RSS
Admin
Archives

ぴしくるの日記

日々の暮らしの中で『季節感不足』を解消するため週末には『旬』を求めてお出掛けするのが楽しみです。

プロフィール

ぴしくる

Author:ぴしくる
---------------
名古屋在住、夫婦共働きの二人暮らし。
週末には旬の食材、美味しい蕎麦、
温泉を求めて(たまに魚釣りも。)
小旅行を楽しんでいます。

☆当ブログはリンクフリーです。

最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
出会った野鳥さん
Blog Ranking

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 東海情報へ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
Edit
2013.04
28
4月27日、今年二回目の開田高原に行ってきたよ。

開田高原の水芭蕉、もう終っちゃったかな?よ~し見に行こう。
っということで朝6:40に自宅を出発です。
今日はゴールデンウィーク初日なので中央道の渋滞が心配したが
たいした混みもなく8:20中津川IC到着。

予定より早い時間なので『ちこり村』に寄ることに。
こちらは『サラダコスモス』さんの運営する施設でチコリを中心としたお土産や
旬の野菜を使った農家のお母さんが作るビュッフェスタイルのランチが楽しめる
「バーバーズダイニング」が人気です。最近は団体客が多く延遠くなりましたが・・。
殻付きのマカダミアナッツがお気に入りで買っちゃいました。
13042701_CHIKORI01.jpg
“つぼみ”みたいなのはチコリの模型って・・・でかすぎだろ~。

9:00頃『道の駅 きりら坂下』に。地元の朝取れ野菜が目的です。
この時間に来ると、農家の皆さんがどんどん野菜を運びこんでいます。
掘り立てのタケノコをGETです。帰宅する頃には掘り立てじゃありませんが・・・。
13042702_KIRIRA01.jpg
建物の正面で新鮮野菜が売られます。   「花馬祭り」の馬の銅像。


開田高原の玄関口にあたる木曽福島の『ふるさと体験館』です。
こちらでは蕎麦打ち体験や農業体験、他にもいろいろな体験メニューがあります。
自分達はここで栽培している原木椎茸がお気に入りです。
13042703_TAIKEN01.jpg
右側の写真で左の建物がショップです。右奥の体育館みたいなのが体験館?です。

何だか急に曇ってきて暴風が吹き始めてきました。寒いな~と思ったら
なんと雪が降ってきたよ。それも吹雪、ヒェ~。
スタッドレスからノーマルにタイヤ履き替えたばっかじゃーん。
13042704_YUKI.jpg
水芭蕉を見に行く予定でしたが降雪のため先に温泉に向かうことに。
温泉に着いた頃に雪は無事止みました。凍結しなくてよかった。

今回の温泉は『御嶽明神温泉 やまゆり荘』です。
13042705_YAMAYURI01.jpg

行きたい蕎麦屋さんがあったのですが昨年から営業を休まれていて
今日もうかがったのですがお休みでした。どうしちゃったのか心配です。
この施設内にある食事処も美味しいのでこちらで昼食です。
13042705_YAMAYURI02.jpg

ふき味噌豆腐。
ふきの香りとちょっと甘い味噌が絶品です。ふき味噌もこちらの手作りです。
13042705_YAMAYURI03.jpg

自分が注文した「ざる蕎麦」です。開田産蕎麦粉使用の手打ち。
温泉施設内の食堂ですがさすが開田高原の蕎麦、美味しいです。
13042705_YAMAYURI04.jpg

妻と母の注文した「すんき蕎麦」。「すんき」もそろそろ終盤です。
麺が柔らかめなのが残念でしたが、だしの効いた汁と「すんき」が美味しい。
13042705_YAMAYURI05.jpg


温泉に続く通路。今回は手前が男湯で奥が女湯でした。(日替わりです。)
旦那ガッツポーズ。手前側は露天風呂が大きく御嶽山を望む景色が最高なのです。
・・・でも今日は雲で何も見えませんでした。残念。
13042705_YAMAYURI06.jpg
泉質 :ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩・硫酸塩温泉(中性低張性高温泉)
湧出量:170リットル/分 泉温:47.5℃ 天然かけ流し
湯は茶褐色で鉄分が含まれているせいか錆臭いように思えます。
(無色透明なお湯が空気触れて鉄分が酸化して茶褐色になるらしい。)
内湯の湧出しに飲用できるようコップが設置されています。
案の定、鉄の味がします。まずいですが効能を見ると飲まずにいられません。





温泉から帰り道、お気に入りの美味しい五平餅屋さんがあります。
おじゃましたのは『岩魚や五平』さんです。いつもは混んでいますが
今日は天候が悪いためか我々だけでした。
13042710_GOHEI01.jpg

なかなか味のあるお店です。素敵です。
13042710_GOHEI03.jpg

庭には食事のできるテーブルがあるのですが天気のいい日の限定です。当り前か。
小川があり「山葵」や「行者にんにく」が育っていました。
13042710_GOHEI04.jpg

「岩魚」と「五平餅」を注文。すぐにお漬物がでてきました。
浅漬けと野沢菜を赤カブです。どれも塩梅よく美味しいです。
13042710_GOHEI10.jpg

岩魚です。まだピクピク動いています。
13042710_GOHEI11.jpg

炭火でじわりじわり・・・遠赤外線で骨までじっくり。
13042710_GOHEI12.jpg

五平餅。右が味噌を塗る前。左は味噌を付けて更に焼きます。奥は岩魚。
13042710_GOHEI13.jpg

全体の雰囲気です。妻と母が焼けるのを楽しみに待っています。
13042710_GOHEI14.jpg

五平餅、焼けました。味噌が膨れてプクプクです。
真ん中はヨモギ入りです。味噌は胡麻味で香ばしさがたまりませ~ん
13042710_GOHEI15.jpg

岩魚が焼けました。
脂が乗ってて身はふわふわ、塩加減も魚の味を引出すくらいの量で丁度良い。
骨も頭も柔らかく全て食べてしまいました。残ったのは串だけでした。
13042710_GOHEI16.jpg
落着いた雰囲気。ご主人の人柄もいいので心地良い時間を過ごせました。
本当に美味しかった。ご馳走様、また来ます。




天気も回復したので水芭蕉を見に『水生植物園』に行きます。
植物園といってもただの遊歩道付き湿原地です。
13042712_SITUGEN02.jpg

水芭蕉、咲いていました。
雪焼けしたのかツボミのまま黄ばんでいました。かわいそうに&残念
13042712_SITUGEN04.jpg


今回の開田高原の小旅行、季節はずれの降雪などありましたが
少し遅い山里の春を感じて楽しく過ごすことが出来ました。
開田高原、自然も食も人間も素晴らしいところだなと再認識しました。
また季節の移り変わりを感じに行こうと思います。



------- 押して頂けると嬉しいです。 -------


ブログランキング・にほんブログ村へ  





Edit
2013.04
26
Category : 南信エリア
<其の四:恵那編>

<南木曽編>からの続きです・・・。

妻が恵那の『銀の森』で“野菜出汁”とやらを買いた~い。
ということで寄ることに。
もう午後4時近くなので駐車場はそこそこ空いてました。


銀しゃり本舗の本社・工場がある約2万坪の敷地全体がガーデンパークになっており、
その中でショップが集まるエリアが『恵那 銀の森』です。・・・棒読み~。
GINNOMORI01
レストラン・土産屋・洋菓子店・和菓子店・佃煮店があります。



最初にお土産屋の『銀の森ショップ』で目的の“野菜出汁”とやらを購入することに。
GINNOMORI02
入って右手が『銀の森ショップ』、左手がレストラン『森の食卓』です。
GINNOMORI03
ここのレストランのビュッフェが人気らしいですよ。



緑に囲まれた遊歩道を散策しながら買い物を楽しめます。・・・ここも棒読。
GINNOMORI20

                所々にかわいい作品も。
                GINNOMORI21

川もあったりします。
GINNOMORI22

今はチューリップが主役みたい。
GINNOMORI24



和菓子の『みくりや』さんです。
GINNOMORI06
恵那にはこちらのような栗を使った御菓子のお店がたくさんあります。



佃煮のお店『おくど』さんです。
GINNOMORI07



洋菓子のカリテレモンさんです。
GINNOMORI08

アップルパイやチーズケーキ、ジャムなどを作って売っています。
GINNOMORI09
試食も楽しみの一つです。

中庭もお花がいっぱいでがかわいいね。
GINNOMORI11
『銀の森ショップ』でもアップルパイやチーズケーキは売ってますが工場で製造された
もので日持ちするように工夫がしてあるんだって。
こちらのお店は賞味期限がちょいと短いけど作りたての味が楽しめるのが
目的に合わせて購入するのがいいかも。

そうそう、あんた達が買った“野菜出汁”ってどんなやつ?って思われた方、
詳しいことはこちらのHPをみてね。⇒『恵那銀の森』


これにて「信州平谷温泉ひまわりの湯に行ったよ。」は完結です。

いよいよゴールデンウィークですね。何の予定も立ててないです
たぶん近場の小旅行に出かけることでしょう。でわでわ
ベランダにグリーンカーテン用のゴーヤの苗でも植えようかな・・・。

------- 押して頂けると嬉しいです。 -------


Edit
2013.04
24
Category : 南信エリア
<其の参:南木曽編>

<花桃編>からの続きです・・・。

国道256号を南木曽方面に向かいます。この道は「花桃街道」と呼ばれています。
多治見まで高速を使わず一般国道で道草しながら帰る時のルートです。

雲の隙間から青空がのぞくようになってきました。
気持ちよく運転をしていると前方に立派な枝垂れ桜が見えます。ちょっと寄り道。

おじゃましたのは長延寺さん。すばらしい枝垂れ桜です。
130421choenji1

130421choenji2

130421choenji3

この日、お寺では桜祭りが開催されており手打ちうどんと料理をご馳走になりました。
偶然に寄った私達にも美味しいお料理を振舞って頂きありがとうございました。
手打ちうどん、本当に美味しかったです。
130421choenji5

お寺のお池の水芭蕉。
130421choenji6

                 土筆がツクツクと。     
                 130421choenji7

ワラビ発見。今年の第1号。
130421choenji8

そろそろ出発です。

国道19号線に入ります。

皆さん、緑色の桜の花を見たことありますか?
今年も咲いてるかなぁ~?と道の駅「賤母」に寄ります。
130421_sizumo1

咲いていました。誰にも注目されず?地味に満開です。
130421_sizumo2

ピンク色になりかかっている花もあります。この色合いがたまらなく好きです。
130421_sizumo3

この八重桜は「御衣黄(ぎょいこう)」なのでしょうか?
知っている方、教えてくださいね。
130421_sizumo4

130421_sizumo5


南木曽編はここまでです。
次回は恵那編「銀の森」さんの記事を書こうと思います。

今日は「ぴしくるの日記」を始めて一ヶ月の到達記念日です
自分の記事を公で発信するのは初めてでしたし不安もありましたが
皆さまのお陰でアクセスカウンターも200を超え嬉しいかぎりです。
ありがとうございました。これからもよろしくね。


------- 押して頂けると嬉しいです。 -------



Edit
2013.04
23
Category : 南信エリア
<其の弐:花桃編>

<温泉・蕎麦編>からの続きです・・・。

お蕎麦屋さんから園原の「花桃の里」へ車を走らせます。
途中、昼神温泉郷周辺の花桃が満開なので寄ることに。
朝市も一度見てみたいと思っていました。もうお昼ですが・・・

昼神温泉郷の景色。
130421_HIRUGAMI1
朝市、少しだけやってました。スティック胡瓜を食べたよ。

ジャスト満開NOWです。
130421_HIRUGAMI2

130421_HIRUGAMI3

花桃の花って美味しそうに思うの私だけ~?砂糖菓子みたい。きっと甘い!
130421_HIRUGAMI4

130421_HIRUGAMI5



園原「花桃の里」の様子です。
まだ咲き始めですね。駐車場に車はほとんどありません。
130421SATO1
日本の花桃はここに植えたのが始まりらしいですよ。

鯉のぼりもメザシの様です。
130421SATO2

ゴールデンウィークあたりが満開かな。楽しみですね。
130421SATO3
【4月21日に撮影した写真です。最新の開花情報は最寄の施設にご確認ください。】


今回はここまでです。
次回は国道256号線(花桃街道)を通り南木曽方面へ向かいます。
皆さん、緑色の桜をご存知ですか?


------- 押して頂けると嬉しいです。 -------



Edit
2013.04
22
Category : 南信エリア
<其の壱:温泉・蕎麦編>

4月21月(日)多治見市近郊に住んでいる妻のお母さんと3人で
温泉と美味しい蕎麦と綺麗な花桃を求めて南信州に行ったよ。
朝からあいにくの雨。午後から晴れの天気予報を信じて8:30母宅出発。
多治見ICから園原ICまでは高速道路を走行、一般国道153号線を南下し
10:00に『平谷温泉ひまわりの湯』に到着です。
130422ひまわり1
泉質はナトリウム炭酸水素塩温泉(重曹泉)で無色無臭。
別名「美人の湯」と呼ばれるだけあってお肌ツルツルを超えてニュルニュルって感じ。
お湯から出た後もスベスベです。いいお湯です
露天風呂も広々としていてゆったりできます。大好きな寝湯はありませんが・・・。

隣接する施設に農産物直売場『ひまわり市場』があります。
地元の野菜や特産品などが豊富です。
130422ひまわり3

旬な山菜がならんでいました。
130422ひまわり4


温泉も堪能できたし、旬の山菜も購入したし・・・。
いよいよお蕎麦屋さんに移動です。国道153号線を北方向に戻ります。

おじゃましたお店は『そば処おにひら本店』さんです。
こっち方面に来た時はいつもここ。夫婦お気入りのお店です。
到着したにが11:30ということもあり駐車場にはすんなり入れましたが
その後あっという間に満車になってしまいました。
130422おにひら1

野菜、果物、特産物などお土産物も豊富です。我家ではよく果物を買います。
130422おにひら2

こちらでも山菜が沢山売っていました。
130422おにひら3

いよいよ入店。ライダーの方が多いです。スカッと晴れればいいね。
「ざる蕎麦」「わさび蕎麦」「馬刺し」「天麩羅盛り合わせ」を注文。

まずは旦那お気に入りの馬刺しが登場!生姜醤油でたべます。
臭みなどは全く無し。少し噛み応えがありますが噛めば噛むほど甘味が出る感じ。
130422おにひら10

ざる蕎麦です。信州のそば粉に地下50㍍からくみ上げた水を使用しているとのこと。
田舎蕎麦好きの自分にとってはこの風味がたまらない。硬さも柔らか過ぎず調度よい。
つゆは濃い目に作られているが甘口ではない。だしが効いていて旨味が最高。
(これは自分の勝手な感想です。“違うだろ~”っと思われたらゴメンナサイ
130422おにひら11

妻が注文した葉わさび蕎麦です。葉わさびの醤油漬けがのっかってます。
わさびの辛さがツ~ンと抜けてとても美味しいです。
蕎麦はもちろんですが、やっぱ汁の味がとってもいい
130422おにひら12

天麩羅盛り合わせです。相変わらずサクッと揚っています。熱々です。
大きな海老と季節の野菜や山菜がてんこ盛り。この季節を待ちわびてまいた。
130422おにひら14

美味しい蕎麦、ご馳走様でした~。満足満足!


今回のルートですがこの後
昼神温泉郷⇒花桃の里⇒(国道256号・国道19号)⇒恵那銀の森
に行ってまいりました。
花桃開花情報など続きは次回<花桃編>にしますね。


------- 押して頂けると嬉しいです。 -------
 


Edit
2013.04
20
Category : 食パン作り
我家の朝食パン(妻専用)を紹介しちゃいます。
なぜ妻専用かって?
旦那専用は訳ありでGI値の低い全粒粉パンを作るからなのです。

毎朝食べるパンなので週一くらいのペースで作ります。
とにかく楽に作りたいのです。生地をさわりたくないのです。
洗い物が多くなるのもいやなのです。
ならホームベーカリー使えばって?
以前は使ってました。が、焼きあがったパンに羽根の穴が空くのがイヤ!
という理由で捏ね機能しか使わなかったぜ。ワイルドだろ~(死語化?)

前置きがながくなりました。

まず材料ですが食パンには国産小麦粉を使います。キタノカオリがマイブーム。
イースト菌はパネトーネマザーを使っています。
この菌、パンの香りがいいのと自分の勝手な感想ですが日ごとの味の変化が
天然酵母パンと似ていて熟成された3日目くらいからがさらに美味しくなる。
あとはパンが日持ちする。冷蔵庫で10日は持ちます(補償はできませんが・・)。
砂糖はヨーグルトについてるやつ。8gで使い切り、便利です。
画像にはありませんが塩を少々、牛乳と水5:5で油脂は入れません。
20130419材料

捏ね器で捏ねた後、ビニール袋を手袋のようにして生地を掴み取ります。
保温状態の炊飯器の上で一次醗酵(定番の醗酵器)。
20130419一次発酵

パンケースに油脂を塗るのが面倒なのでオーブンシートを加工して
ケースにすっぽり入るようにします。
“これ作るほうが面倒だろ~”とつっこまれそうですが一度作ると3回はいけます。
20130419ケース

一次醗酵終了後の生地をビニール袋の上から押して空気抜きをしてパンパン叩いて
パンチング。5分ほど休ましてからビニール袋を裏返すようにパンケースに投入します。
二次醗酵。乾燥する時は軽く濡らしたキッチンペーパーを被せます。
20130419二次発酵

オーブンレンジで焼きま~す。焼けました!
20130419焼成

表面の仕上がりはそれなりです。いいんです、そうゆう製法なんです
20130419焼上り

味?まだ食べてませ~ん。
いつものパンなので妻も美味しいと言ってくれるでしょう。(最近褒めてくれません・・)




Edit
2013.04
16
Category : 伊勢・志摩
志摩に来たかった理由の一つが釣り場の偵察です。

ターゲットは春に産卵のため浅場に寄ってくるアオリイカ。
ワクワクで奥志摩の防波堤に着きましたが釣り人は誰一人いません。
海水温も低そうだし地面にイカの墨跡もありません。
まだちょっと早いか・・・。

せっかく来たので竿を出しましたが予想通りの釣果でした。
夕方まで粘ったのに残念!!
妻がアオリイカの姿を確認した(らしい)ので居るには居るみたい。

晴れた空、きれいな海、心地のよい風、美味しい食事。
それだけで十分じゃないですかw。

気を取り直して「美味しい食事」のお店に向かいます。

訪れたのは鵜方の『日本料理 鯛』さんです。
美味しいお造りを食べたい時は迷わずこちらに来ます。
20130413鯛1

20130413鯛2



自分は『造り盛合せ(上)』『トマトサラダ』『ご飯』を単品で注文。
20130413鯛6
刺身の角が美しい。 このお店、サラダも美味しいんです!


妻は『海の幸御膳(竹)』を注文。
20130413鯛3
通常は一品づつ順番に出されますが写真を撮るならと全品出してくれました。
(猫舌の妻には願ったり叶ったり

20130413鯛5


20130413鯛4
妻お気に入りの鯛茶漬け(右上の椀物)は胡麻の風味が絶品。


本日はとても贅沢な一日を過ごすことができました。
今から名古屋に帰るの面倒だなぁ~ゲッソリと思いながら家路に。

『伊勢志摩へ行ったよ。』はこれにて終了です。



Edit
2013.04
15
Category : 伊勢・志摩
内宮でお参り後、『おはらい町通り』と『おかげ横丁』を散策します。

まだ早い時間なので観光客も少ないですが11時頃には大賑わいでした。
oharai1

ご存知、赤福本店です。
oharai2

おもしろいもの発見!伊勢海老の鯱?
oharai3
oharai5
                 oharai4


おかげ横丁の入り口。
okage1

おかげ横丁内の赤福のお店。
そろそろ『赤福ぜんざい』から『赤福氷』にのぼり旗がかわる時期です。
okage7

版画屋さんののれんです。            しめかざり
okage8 okage9
伊勢志摩では、しめかざりを一年間かけたままで過ごす風習があります。



そろそろお昼ですので予約している志摩のお店に移動します。

志摩市役所近くの『和食処みやぎ野』さんへ。
130413みやぎ野1

妻は『週代わりお楽しみランチ』を注文。
130413みやぎ野2
かわいい小鉢など見た目が上品で綺麗。
特に天麩羅が美味しい。ご飯の山椒ちりめんもなかなかいい。
もっちもちの豆腐、玉子焼きどれも上品な味付けで美味い。
とにかく大変お値打ちなランチです。

自分は『海鮮掛け丼』を注文。
130413みやぎ野3
何種類の魚介類が入っているのだろうか。
たれは甘すぎに思えたので少なめにかけましたが素材そのものが美味いので
大変満足できました。アオサ汁、好きなんだよね~。

初めてお伺いしたのですが再度立ち寄りたいお店です。

晩御飯の記事は次回にします。



Edit
2013.04
14
Category : 伊勢・志摩
一ヶ月ぶりに二人そろっての土曜日休み~。
うまい魚が食べた~い!と言うことで伊勢志摩にでかけたよ。

最初の目的地はやはりお伊勢さん。
名古屋を6:30に出発して国道23号線を走ること3時間程で
内宮近くの駐車場に到着。

五十鈴川沿いを歩くことに。
天気も好く程よい風。鯉のぼりも気持ち良さそうに泳いでいるね。
isuzugawa1

isuzugawa2

内宮の宇治橋鳥居。
jinguu1

宇治橋からの眺めです。
jinguu2
jinguu3

白地に赤く~日の丸染めて~・・・思わず口ずさんじゃいます。
ところで最近の子供達はこの歌知ってるのかな?
jinguu4

第一鳥居と手水舎です。
jinguu5

神楽殿です。お札やお守りを受ける人が大勢。
jinguu7
jinguu8

正面が正宮。階段から先は撮影禁止の為ここまでです。
jinguu9

今年は20年に一度の式年遷宮。新しい正宮はここに建てられます。
jinguu10

宇治橋の擬宝珠の秘密をご存知ですか?
16基ある擬宝珠の内、この擬宝珠には神札が納められているらしい。
触って帰るといい事があるかも。
jinguu11

今回は伊勢神宮の話しでおしまいです。
うまい魚の話しはまた後日・・・。

Edit
2013.04
08
・いよいよ完結! 焼いちゃいますよ。

・・・昨日の続きからです。

本捏ねに入ります。
・強力小麦粉200g ・砂糖8g ・塩小さじ2/3 
・完成した中種全部 ・水100㏄
材料をドバッと捏ね機に投入しコネコネします。
本捏1

生地が捏ねあがりました。
本捏2

一次発酵です。生地をビニール袋に入れて温かい所に置きます。
(保温状態の炊飯器の横に置きました。)
一次発酵1

生地が1.5倍程に膨れたら一次発酵完了です。
一次発酵
生地をつぶし平手でペンペンして空気抜きをします。

二次発酵です。
生地を適当に分割し丸めてオーブンシートに並べます。
生地の上に軽くラップをかけ乾燥を防ぎます。
二次発酵1

生地がふっくら膨らんだら二次発酵終了です。
200℃で20分程オーブンで焼きます。
二次発酵2

完成です。見た目はかなりいい感じ
完成

いただきま~す。
う~ん、まいう~。
もちもちで濃厚な味わい。
例えるならチーズを混ぜたような風味。
相方(妻)からも好評でした。

これにて『酒粕酵母でパンを作ろう』は完結です。
お付き合いありがとうございました。



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
Edit
2013.04
07
・中種を作ろう。

96時間が経過しました。
一気に酵母菌が増殖した様でプクプクしてます。
酒粕酵母05a日目
これで酵母エキスは完成です。

次は中種を作ります。
ボールに酵母エキス40ccと強力粉40gを混ぜてラップをかけて
暖かい場所に置きます。(保温状態の炊飯器の横に置きました。)
中種前

2時間程経過した状態です。中種が完成しました。
中種後
次に本捏ねに入りますが・・・・・

都合で続きは明日にします。



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
Edit
2013.04
06
・酵母菌が繁殖するのを長い目で見守る。

72時間が経過しました。
上澄みの濁りは昨日とあまり変化していませんが
撹拌するとシュワシュワが強くなってきました。
匂いはお酒のいい香り。順調に繁殖しているようです。

酒粕酵母04日目
混ぜる前                    混ぜた後


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
Edit
2013.04
05
・酵母菌が繁殖するのを引き続き見守る。

48時間が経過しました。
上澄みが濁ってきました。
撹拌するとシュワシュワ言ってますがまだ小声です。
ここで好物のエサを与えます。お砂糖4g入りました~。

酒粕酵母03日目
混ぜる前                    混ぜた後
Edit
2013.04
04
・酵母菌が繁殖するのを見守る。

24時間が経過しました。
酒粕は沈殿し上澄みは透明です。
撹拌すると微かにシュワシュワします。

酒粕酵母02日目
混ぜる前                    混ぜた後

酵母菌が繁殖するには少し気温が低いかな。
Edit
2013.04
03
・酵母菌を育てるための準備をしよう。

3/31に『ほうらいせん吟醸工房』で購入した酒粕で酵母菌を起こし
天然酵母パンを作ってみよう。 っという事でさっそく始めてみました。
そこで酵母菌観察日記を書こうと思います。成功するかなw。

まずは酵母菌を育てるための準備をします。
分量などはぜんぜん適当なので素人の実験として見てねw。

ジャムなどの空瓶を煮沸消毒した後、水を200㏄程度入れます。
(使用する水は一度沸かしてカルキをとばしました。)

細かくした酒粕を30g入れ軽く溶けるまで混ぜます。
清潔なガーゼで瓶の口を覆い輪ゴムで止めたら放置するだけ。
酒粕酵母01日目
混ぜる前                    混ぜた後

元気な酵母菌ちゃん誕生してくれるかなぁ?
Edit
2013.04
01
Category : 三河エリア
3月31日、温泉と蕎麦をもとめて稲武に行ってきたよ。

AM10:30頃に道の駅『どんぐりの里いなぶ』に到着。
施設には『どんぐり横丁』という新鮮野菜などの販売所があり
地元産の旬な食材も売ってます。肉厚な椎茸を購入しました。

AM11:00、ちょっと早いけど近くの蕎麦屋さんに移動。
他に客はおらず貸切状態だと思いきや20分後には満席状態。

ざる蕎麦と海老天麩羅ざる蕎麦を一枚ずつ注文しました。
天麩羅は2人で仲良く半分こ~♪。海老が超ロング~w。
130331さぬき亭天婦羅蕎麦2
相変わらず美味しい蕎麦にサクサクの天麩羅。ん~まいう~。


お腹もふくれたので稲武温泉『どんぐりの湯』に移動。
2011年にリニューアルされたきれいな施設です。
130331どんぐりの湯
泉質は単純泉、低張性弱アルカリ性温泉でやや黄色いお湯。
お肌ツルツル感、若干あり(微妙な表現)。
内風呂と露天風呂に寝湯スタイルの浴槽が有りとっても


名古屋へ戻る途中で『ほうらいせん吟醸工房』へ寄り道し酒粕を購入。
130331蓬莱泉吟醸工房
酒粕で酵母菌を培養しパンを作ってみよう。っと思い立ったので。
もしかしたら名酒『空』の酒粕かも?美味しいDNAを持っているに違いないw。
ちなみに麹菌と酵母菌、響きは似ていても違う菌ですから~。


香嵐渓の桜はどうかなぁ~?ということで寄る事に。
紅葉の名所ランキング一位の香嵐渓の現在の様子です。
130331香嵐渓
あんまり桜の木は無いんだよね・・・。

香嵐渓はカタクリの群生地なんだよ。現在の様子・・・もう終わりかけだね。
130331カタクリ群生
例年なら今頃が一番綺麗なのに今年は1週間程フライングしたらしい。