サカエチカ
電話:052-961-6082
営業時間:午前10:00~午後8:00
Edit
2014.10
19
人生初の歌舞伎を鑑賞してきましたよ~。

ひょんな事からチケットが3枚ばかしお安く手に入りまして。。。
で、母を誘ったら行く行くって大喜び。 そんなに嬉しいのだろうか
20141019_0001.jpg

鑑賞するのは『錦秋名古屋 顔見世』の昼の部です。
場所は名古屋市中区金山の「日本特殊陶業市民会館」。
20141019_0002.jpg

演目は、「車引」「棒しばり」「人情噺文七元結」
20141019_poster.jpg
(画像は「御園座」のHPより引用しています。)

ホールに入場します。 着物を召されたご婦人が多いですね。
自分達のような素人の庶民が来てもいい場所なのだろうか?不安です。
20141019_0003.jpg

入場してすぐに同時解説が聞ける「イヤホンガイド」とやらを借りました(有料)。
席は花道からすご~く離れた右端でしたが舞台は見辛いこともない。
妻と母は開演前から浮かれてる。
自分はというと・・・なんせ今まで歌舞伎なんて少しの興味もなかったしね、
どんなに有名な方々が出演されていても“ふぅ~ん”っといった感じでした。
しかも公演時間は3時間35分の長丁場。(30分程の休憩2回を含みます。)
そんなに長い時間を耐え抜くことが出来るのであろうか。っと逆に心配だ。

さて観賞後の感想ですが・・・
伝統芸能の歌舞伎って敷居が高そうに思っていましたが「イヤホンガイド」を
使うと解りやすく説明してくれるので予備知識が無くてもとても楽しめました。
そして美しい舞台と華やかな衣装、バッチリ決まる見得にはもう感激~。
演目によってはチャップリンを見ているような喜劇的な笑いもありましたよ。
長丁場と思っていた時間も終わってみれば楽しく充実した一時になりました。

完全に歌舞伎に対して思っていたイメージが変わったなぁ~。
また自分の中のEXP(経験値)が1ポイントあがりました
終わったのは午後2時半過ぎ。それにしても腹へったよ~。
Edit
2014.10
15
3連休初日の土曜日(10/11)、開田高原へ行ってきました。

御嶽山噴火の影響で「新そば祭り」「きのこ祭り」などのイベントは軒並み中止となり
一番賑わうはずのこの季節も客足は遠のくばかりと地元の方達は悲痛の叫び。
そんな記事を目にしたのです。
未だ不明者の捜索が続く中、こちら方面に訪れることは控えた方がいいのかと
実際に自分達もそう思っていましたからね。 このままではいけない!
思い立ったら吉日、開田高原へ高原野菜を買出し+新そばを食べに行くどぉ~!

行きに寄った『道の駅 木曽福島』ではコスモスの花がとてもキレイに咲いていた。
売りの文句は“御嶽山を望める道の駅”。 背景には噴煙上がる御嶽山が。
20141011_0001.jpg
「松茸」は終わっていたけど幻のキノコ「クロカワ」が! ちゃっと購入~。
20141011_0002.jpg


ターゲットの高原野菜は「おんたけ白菜」と「高原大根」。「カブ」もあったらいいな。

開田高原に入って最初に寄ったのは『彩菜館』。
白菜、売ってますね~。 ですが白菜を買うのはもっと先のいつもの産直にします。
20141011_0003.jpg

先に進むとすぐにお店が。 このような産地直売所が幾つかあります。
20141011_0004.jpg
農家さんが持ち寄った色んな野菜が並んでいます。 
20141011_0005.jpg
お目当ての大根を見つけました。太くて形も良く葉っぱもキレイですね~3本GET!
おでんや煮物にすると柔らかくて美味しくて味のしみ込みが違います。格別ですよ。
20141011_0006.jpg

もう少し標高の高い直売所にやって来ました。
こちらで「おんたけ白菜」を買いましょう。立派ですね。とにかく甘みが違うんです。 
20141011_0007.jpg
農家さんは野菜に着いた火山灰を水できれいに洗い流してから販売しています。
手間もかかるし大変ですね。

「九蔵峠」からの御嶽山。 開田高原は噴火口から10km以上離れています。
被害は噴火時に火山灰が少し積もったことくらいで平穏そのものということでした。
20141011_0008.jpg

昼食はいつものお蕎麦屋『たけみ』さん。 箸休めの品々が嬉しい。
20141011_0009.jpg
もちろん新蕎麦ですよ~。 風味もよく美味しいですね
20141011_0010.jpg

『自然探勝園』に紅葉の具合を見に来ました。 徐々に色付き始めています。
20141011_0012.jpg
水のキレイなこの池は岩魚の釣堀です。 
家族連れで楽しむ声が聞こえるはずの釣堀もこの時は誰一人居ませんでした。
20141011_0011.jpg

お気に入りの五平餅が食べたくて『岩魚や五平』さんへ。
更に標高が高くなるため紅葉も進んでいるのですね、真っ赤です。
20141011_0013.jpg

五平餅が焼けるのを待つ妻と義母さん。 自分は岩魚の塩焼きを楽しみに。
20141011_0014.jpg
この時期は駐車場が満車で入れないほど賑わう人気のお店なのですが・・・
お店のご主人の話しでは本当にお客さんが少なくて寂しいくらに物静か、
噴火は反対側の斜面なのでこちら側には何の危険も影響もないのにね。
この時もたまに上空を飛ぶヘリコプターのローター音だけが響き渡っていた。

高原野菜を入手して美味しい新蕎麦に舌鼓を打って今回のノルマは達成です。
そして開田高原には大きな被害がないこともわかったので正直ホッとしました。

帰り道は長野県道20号線を走ってみました。
開田高原から三岳地区を通過して国道19号に抜ける近道です。
三岳地区に近づくほど自衛隊や災害支援活動の車が増えてきました。
火山灰で濁った川にも多くの重機が入りこみ土石流対策工事でしょうか。
今年最大の勢力の台風19号も近づいてきています。
ここでは二次災害に備える必死の活動と緊張を感じとることができました。

先程感じたホッとした気持ちも一面。ここで感じた恐怖や不安な気持ちも一面。
すいません。言いたい事、伝えたい事がわからなくなってしまいました


帰りに寄った『道の駅 きりら坂下』。
20141011_0015.jpg
貼られたポスターでは翌日の10/12に「花馬まつり」が開催されるらしい。
こんなキレイな花馬が飾られていましたよ。
Edit
2014.10
10
Category : 北海道
最終日(9/28)の朝が来ました。 北海道旅行も残すところあと半日。
ホテルのレストランでバイキングの朝食を済ませた後は北海道大学までお散歩に。
去年はそこで北キツネちゃんに会いました。今年も会えるかなぁ?

青空に映える「赤レンガ庁舎」。 朝は一段と美しいですね。 
20140928_0001.jpg

20140928_0002.jpg


「北海道大学」です。 散歩には丁度いい気温で清々しい。
20140928_0003.jpg

「ポプラ並木」 さすがに紅葉はしていませんね。北キツネさんはお留守みたい。
20140928_0004.jpg

どこからかドラミング音が。
さがしてみると高くて暗い場所に「アカゲラ」さん発見!ちょっぴり嬉しい出会いでした。 
20140928_0005.jpg

ホテルに戻り一息したら千歳方面にむかいましょう。

やって来たのは新千歳空港のすぐそばにある『ノーザンホースパーク』。
お馬さんと触れあえるアミューズメント・パークです。
ホテルでもらったクーポン券で入場できました。しかも1000円分の乗り物券付き。
20140928_0006.jpg

20140928_0007.jpg

これは騎手? 無表情な人形が立ち並んでいました。怖っ!
20140928_0008.jpg

こんな競技も行われていました。 この後、ポールにスネをぶつけて馬さん痛そう。
20140928_0009.jpg

お馬さんにも乗りましたよ~。 もらったクーポン券が大活躍です。
まずは妻から。妻は幼い頃に一度だけ馬に乗ったことがあるらしい。
20140928_0011.jpg

自分は初めての体験です。視線が高くて気持ちいいですね。馬ってとても温かい。
20140928_0010.jpg

お馬の親子は仲良しこよし・・・ほんとに親子?それより“こよし”って何? 
20140928_0012.jpg

人なつっこいポニーちゃん。 首周りをポンポンすると気持ちよさそうに。きゃわゆいね
20140928_0013.jpg
北海道の旅、最後はポニーちゃん達に癒され快く終止符をうつことができました。

「新千歳空港」に着いてしまいました。
予定通り回転すしの『花まる』さんで北海道最後の食事を味わいます。
相変わらず美味しいのですが気のせいか去年よりネタが小さくなってない?
20140928_0014.jpg

『ドラえもん わくわくスカイパーク』に隣接するカフェにも寄ってみました。
ドラえもんはここ数十年みていませんが大好きなキャラクターです。
20140928_0015.jpg

ドラ焼きではなく「ドラえもん たいやき」です。厚めの皮で普通のたいやきでした。
飲み物は「ドラえもん ラテ」。のび太のくせに美味しかったですよ(笑)
20140928_0016.jpg

フライト時刻となりました。
北の大地に別れを告げましょう。 さようなら北海道、次はいつ来れるかなぁ?


出発前は台風にハラハラさせられましたが終わってみればお天気にも恵まれて
とても充実した満足のいく旅となりました。 (運はまだ健在のようです。)
そして帰りの飛行機から見た信じられないあの光景。【その記事はこちら】

9回に及ぶ記事、最後まで読んでいただきありがとうございました。
Edit
2014.10
09
Category : 北海道
札幌に到着したのはPM4:00過ぎ。 
間もなくホテルという所で無き道を直進しろと車載ナビが迷走する。
大回りして着いたホテルは『札幌グランドホテル』さん。とても立派なホテルです。
20140927_2001.jpg
ロビーは披露宴後?の人達で賑わっていた。それと何やらクーポン券をもらったよ。
そうそう、サマークーポン券付きプランとやらで予約していたことを思い出しました。
道内の指定された施設で使えるみたい。今日明日中に使わねば・・・

とてもキレイな部屋。 まずはテレビをつけて御嶽山噴火のニュースを見る。
この時はこれほどの大惨事になるとは思ってもいませんでした。 
20140927_2002.jpg

街中をフラフラしましょう。 ここが最近オープンした「赤れんがテラス」かぁ~。
20140927_2003.jpg

レンガが敷き詰められた「北3条広場」。 札幌って素敵な街づくりをしますね。
な~るほど、この道路が歩行者専用になったからナビが迷走してたんだ(笑)
20140927_2004.jpg

レンガの通りを進んで行くと正面に「道庁赤レンガ庁舎」。 絵になる景色ですね。
20140927_2005.jpg

ひっきりなしに外国人の団体が記念写真を撮っていました。 隙を見て一枚。
20140927_2006.jpg

テレビ塔周辺~札幌駅周辺をブラブラ。
20140927_2007.jpg

狸小路の土産屋では外国人観光客に混ざって土産物を物色。
お土産選びが大好きな妻に対し大嫌いな夫、待たされてとても不機嫌になる。
20140927_2008.jpg
薬局や100均のレジでは長い列ができていた。これが噂の爆買いですかね。

待ちに待ったディナーの時間が近づくと機嫌も戻ってきたよ。
一週間前に予約を入れた居酒屋『開陽亭 すすきの2号店』さん。本店は函館です。
20140927_2009.jpg
やっぱり予約しておいて良かった。 予約席以外は満席状態でした。

まずは「特大しまほっけ焼き(半身)」から。
こんなに肉厚でふっくらしていて脂もノリノリ。のっけから最高です。
20140927_2010.jpg

次は「小磯盛」。 お刺身の盛り合わせは外せませんよね。 
念願だったホッケの刺身も盛られていた。 北海道万歳~
20140927_2011.jpg

「いかとゴロの共焼き」で~す。  ゴロ(肝)のコクが癖になるいい味です。
20140927_2012.jpg

とても大きな「生ぼたん海老」
甘くてプリプリです。鮮度がいいのでミソもすすってしまった。 
20140927_2013.jpg
しばらくして焼いた殻まで出てきたことがとても嬉しかった。頭も焼いて~(笑)

あるテレビ番組で「道民はジャガに塩辛をのせる。」って言っていたので試しに注文。
なるほど、これはウマイ! やっぱ生臭みの無い美味しいこの塩辛がポイントだよね。
20140927_2014.jpg

反則的な美味しさだったのが「カニクリームコロッケ」。 ほとんどがカニです。
20140927_2015.jpg

ウニが乗ったぜいたくおにぎりの「うにぎり」とクーポン券でいただいた「ミニいくら丼」。 
20140927_2016.jpg
他にも色々いただきましたが撮影するより食欲優先になっちゃいますね。
北海道の味を満喫することのできるいいお店でした。ご馳走様~。
そうそう、初めて札幌の居酒屋に行った時に食べた烏賊のルイベの味が忘れられない
のですがそれ以来どこのお店にも無いんですよね。何処に行けば食べられるのだろう?

ホテルに戻って帰る準備をしないとね。 
レンタカーのトランクに放り込まれていたお土産や荷物を部屋でまとめます。
今もたくさん買ってきたしね。これが結構面倒な作業でして。

なんだか一気に疲れが出てきました。早めに寝ます、おやすみなさい

次回に続きます。 ようやく完結編ですよ。
Edit
2014.10
08
Category : 北海道
十勝岳温泉で紅葉とワイルドな温泉を満喫した後は富良野に戻って観光です。
って言っても食べ物の話題ばかりになってしまいますが

富良野といえば美味しいメロンですね。
去年食べて虜になった妻の要望で今年も来たよ『とみたメロンハウス』さん。
20140927_1001.jpg

お気に入りの「メロンソフト」と・・・???何だ?この筒状の箱は???
20140927_1002.jpg

メロンキャラメルポップコーンだって。新作? メロン風味がいい感じで美味しいね。
20140927_1003.jpg
名古屋でもポップコーンが流行っているので北海道物産展などにも出そうです。



車で少し移動して、広大な葡萄畑を進んで行くと・・・
20140927_1004.jpg

葡萄畑に囲まれたこんな所に建物があります。
20140927_1005.jpg

ここは『カンパーナ六花亭』さん。北海道の代表的なお菓子屋さんですよね。
見たことのある包装紙のモニュメントが。 大雪山連邦が見渡せるいい場所です。
20140927_1006.jpg

店内のお土産コーナーとイートインコーナー。外観にくらべて少々チャチな感じ。
20140927_1007.jpg

ここカンパーナだけでしか売っていない限定商品もあります。
20140927_1008.jpg

「モンブラン」と限定品の「ふらの餅」を購入。
「ふらの餅」は富良野産赤えんどう豆とコシ餡が入って焼きたてで美味しい。
20140927_1009.jpg
コーヒーが無料っていうのも嬉しいサービスでした。

時計を見ると既に正午を回ってました。
札幌観光もしたいので富良野を後にします。ありがとう富良野。



今回の旅行、自分的には回転すし屋に2軒行くというささやかな目標がありまして(笑)
1軒は帰りの新千歳空港内の『花まる』さんで決定してます。
で、もう1軒は有名どころの『トリトン』か『とっぴ~』に行ってみたいな。
札幌までの道中で検索すると滝川IC近くにあるらしい。行ってみよー!

訪れたのは『廻転すし とっぴ~滝川店』さん。 
目の前でホタテがさばかれています。期待できそう~。
20140927_1010.jpg

まずはお店のオススメ品から注文。
生ほたて(230)、本マグロ赤身(230)、本マグロ中とろ(360)、塩水うに(360)。
メチャクチャ旨いしネタも大きい・・・しかもなんでこんなに安いんだ!
20140927_1011.jpg

これまたデカ~イぼたん海老(360)。 甘くて食べ応えがあって最高~。
20140927_1012.jpg

本マグロの大とろも食べてみた。値段は忘れたけどとにかく安い。これもウッマ~。 
20140927_1013.jpg

生サーモン(230)と生さんま(230)。 北海の幸に感動しました。
20140927_1014.jpg
撮影はここまで。 ここからは無心でいただきます。 北海道の回転すし、恐るべし!

滝川インターから高速道路で札幌にむかいま~す。
今後の記事も食べ物ばかりになりそうです。

次回に続きま~す。 

---------------------------------
札幌への移動中に車のラジオで御嶽山の噴火を知りました。
Edit
2014.10
07
Category : 北海道
やがて三日目(9/27)の朝がやってきます。 眺めのいい部屋にしていただき感謝!
20140927_0001.jpg
日の出まで拝めてしまいました。 おはよ~富良野。
20140927_0002.jpg
ホテルで朝食を食べながら。。。さて今日は何処へ行こうか? 
心の中の行きたい場所リストからが楽しめそうな場所をチョイス!

むかうは十勝岳温泉。
まっすぐに伸びる道を走ると気持ちがいいですね。 北海道、最高!
20140927_0003.jpg

雲が広がってきましたが紅葉はいい感じで色付いてますよ~。
20140927_0004.jpg

やって来たのは十勝岳の八合目(標高1280m)に位置する『湯元 凌雲閣』さん。
日帰り入浴800円、AM8:00から利用できるのが嬉しいですね。
20140927_0005.jpg

赤茶色のお湯は鉄分を多く含む酸性硫酸塩泉。
露天風呂からは紅葉真っ盛りの十勝岳連山を眺めながら湯ったり~。ここは天国?
20140927_0006.jpg

『湯元 凌雲閣』さんの建物横には「かみふらの八景」なんて場所がある。
20140927_0007.jpg

のぞいてみると・・・うぉ~気絶しそうなくらいの絶景です!
20140927_0008.jpg

こんな素晴らしい景色に出会えるなんで何てラッキー! いやっ、ナイスチョイス
20140927_0009.jpg

パノラマビューのお約束、右ターンのコマ割写真です。
ポイントを見つけて4枚の写真を繋ぎ合せてみてくださいね。パノラマになりました?
20140927_0010.jpg

20140927_0011.jpg

20140927_0012.jpg

20140927_0013.jpg

十勝岳温泉では想像以上に楽しめちゃいまいた。
富良野に戻って観光しましょう。

次回に続きます。

Edit
2014.10
06
Category : 北海道
2泊目(9/26)の宿泊先、富良野に来ました。

最初に訪れたのは『フラノ・マルシェ』。
去年の旅行では時間の都合で寄る事が出来なかったお店。
ファーマーズマーケット、地元の特産物、お土産、飲食店が入った総合施設です。
20140926_3001.jpg

この建物はファーマーズマーケット。
プチトマトを2袋購入。北海道産のプチトマトはトビキリ美味いのです!
20140926_3002.jpg

まわりの皆さん「なまら棒」を食べていた。名古屋弁だと「でら棒」ですね(笑)
そんなに美味しいのかと一本食べてみた。味は・・・ん?微妙。
20140926_3003.jpg


『富良野チーズ工房』でアイスを食べたがっている人がいる。
閉店時間がせまっているので慌てて移動しました。 ふぅ~間に合った!
アイスのお店は『アイスミルク工房』さん。ガラス貼りの綺麗なお店です。
20140926_3004.jpg

チーズ&ハスカップのジェラート。 チーズ工房だけにチーズ味が絶品でした。
20140926_3005.jpg


2日目の宿泊先は『ナトゥールヴァルト富良野』さん。富良野スキー場の正面です。
夕飯はバイキング方式。地元の食材が豊富に使われた美味しい料理でした。
20140926_3006.jpg
従業員さんも気さくで気持ちよく過ごせました。

窓からの眺めがいいキレイな部屋でした。
20140926_3007.jpg
団体さんが入っていましたが日本人のツアーにホッっとするのは自分だけでしょうか?


夕食後は妻のお気に入り『ニングルテラス』に出掛けます。
去年来た時に買ったロウソクが気に入って今回も買いたいんだってさ。
20140926_3100.jpg

夜の『ニングルテラス』はやっぱり綺麗ですね。
20140926_3101.jpg

20140926_3102.jpg

20140926_3103.jpg

「ニングル」とは身長15cmほどの森の妖精達たちです。
20140926_3104.jpg

【帰宅後に撮影】
これらが妻の欲しかったロウソクです。大きいのも欲しかったようですがお値段が・・・
たしかにカワイイですね。 災害時の停電にも使えるし・・・うゎ、怒ってる。
20140926_3105.jpg

ようやく二日目が終わりました。 とても充実した日でした。
次回に続きます。
Edit
2014.10
05
Category : 北海道
旭岳ロープウェイ山頂駅周辺の紅葉はすでに終わっていました。
この場所から近くで紅葉の良さそうなポイントは・・・・・「天人峡」に行ってみますか。
土砂崩れのため「羽衣の滝」には行けないようですが壁岩の紅葉はどうだろう?

旭岳ロープウェイから天人峡までは30分程で到着。
いきなり大迫力の光景が目に飛び込んできましたよ。
尖った柱状節理7本が天に向かってそびえ立っている「七福岩」です。
20140926_2001.jpg
紅葉も見頃を迎えつつありますね。
20140926_2003.jpg

20140926_2004.jpg

このような壁岩が続いています。
岩と紅葉のコラボ、美しすぎて・・・もう言葉はいりませんね。
20140926_2005.jpg

20140926_2006.jpg

20140926_2007.jpg

20140926_2009.jpg

20140926_2010.jpg
時刻は既にPM1:30、お腹ペッコペコだよ~。
早く美瑛に行って美味しいランチを満喫せねば。

            
美瑛に来た時には必ず寄るお店があるのです。まだ4回目ですが・・・
訪れたのは緑の中の赤い屋根が素敵な『ブランルージュ』さん。
20140926_2201.jpg

店内は靴を脱いで入ります。清潔感がありとてもキレイです。
20140926_2202.jpg

この「ビーフシチュー」が食べたくて♪ そうそうこの味、相変わらず美味しいです~。
20140926_2203.jpg
ご馳走様でした~。

美瑛の景色を楽しみたかったのですが時間が無くなってしまった。
てなワケでこの日の宿泊先でもある富良野に移動します。

次回に続きま~す。

Edit
2014.10
04
Category : 北海道
標高1600m、山頂駅「姿見の駅」に着きました。(旭岳山頂は標高2290mです。)

駅の掲示板では気温5℃となっていた。依然として風は強くとても冷たい。
フード付きパーカーにライトダウンジャケットを着て用意周到と思いきや体は耐えても
手が・・・手袋は無いよ~。強風でフードはめくり上がり耳や鼻が凍えてとれそうです。

寒さにめげず一周約一時間のコースを左回りで行ってみましょう~。
20140926_1001.jpg

少し進んだ場所から山頂駅の「姿見の駅」を見下ろします。
20140926_1002.jpg

第1展望台からの眺望。 今年も来たよ旭岳! しかも今年は雪化粧。
20140926_1003.jpg

薄化粧ですね。
20140926_1004.jpg

登山道を人が歩いています。わかりますか?
20140926_1005.jpg

『満月沼』 満月のように丸いらしいけどこの角度からではわかりません。
20140926_1006.jpg

火口に水が貯まってできた『すり鉢池』 強風で波立っている。
20140926_1007.jpg
運がよければこの辺りでギンザンマシコさんに会えるらしい。人じゃありませんよ鳥です。

穏やかで天気のいい日には鏡のように旭岳を映し込む『鏡池』
20140926_1008.jpg

『すり鉢池』と『鏡池』、二つ合わせて『夫婦池』と呼ばれている。
20140926_1009.jpg

窪んだ辺りの岩が歯のようでおもしろい。
20140926_1010.jpg

青空に映える旭岳。 風さえなければ・・・上に来れただけでも良しとせねば。
20140926_1011.jpg

「ヤッホ~」っと叫んでいる人は・・・やはり誰一人いない(笑)
20140926_1012.jpg

うわぁ~、吸い込まれそう。
20140926_1013.jpg

ちょっと角度を変えて・・・うわぁ~、吸い込まれそう。
20140926_1014.jpg

噴煙口に近づいてきました。
20140926_1015.jpg

活火山の恐ろしさを知った現在、写真を見ていると少し怖くなりました。
20140926_1016.jpg

折り返し地点の『姿見の池』に到着。 残念ながら逆さ旭岳は拝めず。
20140926_1017.jpg

『旭岳石室』 避難小屋です。
なんだかちょっぴり可愛らしい♪ 皆さんトイレと間違えていたよ(笑)
20140926_1018.jpg

クラゲ化したチングルマ。 白い可憐な花からは想像できないトランスフォーム。
20140926_1019.jpg

ロープウェイ乗り場へ戻ってきました。 
今回はシマリスちゃんに会えませんでした。鳴き声は聞こえましたが、残念。
20140926_1020.jpg

帰りのゴンドラに乗り込み寒さからは開放です。車窓からの景色。
森林限界の境界らしい。池より右(山頂側)は背の高い植物が育たないんだって。
20140926_1021.jpg

この辺りの紅葉が一番綺麗。秋色はここまでおりて来ていたのですね。
20140926_1022.jpg

結論から言うと旭岳ロープウェイ山頂付近の紅葉は終わっていました。
20140926_1023.jpg
雪化粧の旭岳を間近に見ることができたので満足ですけどね

次は紅葉のよさそうな場所をさがして移動しましょう。
次回へ続きます。
Edit
2014.10
03
Category : 北海道
二日目の朝をむかえました。
トワイライトな旭岳を拝もうと早起きしてカメラ片手に外に出ます。
メチャクチャ寒いし・・・しかもガスってるじゃん! 昨夜の星空が嘘のよう。
20140926_0001.jpg

ホテルの周りには散策できるコースがあるようです。
20140926_0002.jpg

黄色に染まった小径をしばし散歩しました。鳥の囀りが心地いい。
20140926_0003.jpg

このような赤い紅葉はあまり無いですね。
20140926_0004.jpg
ホテルに戻りロープウェイの運行状態を確認すると強風のため運休アチャ~。
フロントの方の話では“風さえが弱まれば運行再開するから諦めないで”との事。

バイキング方式の朝食をいただきながら運行再開を祈ります。
その頃にはこんな青空に。旭岳も鮮明に見えます。なのに強風とは・・・
20140926_0005.jpg
おっ!運行再開したよ  よかったね~。

早々にロープウェイ乗り場へとむかいました。 ホテルからは歩いてでも行ける距離です。
20140926_0006.jpg

ロープウェイ、動いてますね~。
この辺りでは穏やかなのに山頂付近の強風が信じられません。
20140926_0007.jpg

旭岳ロープウェイ付きプランでホテルを予約していたのでチケット代は格安でした。
運休のままだと払い戻し出来ないので逆に損します。でもその差額は何処へ?
山頂付近の風速は14メートル。結構な強風ですよね。
20140926_0008.jpg

本来ならAM6:30からの運行。長い間待っていた人達で長い列ができていた。
20140926_0009.jpg

ようやくゴンドラに乗り込みましたよ。
20140926_0010.jpg

車窓からの景色は素敵なのですが・・・
風に煽られて大揺れするは停止するはで絶叫マシーンと化していました。怖いよ~。
20140926_0011.jpg

まもなく山頂駅に無事到着できそう。今回は気象状況にハラハラの旅だなぁ~。
20140926_0012.jpg

今回はここまでにします。 なかなか時間がなくて・・・ 
小出しになると思いますが最後までお付き合いくださいね。 では次回に続きます。 
Edit
2014.10
02
Category : 北海道
随分と遅い夏休みなのですが9月25日から3泊4日で北海道に行ってきました。
台風の接近が心配でしたが出発の前日には温帯低気圧に変わり消滅。
これは中部国際空港の出発間際の状況です。この飛行機で北海道へ行きます。
20140925_0001.jpg

定刻通りのAM9:20に新千歳空港に到着しました。ホッ♪ こちらの天気は上々。
今回も去年に引き続き道央に絞ったコンパクトなルート。腰を据えて楽しむ覚悟(笑)
レンタカーを借りていざ富良野へ出発~。

お昼を少しまわった頃に富良野に到着。 まずは腹ごしらえから。
ココは以前から一度来てみたかった『ひつじの丘』さん。ジンギスカンのお店です。
20140925_0002.jpg

店内の様子。 テーブルには七輪が埋め込まれています。いわゆる炭火焼き~♪
20140925_0003.jpg

こんな広大な景色を眺めながら食事ができるなんて最高です。
20140925_0004.jpg

オススメはサフォークジンギスカン(一人前900円)
北海道でもなかなか食べられない希少価値な最高種の羊生肉らしいです。
20140925_0005.jpg

とてもやわらかく臭みが全く無りません。この美味しさには感動です。
20140925_0006.jpg
この後、白ひつじジンギスカン (一人前650円)もいただきました。
少し歯ごたえがあり、これも好きだなぁ~。

食後はウサギちゃんや今食べたばかりの羊さんに癒してもらいました
20140925_0007.jpg


この日の宿泊先は旭岳の山麓に位置する『ラビスタ大雪山』。
なぜか夕食がPM5:30からなので(早っ!)景色を見ながらのんびり移動します。
20140925_0008.jpg

20140925_0009.jpg



標高が高くなるにつれ雲が多くなってきましたよ。
先程まで見えていた旭岳は雲に阻れていました。山の天候は不安定ですね。

『ラビスタ大雪山』に着きました。
以前、利用した『ラビスタ函館ベイ』が好印象だったのでこちらにも泊まってみたかった。
20140925_0100.jpg

ヨーロッパの山荘を思わせる素敵なホテルです。
20140925_0101.jpg

ロビーも洒落ていますねぇ~。
20140925_0102.jpg

お部屋はこんな感じ。なかなかモダンな和洋室。
20140925_0103.jpg

アメニティも充実。手挽きミルや館内温泉用の手さげカゴまで用意されています。
20140925_0104.jpg

館内には大浴場と貸切風呂が三ヶ所あります。
貸切風呂は時間が早いせいか全部空いていましたので写真を
(左)岩風呂の「くころの湯」と(右)温泉蒸し風呂の「くみちの湯」。
20140925_0105.jpg

その中でも露天風呂付きで景色が眺められる「くぽの湯」が最高に気持ちよかった。
20140925_0106.jpg
お風呂あがりにはアイスクリームの無料サービスがあります。

部屋でしばらく寛いでいるとアッという間に夕食タイム。さっきお昼食べたばかりなのに・・・
ディナーは、フレンチのフルコース、鉄板焼きコース、蝦夷鍋コースの3種類の中から
予約時に選べます。予約したのは鉄板焼コース・・・うっ、昼と鉄板かぶってる
20140925_0110.jpg

北海道の厳選素材を使った料理です。 ボタン海老がデカイ!
20140925_0111.jpg

右側がこのコースの主役となる鉄板焼き具材です。 
牛・豚・鶏・魚。思い当たる全ての肉類ですね(笑) 芋餅もあり満足でした。
20140925_0112.jpg

右隅の「なめらか醤油プリン」がカラメルっぽい味で絶品でした。
20140925_0113.jpg
美味しかったです♪ご馳走様でした~。 2時間弱の長~い御食事タイムでした。
ディナーの時間が早いためか23:00~23:30までラーメンを無料で提供してくれます。
ちょっと味が濃い目ですが美味しくいただきました。嬉しいサービスが満載です。


日付が変わる頃、空の様子を見ようと外に出てみると満点の星空が。
20140925_0200.jpg
天の川なんて久しぶり。明日の天気は良さそうです。ではお休みなさい。

次回(その2)に続きます。