RSS
Admin
Archives

ぴしくるの日記

日々の暮らしの中で『季節感不足』を解消するため週末には『旬』を求めてお出掛けするのが楽しみです。

プロフィール

ぴしくる

Author:ぴしくる
---------------
名古屋在住、夫婦共働きの二人暮らし。
週末には旬の食材、美味しい蕎麦、
温泉を求めて(たまに魚釣りも。)
小旅行を楽しんでいます。

☆当ブログはリンクフリーです。

最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
出会った野鳥さん
Blog Ranking

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 東海情報へ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
Edit
2013.11
30
Category : 石川県
ふらふらと徒歩で金沢市街を散策です。

「武蔵」から「香林坊」に向かう途中に「尾山神社」があります。
珍しいのは神門の上部が四面五彩のギヤマン張りなんです。
昔は灯台としても使用されていたみたいですよ。ハイカラな神社です。
20131123oyama001.jpg

神門を抜けると立派な拝殿が。こちらは神社らしい建物です。
20131123oyama003.jpg

ちょと細身な狛犬、でも強そう。
20131123oyama004.jpg
日が落ちるの早いですね。もう薄暗くなってきました。


今夜は兼六園ライトアップを見に行くため早めに食事をすませましょう。
訪れたのは『市の蔵』さん。
近江町いちば館内にあるお店で新鮮な海の幸や加賀料理が楽しめます。
20131123_ichinokura001.jpg

PM6:00前なのでお客さんはまだ少ないですね。
20131123_ichinokura003.jpg

黒板には解禁となった蟹のメニューがずら~っと。
20131123_ichinokura004.jpg

まずは「刺身五点盛り」。鰤と鯛がとても甘くて美味しかった。
20131123_ichinokura010.jpg

金沢といえば「鴨の字部煮」は外せません。
20131123_ichinokura011.jpg

ここでも「白子の天麩羅」をいただく。中からトロ~と堪りませんよ~。
20131123_ichinokura012.jpg

「蓮蒸し」です。加賀レンコンを団子状にして蒸してあります。モチッとして
20131123_ichinokura013.jpg

具がたっぷりの「海鮮鍋」。ここにも白子が!
20131123_ichinokura014.jpg

出来上がりましたよ。汁がまた絶品なんです。
20131123_ichinokura015.jpg

そして〆は雑炊で。余すことなく堪能できました。
20131123_ichinokura016.jpg
ご馳走様でした~。


次回はいよいよ兼六園のライトアップです。
Edit
2013.11
29
Category : 石川県
PM2:30ホテルに到着。窓からの景色、正面は金沢駅です。
金沢駅から公営バスに乗って観光先へ移動しましよう。
20131123_higashi001.jpg

金沢ふらっとバス此花ルートに乗り小橋町バス停で下車します。
しばらく歩くと浅野川に架かる「中の橋」にたどり着きました。
川沿いのこの小道が「主計町茶屋街」です。雰囲気のあるお店が並んでいます。
20131123_higashi012.jpg

「主計町茶屋街」から見る「浅野川大橋」。
20131123_higashi013.jpg

「浅野川大橋」を渡った場所からの「主計町茶屋街」です。
20131123_higashi014.jpg

20131123_higashi011.jpg

目的地の「ひがし茶屋街」に到着しました。
20131123_higashi015.jpg

金沢には「ひがし茶屋街」「にし茶屋街」「主計町茶屋街」三つの茶屋街があります。
20131123_higashi016.jpg
20131123_higashi017.jpg

こちらは「箔座ひかり蔵」さん。
20131123_higashi020.jpg

金箔を使用した箔品のお店です。
20131123_higashi021.jpg

お店の中は黄金色。眩しい!
20131123_higashi022.jpg

金箔のケーキまでありましたよ。
20131123_higashi023.jpg

ひかり蔵という名前通り黄金の蔵があるのには驚きです。
20131123_higashi024.jpg
お茶も飲まずに「ひがし茶屋」をあとにします。混んでるんだもん。


金沢の観光地はどこもそれほど離れていないので徒歩での観光も可能です。
町並みを楽しみながらぶらぶらしましょう。・・・次回に続く。

Edit
2013.11
27
Category : 石川県
日本三名園の一つ、兼六園にやって来ました。
この日は夜のライトアップも行われますのでそれも楽しみ。

入場料は大人300円です。
さすが日本を代表する観光地、外国人がやたら多い。
毎週土日は石川県民観賞の日で県民の方は無料らしいです。
20131123kenrokuen001.jpg

園内に入ってしばらく歩くと霞ヶ池があります。
二本脚の徽軫灯籠(ことじとうろう)は兼六園のシンボル的存在です。
この場所は写真撮影の人気ポイント。人が居なくなるのを待って撮影しようと
思ったのですが無理みたい。この方は知らない外国人です。右には待っている人も。
20131123kenrokuen002.jpg

冬の風物詩、雪吊り。
天気予報では晴れだったのに曇っていて少し残念。
金沢では『弁当忘れても傘忘れるな』と昔から言われているそうです。
20131123kenrokuen003.jpg

玩月の松(がんげつのまつ)と月見灯篭。
20131123kenrokuen005.jpg

旭桜(あさひさくら。桜の花が満開のときに再度訪れたいです。
20131123kenrokuen006.jpg

唐崎松(からさきまつ)の雪吊りは芸術です。雪が積もった景色いいだろうな。
20131123kenrokuen008.jpg

対岸には内橋亭が見えます。
20131123kenrokuen009.jpg

水面に映る唐崎松(からさきまつ)の雪吊りは見事。帆船のようです。
20131123kenrokuen010.jpg

内橋亭に近づいてきました。こちらで休憩しましょう。
20131123kenrokuen011.jpg

池に浮かぶ本席には入れませんが手前にあるお部屋はこんな感じ。
20131123kenrokuen012.jpg

本席を覗いてみましょう。部屋の中から素敵な景色、優雅ですね。
20131123kenrokuen013.jpg

抹茶をいただきながら20分ほどゆっくりしました。
20131123kenrokuen014.jpg
そろそろホテルにチェックインできる時間です。
お土産を買ってからホテルへ行きますか。

兼六園の道を挟んだ向かえ側に「金沢城」があります。
前回来た時から比べてずいぶんと復元が進んでいましたよ。
20131123kenrokuen015.jpg
20131123kenrokuen016.jpg

今回は金沢駅前のホテルを予約しました。
ホテルに車をあずけて公営バスで観光したほうが安上がりなんですよ。

さて次回も有名な観光地ですよ。
Edit
2013.11
26
Category : 石川県
いよいよ金沢市内に入りました。
お昼を食べようと思っているお店の開店時間は午前11時00分、
それまでには到着できそうです。

こちらが目的のお店『金沢まいもん寿司 金沢駅西本店』さん。
金沢東ICを下りて国道8号線を少し走ったところにあります。
わぁ~、すでに並んでる。名古屋にも支店がありますが違うんですよねぇ~。
20131123_maimon01.jpg

回転寿司なんですが目の前を回っているお寿司には見向きもせず注文して板さんに
握ってもらう最近のスタイル。だったら回さなければいいのに・・・といつも思う。
20131123_maimon02.jpg

とにかく鱈の白子が食べたかったので最初に注文したのがこの二品。
左『真鱈の白子汁』濃厚な白子がまったりとしてうまい。鱈の身も沢山入っている。
右『白子天麩羅』サクッと食べるとトロ~を白子が。美味しすぎ。
20131123_maimon03.jpg

『海鮮茶碗蒸し』と『能登なまこ酢』  なまこ大好き。
20131123_maimon04.jpg

『氷見港天然ぶり』と『蒸し牡蠣』
20131123_maimon05.jpg

『生白子』と『カワハギ』  今回は鱈の白子三昧。
20131123_maimon06.jpg

『あん肝』と『甘エビ』
20131123_maimon07.jpg

『香箱』と〆に『しめ鯖』
20131123_maimon08.jpg

近江町の海鮮丼も美味しいので迷ったのですが鱈の白子をお値打ちに
食べられるお店を考えたらこちらになりました。こちらのお寿司は間違いなしです。

お腹も満足したので「兼六園」にむけて出発しましょう。
Edit
2013.11
25
Category : 石川県
11月23日
結婚記念日だったので北陸の金沢に記念旅行です。
二週間ほど前から旅行を計画していたのですが先日親戚から送っていただいた
蟹は予定外でしたので前記事より金沢の話題が続くことになってしまいました。

早朝5時過ぎに自宅を出発、東海北陸自動車道を北に向かいます。
途中、ひるがの高原サービスエリアに寄り朝食をとります。
周りは雪景色。とても寒いですが気持ちがいいです。
20131123_HIRUGANO01.jpg
この日のために例年より早くスタッドレスタイヤに履き替えました。



久しぶりに世界遺産の五箇山菅沼合掌造り集落に寄ってみました。
20131123_gokayama01.jpg

吐く息は白く冬が近いことを感じさせます。銀色の箱、何だと思いますか?
20131123_gokayama02.jpg

放水銃です。合掌造りを火災から守るため一軒に一基は設置されています。
20131123_gokayama03.jpg

あまりの寒さに身体は冷え冷え。何か温かい物をたべようとお店へ入った。
20131123_gokayama06.jpg

栃餅のぜんざい。
甘みのある栃餅と少しだけ塩っぱいぜんざいがいい塩梅。素朴な味、美味しかった。
20131123_gokayama08.jpg

五箇山豆腐。こちらの地域で作られている堅豆腐です。フキ味噌でいただきました。
20131123_gokayama07.jpg

手作りのお土産が売っています。布で作った野菜などかわいい物がいっぱい。
20131123_gokayama09.jpg

この時の観光客はツアーバスが一台だけ。白川郷に比べると小さな集落です。
20131123_gokayama10.jpg

少しだけ寂しい景色です。
20131123_gokayama11.jpg
雪が降りライトアップされるとまた賑わうことでしょう。

さあ、金沢に向けて出発です。再び高速道路に入りました。
Edit
2013.11
20
Category : 三河エリア
[前回の記事「ぴー散歩4」から続いてます。]

10時30分頃にお散歩から帰宅。
一息してから奥三河の設楽町に原木椎茸を求めてお出かけです。

まずは三河湖周辺へ紅葉を見に行こうと車を走らせていると豊田スタジアム近辺で
まさかの国道通行止。マラソン大会で交通規制をしているではないですか。
迂回する車で大渋滞。おおきなタイムロス。

渋滞を抜けた頃にはもうお昼。そこそこ繁盛していそうなお店があったら入ろう。
しばらく走っていると駐車場の混んでるお店を見つけた。
『お食事処 壱利岐』さん。地元の素材を生かした料理を出してくれるお店のようです。
20131117_200.jpg

こちらは「子持ち鮎定食」。
小鉢の味付けもなかなかいい。卵がパンパンに詰まった鮎の塩焼きは最高です。
20131117_201.jpg

鮎の揚げおろしは餡も絶品。鮎田楽も美味しい。もちろんどちらも卵パンパンだよ。
20131117_202.jpg

こちらは「川魚定食」岩魚が2匹の定食です。
1匹は塩焼きで2匹目は好きな調理方法を選べます。お刺身にしました。
食べて感動、こんなに美味しい岩魚の刺身は初めてだな~。
20131117_203.jpg
このお店、大当たり! 次回は冬期限定の猪鍋を食べに来よう。



三河湖近くの公園に着きました。周辺では四季桜がちらほら咲いていましたよ。
20131117_210.jpg

三河湖から設楽町に行く途中に紅葉のベストスポットがあるんです。
低い滝があります。まだチョット早いみたいですね。
20131117_211.jpg

目的地の『山百合荘豊邦直場所』さん。原木椎茸を栽培販売しています。
遅くに来ると売り切れていますが今回は3パック買うことができました。
20131117_212.jpg
帰りに香嵐渓の紅葉の進み具合をと近くまで行ったのですが大渋滞で断念。
日曜日の朝刊に香嵐渓の記事が出ていてピークは23・24日辺りのようですよ。
20日の朝刊では「小原村の四季桜」も見頃だそうです。


【蟹の話題を少々】
-----------------------------------
お昼前、渋滞に巻き込まれている最中に母から電話がかかってきました。
妻との会話を聞いているとどうやら金沢(北陸)の親戚から蟹が送られてきたようです。
もちろん今夜は解禁となったばかりの蟹を味わう為に実家にGOです。
父は元々金沢出身なんであちらには親戚がいるのです。

実家に着いた時にはもう茹で上がってましたよ。そう、生きた状態で届くのです。
11月6日に解禁になったばかりの蟹さん。ズワイの雌でコウバコといいます。
20131117_301.jpg

お腹には外子と呼ばれる卵を沢山かかえています。
このコウバコ、解禁期間がズワイより短いので今が食べ時なんですよ。
20131117_302.jpg

母がさばくとこうなります。身はしっとりとして甘い。
ミソと沢山詰まった内子はとっても濃厚な味わい。外子はプチプチ。もうたまらん!
20131117_303.jpg

妻がさばくとこうなります。超きれい、君はプロか!自分は・・・お見せできません。
20131117_304.jpg
蟹を送ってくれたIさん。美味しくいただきました。ありがとうございます。


今日は魚卵スペシャルデーだったな。通風になったらどうしよう。なんてね
贅沢な一日でした。

Edit
2013.11
18
いい天気の日曜日、お出掛けするまで時間があったので
朝食をすませてからいつものコースでお散歩です。
外に出たら“寒っ!”まぁ散歩には丁度いい気温かな。

なぜか道中、小鳥さんに出会うこともなくお池に到着。
ここでも小鳥さんの姿は少ない様で鳴き声もあまり聞こえません。
お池では鴨さんの団体が気持ち良さそうに爆睡中。寒いからかな?

しばらく待っているとキセキレイさんがやって来ました。
この枝が気に入ったのか頻繁に行ったり来たりを繰り返します。
美しいのはわかりますが・・・いつもはカワセミ君の枝なんだよ。
20131117_001.jpg

緑に囲まれてボ~っとしながらカワセミ君を待っていると
近くの木に小鳥の集団がやって来てあっという間に大賑わいです。
この小鳥ちゃん達、とてもすばしっこくでなかなか撮影させてくれません。
一羽の子が近くの枝に留まったので話しかけながらカメラを向けると
「何してるの?」と不思議そうにしばらくの間こちらを見ていました。
モフモフで超~可愛いすぎる。おじさんのハート鷲掴み。君の名前は?
20131117_002.jpg
自宅に戻ってから調べると「エナガ」ちゃんという名前らしいです。

どこからかコツコツコツコツ・・・と音がします。
注意深く音の方に近付いてみると・・・コゲラ君です。
どうやらお食事をされているようです。体格のいい大きなコゲラ君でしたよ。
20131117_003.jpg

池の対岸に住んでいる?「荒池の大将」です。
見かける度にカラスと喧嘩しているので勝手にそう呼んでいます。
でも望遠レンズって凄いですね。かなり遠いのに鳥と形がわかるのですから。
20131117_004.jpg
ここの池ではオオタカさんの写真を撮りに来られる方とよく出会います。
でもこの鳥がオオタカさんなのかどうかは自分はわかりません。もっと近くに来て~。

今回はカワセミ君の写真、撮れなっかよ~。
一度だけ目の前を通過したのですがその後は姿を見せず・・・残念!
10時前後に帰宅する約束をしていたので撤収です。

この日は帰宅後、設楽町方面にお出掛けしました。
Edit
2013.11
15
Category : 使用機材
北海道に行く数日前に少しでも綺麗な写真が撮れればと新調したこのカメラ。
オリンパスのE-PL5。40~150mm望遠レンズもセットになってました。
型落ちで安かったしレンズを交換することに少し憧れもあったので。
20131113_001.jpg
コンデジしか使ったことがなかったのでかなり苦戦していま~す。

最近、近所を散歩する時にはこのカメラを連れて行きます。
そう、カワセミ君などの小さい者クラブの仲間を撮影する為です。
でもねセットに付いてる望遠レンズでは遠くのカワセミ君を撮るにはチョットだけ
物足らないんですよね~。(すぐ道具のせいにする悪い癖!)
20131113_004.jpg

少し前の話しですが先月末に誕生日をむかえまして・・・なんと!
妻がこの望遠レンズをプレゼントしてくれました。ヤッホー!ありがとう~。
75~300mm、マイクロフォーサーズとやらの規格では一番の倍率だそうです。
20131113_002.jpg
でもね、買いに行った時の店員さんの話しではこのレンズは暗いだの使用している
カメラとの組合せだと留まっている鳥は写せても飛んでる鳥やダイブするカワセミは
フォーカスが追いつかないから多分難しいなんて事も言ってました。ちょっと不安。
これしか適合する超望遠レンズは無いのでしょ?って感じですが・・・

装着!少しごつくなりましたが持ち歩いても苦にならない大きさと重さです。
20131113_003.jpg

早速カワセミ君を撮影しに行っきました。
上の写真とは留まっている木が違いますが似たような距離です。
大きく写せて嬉しい~。オメメもしっかり見えますよ。もちろんトリミングはしてません。
20131113_005.jpg
あとは腕を磨くだけですね。小鳥や小動物の可愛い表情が撮れたらいいな。

いずれ水から飛び出るカワセミ君を撮る日は来るのでしょうか。
Edit
2013.11
10
Category : 東濃エリア
お義母さんは岐阜県多治見近郊で一人暮らし。
近所にはスーパーマーケットがあり食料品には困りませんが
園芸用品や手芸用品などの取り扱いはしていないので今日は一緒に
買い出しに出掛けました。車じゃないとちょっと遠いんですよね。

目的の買い物を済ませたのですが雨の止む様子はありません。
紅葉狩りは無理のようです。

以前テレビで紹介されていた岐阜県八百津町の肉屋『御嵩屋』さんの事を思い出し
行ってみることに。そこのお店で販売している「炭火焼豚」が美味しいんだってさ。

八百津町に入ってしばらく走っていると気になるお店を発見。『後藤食品』さん。
20131110_001.jpg

このお店、野菜から果物、鮮魚など他にも食料品が所せましと並んでおり
お客さんも沢山いましたよ。しかもかなり安い。ヘボとは蜂の子のことです。
20131110_002.jpg

お店の中に入ると「松茸市場」の看板が!
20131110_003.jpg

そこには松茸の山がありました。
八百津は松茸の産地で有名ですが凄い量です。左側にもずら~と並んでいました。
20131110_004.jpg

手前の大きな2本組みが25000円です。朝取りらしいですよ、どうですか。
20131110_005.jpg

今年最後の松茸ということで奮発して購入。
早速食べてしまうか冷凍して正月用にするかは現在考え中です。
20131110_006.jpg

10月末に木曽方面に出掛けた時、既に松茸の時期は終了していたので
今年は諦めていたのですがここに来れば手に入ったのですね。
最近は食材偽装が話題となっていますが産地偽装はないですよね!

そう思えば肉屋さんの話しはどっかいちゃいましたね。焼豚と角煮を買いました。
Edit
2013.11
05
Category : 三河エリア
香嵐渓の紅葉情報【11月4日】です。

こちら方面に出かけついでに香嵐渓の紅葉の様子も見てきました。
少しづつ色づき始めていますがまだまだですね。『過去記事』はこちら。
20131104_001.jpg

一本の木に何色あるのでしょうか。この時期ならではの光景です。
20131104_002.jpg

「待月橋」と紅葉。
20131104_003.jpg

緑の葉っぱがほとんどでした。見ごろはやはり11月中旬以降ですね。
20131104_004.jpg

もみじの色に関わらず「香嵐渓もみじ祭り」は11月1日から始まっているわけでして。
露天や特設のお店なども出ているのでそれだけでも楽しめますよ。
20131104_009.jpg

ここは『菓子処 加東家』さん。足助の古い町並みにお店を構えていますが
もみじ祭りの期間にはこの場所に支店がでます。
20131104_010.jpg
「紫蘇饅頭」と「黒砂糖饅頭」を購入。この「紫蘇饅頭」は絶品なんですよ。
20131104_011.jpg

奥に進むと大広場があります。
何やら人が集まっている。覗いてみるとお猿さんが芸をしていました。
20131104_012.jpg

更に奥に進むと食べ物屋さんが沢山あります。足助といえば五平餅。
20131104_012a.jpg

もみじ祭り限定の特設売店です。
20131104_013.jpg
子持ち鮎、お腹の中のほとんどが卵でした。美味しかったです。
20131104_013a.jpg

こちらの建物も特設です。普段はただの広場なのです。
中国人の職人さん達が腕をふるっていますよ。刀削麺の削出しは一見の価値あり。
写っていませんがの左側では胡麻団子などのスイーツ系?も売っています。
20131104_014.jpg

水餃子と肉まんを購入。昼食にうどんを食べてきてしまったので刀削麺は断念。
20131104_015.jpg

ここは「三州足助屋敷」に隣接しているカフェ『堅香子(かたかご)』さん。
テラス席では渓流を眺めながらまったりすることができます。
20131104_017.jpg
紅葉には早いですがそれなりに楽しむことができました。

これから「香嵐渓」に出掛けられる方の参考になれば幸いです。
今月いっぱいはPM9:00まで夜間ライトアップをしていますよ。
Edit
2013.11
03
Category : 名古屋市内
今夜は久しぶりに回転寿司に行きました。北海道の『花まる』さん以来です。

訪れたのは『まわる寿司 もりもり寿司』さんの新瑞橋店。
石川県の金沢市から進出してきたお店です。
名古屋に居ながら近江町の味が堪能できる素敵な寿司屋さんなのです。

並ぶのは嫌だしネタ切れの心配もあるので早めに入店。すんなりとテーブル席へ。
20131102_001.jpg

タッチパネルで注文します。すると上のレールに握り立ての寿司が運ばれてきます。
20131102_002.jpg

金沢からのお店らしく北陸のネタが豊富です。
20131102_003.jpg

まずは「のどくろ」から。
すぐに売り切れてしまうので最初に注文。北陸のお寿司には外せません。
20131102_004.jpg

富山名物の「白えび」の軍艦。トロ~リ甘くて幸せ~。
20131102_005.jpg

「もりもり三点盛り」です。「ぼたん海老」に「生うに」に「本鮪大とろ」・・・うにデカッ!
一番の高い三点盛で1365円。奮発してしまったがその価値は十分あります。
20131102_007.jpg

「白えびのかき揚げ」。唐揚げと間違えて注文しちゃった。でも美味しい。
20131102_008.jpg

「がすえび」「白えび」「甘えび」の「北陸えび三点盛り」です。
「がすえび」は足が早いので地元以外では中々味わうことが出来ません。
20131102_009.jpg

「ずわい蟹」「蟹みそ」「生ずわい蟹」の「かに三点盛り」。
北陸といえばずわい蟹です。でも解禁日は6日だよね?美味しいからいいか。
20131102_010.jpg

今度は間違えずに注文した「白えびの唐揚げ」。そうそうこれが食べたかった。
20131102_011.jpg

「あん肝」です。臓物系大好き!
臭みはまったく無く濃厚な味。もみじおろしの辛みが効いています。
20131102_012.jpg

「生帆立」です。甘さが口に広がります。
20131102_013.jpg

「かわはぎ」。上には肝がのっています。淡白な身と肝が絶品!
20131102_015.jpg

〆には〆鯖。酢っぱ過ぎず締め加減も丁度いい。
20131102_014.jpg
もう少ししたら「鱈の白子」もでてくるので楽しみです。

お勘定を済ませて店を出るとこの行列。70分待ちだって、人気あるね。
20131102_016.jpg

ご馳走様でした~。
いやいや、美味しくいただき金沢に行った気分が満喫できました。
でもね、逆に金沢に行きたくなってしまいました。

最近はこちらのお店の様な本格的なお寿司を提供してくれる回転寿司が
増えて嬉しいですね。値段も手ごろなのが尚いいです。




Edit
2013.11
01
Category : 食パン作り
開田高原の野菜直売所でバジルの葉っぱを買いました。
以前に作ったバジル食パンが好評だったので今回も作ってみよう。
20131030_001.jpg

これは陶器製の食パン型。今回はこれを使います。
8年程前に入手したもので愛知県半田市の常滑焼を作っている会社が製造販売
していました。最近はずっと使っていなかったので数年ぶりの登場です。
20131030_002.jpg
現在では『クオカ』のみで取り扱っているみたいですよ。

細かく切った生バジルを練り込んだ生地を一次発酵後にパン型にド~ン!
油脂は型に塗る程度で生地には一切入っていません。表面がデコボコだ~。
そうそう、陶器はとっても冷たいので事前にお湯で温めておきます。
20131030_003.jpg
パン型の上っ面辺りまで膨らんだら二次発酵は終了です。

焼成に入ります。陶器は熱伝導が悪いので普段より長めに焼きます。
その分、上部が焦げてしまうので焼き目が付いたころにアルミ箔で蓋をして
焦げを防止します。面倒くさいでしょ~。小麦粉は北海道産です。
20131030_004.jpg

焼き上がりは金属製のものとは一味違います。遠赤外線の効果もあるらしいですよ。
20131030_005.jpg

冷めたので切ってみましょう。バジルがフワ~っと香ります。
20131030_006.jpg

クラストはさくさくクラムはフワフワ~。今回も大好評でした。
石釜仕立てと勝手に呼んでいます。陶器製恐るべし。
20131030_007.jpg
陶器は温まりにくい反面冷めにくい為、一度熱くなってしまえば温度にムラが
生じにくいのがいいみたい。小麦粉の甘みも引き立てられている感じがします。

陶器製パン型、美味しく焼けるのですが重いし落としたら割れちゃうし・・・
冷めるの遅いからなかなか片付けられないし・・・。
今後の出番も少ないことでしょう。


------- 押して頂けると嬉しいです。 -------
 ブログランキング・にほんブログ村へ