RSS
Admin
Archives

ぴしくるの日記

日々の暮らしの中で『季節感不足』を解消するため週末には『旬』を求めてお出掛けするのが楽しみです。

プロフィール

ぴしくる

Author:ぴしくる
---------------
名古屋在住、夫婦共働きの二人暮らし。
週末には旬の食材、美味しい蕎麦、
温泉を求めて(たまに魚釣りも。)
小旅行を楽しんでいます。

☆当ブログはリンクフリーです。

最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
出会った野鳥さん
Blog Ranking

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 東海情報へ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
Edit
2017.05
07
Category : 中信エリア
「GW旅行は乗鞍高原!」 2日目は上高地

午前7:30、沢渡バスターミナルから上高地行きのバスに乗ります。
GWの混みは嘘のようになくここから乗車したのは自分達を含め5組ほどでした。
20170430_0000.jpg
OLYMPUS STYLUS XZ-10

やって来ました大正池
手漕ぎボートが写るこの景色が好き。 鏡面でないことが残念です。
20170430_0001.jpg
OLYMPUS STYLUS XZ-10

上高地には単焦点の300mm望遠レンズを持ってきたかったのですが観光地には
そぐわないデカさなので今回は75-300mmズームレンズを連れてきました。
20170430_0002.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

まだ雪の残る遊歩道。
20170430_0003.jpg
OLYMPUS STYLUS XZ-10

青空に映える焼岳。  快晴で気分爽快。
20170430_0004.jpg
OLYMPUS STYLUS XZ-10

大正池と言えば枯立木。
20170430_0005.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

オシドリ夫婦が目の前を通過。
20170430_0006.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

遊歩道は完全な雪道です。
それを知らずに皮靴で歩く不憫な観光客の姿も。 おおっ、転んでるよ。
20170430_0007.jpg
OLYMPUS STYLUS XZ-10

田代湿原も雪解け中。
20170430_0008.jpg
OLYMPUS STYLUS XZ-10

美しく澄んだ田代池
20170430_0010.jpg
OLYMPUS STYLUS XZ-10

田代橋から望む穂高連邦。 
20170430_0011.jpg
OLYMPUS STYLUS XZ-10

梓川沿いのベンチで作ってもらったお弁当をいただく。
20170430_0014.jpg
OLYMPUS STYLUS XZ-10

丸いおにぎりには梅干、三角おにぎりには佃煮昆布が入っていました。
こんな場所で食べる弁当は最高ですね。 何よりとても美味しいお弁当でした。 
20170430_0012.jpg
OLYMPUS STYLUS XZ-10

今シーズン初のキビタキ君は上高地から^^
20170430_0013.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

河童橋に到着です。
20170430_0015.jpg
OLYMPUS STYLUS XZ-10

ちょっと迫力をだしてみました^^
20170430_0016.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

河童橋付近から梓川上流を。
20170430_0017.jpg
OLYMPUS STYLUS XZ-10

逆に梓川上流から河童橋を眺めます。
ここに来ると外国人観光客が一気に多くなり皆さん何故か派手なダウンに自撮棒スタイル。
20170430_0018.jpg
OLYMPUS STYLUS XZ-10


昼食をとるため乗鞍高原に戻ります。
食事後にお散歩をしていたら赤ゲラ君に出会いました♪ 巣作り中?
20170430_0019.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

なるほど^^ 彼女を迎え入れる新居を用意していたのですね。
20170430_0020.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

GW前半2連休は青空の下、まだ雪の残る早春の上高地を堪能しました。
が、後半5連休は大変な出来事がありまして・・・




Edit
2017.05
03
Category : 中信エリア
今年のGWは前半2連休と後半5連休の2部構成となりました。 
こうなると中途半端な前半2連休がお出掛けには最適と乗鞍高原のお宿を予約。

GW初日の29日は生憎の曇り空で午後からは雷雨の予報も。
そんな悪天でも乳白色の温泉と美味しい食べ物さえあれば心はウキウキです。

午前10時、一ノ瀬園地に到着。  乗鞍岳の雪が雲に溶けこみます。
20170429_0001.jpg

今にも泣き出しそうな空を気にしながら水芭蕉の群生地を目指して遊歩道を進みます。
20170429_0003.jpg

う~ん、水芭蕉には少々早過ぎたようですね。
20170429_0004.jpg



昼食はそば処 合掌 さん。
20170429_0005.jpg

ガッツリな山菜の天麩羅が食べたくて。 一人前で十分です^^ 
20170429_0006.jpg

相変わらず美味しいお蕎麦でした。
20170429_0007.jpg


昼食後は善五郎の滝を見ようと移動したのですがついに雨が降ってきた。
コーヒーも飲みたかったのでバウムクーヘン屋さんで雨宿り。 とても落ち着く店内です。
20170429_0008.jpg

しばらくすると雨は上がりましたが不安定な空模様です。
善五郎の滝は諦めて牛留池へ。 不思議なネジネジの木。
20170429_0009.jpg
車に戻るやいなやまた雨が降り出してきました。
雷様もゴロゴロ怒っているし当分止みそうにないので早々お宿へチェックイン。


今回お世話になるのは双色の源泉 山水館信濃さん。
その名の通り主成分の異なる 2つのかけ流し温泉を同時に堪能できる湯宿なのです。
女将さんが笑顔で迎えてくれて♪ 居心地のよい素敵なお宿です。 ナイスチョイス 
20170429_0010.jpg
写真ではわかりにくいですが豆粒大の雹が降っていました。

さっそく温泉を楽しみましょう♪
左手が男湯、右手が女湯、正面が有料の貸切風呂となっています。
今回予約したプランでは貸切風呂がセットなので夕食後のお楽しみです。^^
20170429_0011.jpg

男風呂。 自分以外は誰も入っておらず貸切状態でしたのでチャッと写真撮影。
内湯は乳白色の「のりくら温泉」  硫黄のにおいプ~ン、これぞ山の温泉!
20170429_0012.jpg

露天風呂は無色無臭な「わさび沢温泉」  やさしいお湯でいつまでも入っていたい! 
20170429_0013.jpg
この頃には雨もあがり露天風呂を楽しむことができました。


夕飯までには少々時間があるので近くをお散歩。
日が長くなったとはいえ山に囲まれているので薄暗いですね。
20170429_0014.jpg

うわっ、この場所ルリビタキ君がうじゃうじゃいる~  同時に♂4羽確認です。
20170429_0015.jpg

あっ、真横にコガラちゃん♪ おめめどこ?虫くわえてるしぃ~
コガラちゃんは可愛いので大好きですが出会う機会がなかなかなくて嬉しい^^
20170429_0016.jpg

宿の隣はすぐスキー場。 夜になったらここで星を見よう。
20170429_0017.jpg

獣の足跡発見! 熊さん?やばいよやばいよ。 (多分タヌキでしょうw) 
20170429_0018.jpg


夕食の時間で~す。 囲炉裏をかこんで舌鼓なんていいでしょ^^ 
20170429_0019.jpg

出汁激ウマの鴨鍋、岩魚の塩焼き、山菜天麩羅に信州サーモン、他にもたくさん。
とっても美味しくて大満足の食事でした。 おなかいっぱい、ご馳走様でした~~~
20170429_0020.jpg


いっぷくしたら貸切風呂の予約時間です。 内湯は十分に広い真っ白な温泉でした。  
20170429_0021.jpg

露天風呂も同じく真っ白でした。 「わさび沢温泉」ではないのね。
貸切は何の気兼ねもなくのんびりまったり出来ていいですよね。
きっと星空が綺麗だろうと思ったら湯気でなんにも見えませんでした。
20170429_0022.jpg

寝る前にゲレンデまで行き満天の星空を見上げました。
本当は星空を撮影するつもりでしたが熊に出会うと怖いし落ち着かないので断念。
北斗七星がわからなくなってしまう程の星の多さに感激! 死兆星まで見えそうでしたw
部屋に戻ると速攻爆睡



2日目の朝になりました。 やったぜ、快晴!

遅ればせながら昨日は雨で写せなかったお宿の外観です。 すぐ奥はゲレンデ。
20170429_0023.jpg

朝の6時、豆助(愛車)はガチガチに凍っていましたw
20170429_0024.jpg
本日の予定は朝一番で上高地。
無理を言って朝食をお弁当にかえていただき午前7時にはお宿を後にしました。

次回は上高地編です。 ・・・・・・つづく


Edit
2016.09
27
Category : 中信エリア
久しぶりに青空となった9月25日(日曜日)
今年こそはタカ柱が見たい!!! 昨年のリベンジでもないですが^^ 【昨年の記事はコチラ】

自宅をAM6:20に出発!
目指すは上高地・乗鞍スーパー林道、白樺峠の「タカ見の広場」です。

途中の道の駅では甘みの強い「利平栗」や飛び出る目玉を押えながら購入した「初松茸」。
気が付けばもう秋なんですねぇ~。  買った松茸のお値段は・・・内緒ですwww 
20160925_0001.jpg

雲に隠れて見えませんが御嶽山。 あの日から9月27日で2年が経つのですね。
20160925_0002.jpg

野菜直売所ではこんなに大きな白菜が100円だって♪ これはGETせねば。
20160925_0003.jpg

「タカ見の広場」での長期戦に備えて先に昼食をすませましょう。
訪れたのは「とうじ蕎麦」発祥地でもある木祖奈川の食事処「そばの里 奈川」さん。
いただいたのはもちろん「とうじ蕎麦」。 蕎麦を完食後はご飯と玉子をブチ込んで雑炊です♪
20160925_0004.jpg




AM11:30 「タカ見の広場」の駐車場に到着しました。 車の多さは想像以上。
20160925_0005.jpg

ここからは徒歩20分の上り坂なのです。 美しい白樺、、、でもけっこうキツイ
20160925_0006.jpg

振り返れば乗鞍岳が見えました♪ 間もなく紅葉ですね。
20160925_0007.jpg

広場に到着しました~ 賑わっていますね。
標高1600mの天空広場。 皆さん重い機材をかついで上って来たのですね、健脚です。^^
20160925_0008.jpg

皆さんがカメラやフィールドスコープを構えるその先には・・・
20160925_0009.jpg

多くのタカが集まっていました。 今年こそ「タカ柱」見ることができるといいなぁ~ 
20160925_0010.jpg

そもそも「タカ柱」とは何?。。。。。ですよねw 
タカは長距離の渡りをするため上昇気流にのって高度をあげます。
この場所はタカちゃん達にとって絶好の上昇気流が発生する人気スポットなのです。
「タカの渡り」は9月中旬から多く見られ、ピーク時には一日に数千羽のタカが渡ります。
上昇気流に乗った無数のタカたちの旋回上昇する姿が柱のように見えることから「タカ柱」と言われます。
しかしそのピークは突然訪れる為、遠方から来た者は余程運がよくないと見ることは難しいようですよ。
20160925_0011.jpg

今回出会うことのできたタカのほとんどがサシバとハチクマでした。 こちらがハチクマさん・・・だと思うw
20160925_0011A.jpg

編隊飛行中のサシバさん・・・だと思うw
20160925_0012.jpg

サシバさんです。
20160925_0012A.jpg

上空にタカが集まってきています。
20160925_0013.jpg

写真ではわかりづらいですが無数のタカが旋回しながら天高くあがっていきます。
これは間違いなく「タカ柱」です! 凄い光景を目の当たりにして興奮しまくりでした。 (一生に一度かも^^)
20160925_0014.jpg



「たか見の広場」のHPでタカの渡り速報を確認すると25日は今季最大の渡りがあったようです。
なんとその数4000羽を超える。 久しぶりのお天気でタカたちも一気に渡っていったのでしょうね。

そして自分達も久しぶりのお天気を気持ちよく過ごすことが出来ました。 v( ^ω^ )


Edit
2015.10
08
Category : 中信エリア
乗鞍高原で2日目の朝をむかえました。

もちろん朝一番で宿の温泉を堪能しましたよ。 硫黄泉は最高ですね。
朴葉味噌やなめこ味噌汁など信州の味が楽しめる美味しい朝食でした。
20151004_0001.jpg

今朝も観光センターの駐車場は満車。 乗鞍山頂は雲が多そうです。
20151004_0002.jpg

本日最初の目的地は「三本滝」です。
やって来たのは乗鞍エコーライン入口の「三本滝」駐車場。
20151004_0003.jpg
ここから滝までは徒歩で25分くらいですね。 

歩くには丁度いい温度。 木漏れ日の中、爽やか?ウォーキング始まりです♪
20151004_0005.jpg

遊歩道を歩きます。 起伏や足場の悪い場所、ぬかるみも幾つかありましたよ。
20151004_0004.jpg

滝の下流となる川まで来ました。 写真上部の吊橋を渡ると滝はすぐそこです。
20151004_0006.jpg

吊橋はなんとかすれ違い出来るくらいの幅です。
20151004_0007.jpg

吊橋はそれほど長くありません。 揺れも気にならないくらいでしたから。
20151004_0008.jpg

この看板の向こう側が「三本滝」です。 行ってみましょう。
20151004_0009.jpg

1枚の写真には2本の滝が限度です。 (パノラマで写す智恵もなくw)
下の写真はこの写真の左側になります。 中央の滝を重ねるように見てください。
20151004_0010.jpg
右側    左側   
20151004_0011.jpg

各滝の全貌です。
右側の「クロイ沢の滝」、岩肌をつたいながら三段に流れ落ちます。 落差は50mほど。
20151004_0012.jpg

中央の「本沢の滝」、滝壷まで一気に落下する直瀑の滝。 高さは50mほど。
20151004_0013.jpg

左側の「無名沢の滝」、水量の少ない控え目な滝。 高さは60mほど。
20151004_0014.jpg
水源の違う3種類の水がこの滝壺でブレンドされ流れていくのですね。

豪快な「番所大滝」にも寄りたかったのですが他に行きたい場所があったので
乗鞍高原を後にしました。


上高地乗鞍スーパー林道を通って木祖奈川方面へと移動します。

「一ノ瀬園地」では綺麗な紅葉がお出迎え。
20151004_0015.jpg

「一ノ瀬園地」から眺める「乗鞍岳」も素敵です。
この時間になっても山頂部には雲がかかっている様子。  昨日行ってよかったよ。
20151004_0016.jpg

「まいめの池」も色彩豊か。
20151004_0017.jpg

池に映りこむ秋色。
20151004_0018.jpg


再び上高地乗鞍スーパー林道を走ります。
窓を少し開けて走る林道は心地よい風と森林の匂いがたまりません♪

乗鞍~奈川の中間地点にあたる白樺峠に訪れたかった「タカ見の広場」があります。
20151004_0019.jpg

広場までは小鳥の囀りをききながら登りの道を徒歩で20分ほど 
今回の旅行のコンセプトは“秋空の下を歩く!”なので丁度よいwww
20151004_0020.jpg

「タカ見の広場」到着。 名前通り見晴らしのいい場所ですね。
20151004_0021.jpg

秋のタカの渡りを撮影するため大勢のカメラマンが遠くを見詰めています。
それにしても皆さん凄い望遠レンズですね~。 約1100mmだそですよ。
20151004_0022.jpg
近くにみえたバーダーさんにお話しを伺うと・・・
この辺りには上昇気流の発生するポイントが3カ所あるそうです。 その上昇気流に
乗ったタカたちは旋回しながら最小限のエネルギーで上昇し遥か上空に吹いている
気流に辿り着くと一気に渡りを始めるとのことでした。賢いタカです、誰に習ったの?
20151004_0023.jpg
短い時間でしたが遥か上空を飛ぶ胡麻のように小さくにしか見えないタカを5羽確認
できました。 見つけたのはもちろん妻ですがw 狩猟民族並みの視力は健全です。
周りのバーダーさん達からも“なんて素晴らしい視力、羨ましい~”と言われてました。
自分のカメラではこれが限界。大きなレンズの写真を見せてもらい鮮明で驚きでした。
20151004_0024.jpg
渡り最盛期の9月中旬過ぎには1日に300人以上のカメラマンの姿がみられた・・・・
もとい、1日で3000羽以上のタカが確認できたらしいですよ。 これだけの数のタカが
旋回をしながら上昇する様はまさに「タカ柱」なんだって。 一度見てみたいものです。

こちらにはタカに関する資料やガイドブックなどを販売していました。
20151004_0025.jpg
「タカ見の広場の眺望図(100円)」を購入♪

エサ場も作ってあって可愛いゴジュウカラさんが遊びに来ていました。
20151004_0026.jpg
時間を忘れるほど楽しくて♪ 気がつけばすでに正午をまわっていた。
お腹も空くわけだ。  奈川で蕎麦を食べよう。 季節的にアレが入っているかもよ♪ 


20分ほどで奈川の蕎麦屋『仙洛』さんに到着。
時間は午後1時をまわったところ。 3組のお客さんが待っていました。
20151004_0027.jpg
それほど待つこともなく席には着いたがそこからが長かった~。

注文したのはもちろん「とうじ蕎麦」です。  「とうじ蕎麦」発祥の地ですからねw
そして期待のアレは・・・ ほらほら 入ってる入ってる 松茸だよ~
20151004_0028.jpg

松茸の出汁と新蕎麦♪ それはそれは倒れそうなくらいに贅沢な味でしたよw
20151004_0029.jpg

そして〆にはご飯と玉子をド~ン! やってしまいました「松茸おじや」最高
20151004_0030.jpg
思えば2日連続で松茸を堪能してるんだぁ。 何気に贅沢旅行になってるよ。

お腹が満足した後は早めに帰路につきました。
途中、恵那の「銀の森」で『野菜出汁』などを購入してのんびりと一般道路で帰ります。 



そうそう、乗鞍高原で妻がこんな笛を買っていたよ。 「くまぶえ」だって。
かわいいけど「犬笛」とか「鳥笛」みたいにクさんが寄ってきそうで吹けなかった(笑) 
20151004_0031.jpg



急遽決めた1泊旅行でしたがノープランの割りには存分に楽しむことができました。
晴れることがわかっての宿泊予約なので逆にありかも、そんなふうにも思いました。
美味しい食べ物と硫黄の温泉、ホシガラスにも会えていい旅だったなぁ~。
Edit
2015.10
06
Category : 中信エリア
週末は秋の山歩きをしたいね。
そんな話しをしながらもお互い仕事が忙しく予定も立たぬまま金曜日になってしまった。
その金曜日も自宅に2人そろったのは午後9時すぎ。  さて明日はどうしようか・・・
いい天気になるようだし山歩きも諦めきれず。 じゃあ1泊で行こうとお宿をネットで検索。
知らない場所を冒険するよりも行き慣れた場所へということで乗鞍高原に決定しました。 

寝不足のだるさを感じながら早朝5:00自宅を出発。 高速道路は使用せず一般道路を
走ります。 国道19号は北上するほど秋色に変化していく景色がとても素敵なんです。

乗鞍高原に到着したのはAM9:20、観光センター前の駐車場は満車で通りを挟んだ舗装
されていない駐車場になんとかとめることが出来ました。
山頂「畳平」行きシャトルバスの発車時刻はAM9:30らしい。 急がねば!

切符売り場で往復乗車券(2500円)とお昼のお弁当を購入。 ふぅ~、間に合ったw
20151003_0001.jpg

バスに揺られて小1時間で「畳平」に到着。
20151003_0002.jpg


青空がとても綺麗。  でも下からでは想像がつかないほど風が強い。
20151003_0003.jpg

お花畑には枯れ草だけ。 遊歩道を歩く人の姿はほとんどない。
20151003_0004.jpg

道が凍っていました。 パーカーにウィンドブレーカーではチョット寒いかな。
20151003_0006.jpg

「不消ヶ池」の色が今ひとつですね。
20151003_0007.jpg

登山口に向けて歩きましょう。
20151003_0008.jpg

左手には美しい景色を見下ろすことができます。 遠くの山も綺麗です。
20151003_0009.jpg

登山口の「肩の小屋」に到着。 ここでお弁当を食べて元気になる。
20151003_0011.jpg

さあ、出発です。 でも今回は正面の山には登りません。
20151003_0012.jpg

ここから下山するのです。
20151003_0013.jpg

風が強すぎて帽子なんてかぶってられません。 フードが大活躍。
20151003_0014.jpg

間近に紅葉をめでながらの山歩きの方が楽しそうだったので。
何やらポーズを決めるほっかむりの妻。 
20151003_0015.jpg

クラゲ化したチングルマもバッチリとポーズを決めてくれましたw
20151003_0016.jpg

右手に「大雪渓」を眺めながら下りていきます。 雪上にはスキーヤーの姿が。
20151003_0017.jpg

下りのゴールはあの道です。 
20151003_0018.jpg

下りなので楽勝ゴールです。  ここからは道路を歩いて「畳平」に戻ります。
20151003_0019.jpg

下りてきた道をふり返り見上げた。
20151003_0020.jpg

目の前には見事な赤・緑・青です。
20151003_0021.jpg

グネグネの乗鞍エコーラインと乗鞍岳の直下に広がる位ヶ原。
20151003_0022.jpg

紅葉しないハイマツの緑と赤いナナカマドのコントラストが美しい。
20151003_0023.jpg

赤い屋根は位ヶ原山荘。
20151003_0024.jpg

不思議な鳴声がします。 そこには初めて出会ったホシガラスさんが♪
20151003_0025.jpg

くわえているのはハイマツの実かな?
20151003_0026.jpg

「畳平」からシャトルバスが下りてきました。
20151003_0027.jpg

穂高連峰や槍ヶ岳もはっきりと。
20151003_0029.jpg

長野県から岐阜県へと県をまたぎます。 境界線でパチリ
20151003_0030.jpg

鶴ヶ池の横を通り「畳平」に戻ってきました。 
20151003_0031.jpg
PM2:05のバスで今年最後の「畳平」を後にしました。



今回、お世話になるのは『仙山乗鞍』さん。
乳白色の温泉と料理が美味しそうだったことからこちらに決めました。 安かったしw
着いた早々から硫黄の匂いたっぷりな乳白色の温泉をどっぷり堪能、いい湯です♪
20151003_0032.jpg

そしてお楽しみの夕食です。
地元素材の美味しい料理です。 特に信州サーモンのマリネは絶品でした。
20151003_0033.jpg

なんと!デカイ岩魚が炭焼きに。 待ち遠しい♪
20151003_0034.jpg

揚げ立てアツアツな天麩羅。 陶板焼きもできあがりました。 
20151003_0035.jpg

焼き加減抜群な大岩魚は最高です。 お吸い物にはなんとっ!これも地元産です。
20151003_0036.jpg
ご馳走様~  とても美味しい食事で満足しました。


夕食後はカメラ片手に星見ぶらぶら~♪ さすが高原メチャクチャ寒い
なかなか真っ暗な場所はないけれど空を見上げると・・・天の川だぁ~ヽ(^o^)丿
20151003_0037.jpg

対角線上に天の川を入れようと奮闘していたらアッという間に雲が広がってきたよ~
20151003_0038.jpg
念願の天の川を今年も見ることができてよかったよかった。

宿に戻って冷えた体を貸しきり予約していた露天?風呂で温まる。
でもお湯がぬるい  脱衣所に置いてあったファンヒーターの意味がわかったよ。
20151003_0039.jpg

まさにThe旅館の部屋でご当地ブランド食材を堪能。  牛乳、誰が飲むの?僕ですw
20151003_0040.jpg
こんな感じで1日目は終了。  充実した1日だったな。

翌日は滝やら何やら色々です(笑)  ・・・次回に続きます。
Edit
2015.09
17
Category : 中信エリア
黒部(大町)でむかえた旅行3日目の朝、相変わらずの空模様です。
情報番組で台風18号の発生を知ったのもこの頃でした。

部屋からは正面に鹿島川。 こんな“ガスガスガス”の景色はもう見飽きました。
今朝もホテルの温泉でゆっくりと。 せめてこれも旅の醍醐味と思わなきゃねw
20150907_0000.jpg

今夜のお宿は群馬県の万座温泉。 寄り道しながらむかいましょう。
ホテルを出ると蕎麦や林檎の畑がたくさん。 信州にいることを感じさせます。
20150907_0001.jpg


まず訪れたのは大町から1時間ほどの「善光寺」。 
まるでツアー旅行の王道ルートですね。 妻は「善光寺」の朱印帳がほしいんだって。
20150907_0002.jpg

七年に一度の御開帳も終わったし平日の雨降りということもあり混んではいない。
20150907_0003.jpg

こちらの手水舎、かわってる。 でも自分の好みではないなぁ(笑)
20150907_0004.jpg

こんにちは、お地蔵さん。 一年ぶりですね。 妻は御開帳に来てますけどねw
20150907_0005.jpg

いつ見ても素敵な「山門」。 まったく微妙な降り方をする雨ですね~。
20150907_0006.jpg

御開帳で建てられた不動尊の結縁柱も見る&触ることができましたよ♪
20150907_0007.jpg

縄は不動尊と結ばれ柱をさわることで直接触れたと同じことになります。 ありがたや。
20150907_0008.jpg

妻は4種類の朱印帳から赤いのを選びました。
20150907_0009.jpg

雨のせいなのか人が少ないせいなのか「本堂」が少し小さく見えました。
20150907_0010.jpg

今回もお線香を納めて煙を体中に塗りたくりましたよ(笑)
20150907_0011.jpg

待つこと数十分、「善光寺」朱印の完成です。 おぉ、かっこいい!
20150907_0012.jpg

僕達も数珠で頭をテンテンしてもらいましたよ。 ご利益あるかなぁ~w
20150907_0013.jpg

次の場所、行ってみよう~♪


そろそろ栗の季節です。 栗の町「小布施」にやって来ました。
20150907_0014.jpg

栗菓子のお店がたくさんあります。 って言うかほとんどがそれですw
20150907_0015.jpg

この辺の物を実家のお土産に。 栗のお菓子って誰にでも喜ばれますよね。
20150907_0016.jpg


お昼ご飯は予定通りお蕎麦を食べようとお店をさがします。
「田舎くるみそば」に興味津々、お邪魔したのは小布施の町中にある『富蔵屋』さん。
20150907_0017.jpg
(本当は「せきざわ」さんへ行く予定でしたが臨時休業でした。)

自分は「田舎くるみそば」を注文。 大好きな挽きぐるみの黒い田舎そばです♪
妻は今月の変わり蕎麦「青しそそば」を。 これがまた美味しかった。
20150907_0018.jpg

「くるみそば」とはちょっと甘めのくるみペーストをつけ汁でのばしていただきます。
まったりと濃厚で今までに食べた事のない味わいでした。 美味しいで~す。
20150907_0019.jpg
ご当地食を味わうのは本当に楽しいです。

食後のデザート♪ っとモンブラン風ソフトクリームを捕食する妻。 膨らむ別腹w
20150907_0020.jpg

葡萄畑のそばでは皮ごと食べられる「ナガノパープル」や「マスカット」が売っている。
20150907_0021.jpg


いい時間になったのでお宿へむかいましょう。
道中の国道292号にはこんな恐ろしい看板が。 一帯は駐停車禁止となっています。
白根山の火山活動の影響による規制で夜間(PM5:00~)は全面通行止になります。
20150907_0022.jpg


この日のお宿は『万座温泉 日進館』さん。
20150907_0023.jpg

酸性硫黄泉の温泉がとてもよいのです。 お湯は乳白色でとても硫黄臭い。
離れにある露天風呂も開放感がたまらない。天気のいい夜にはきっと満天の星も。
20150907_0024.jpg

さすが標高1800mの高地温泉。 ポテチがパンパンになっていました(笑)
20150907_0025.jpg

温泉も食べ物も凄くよかったのですがツアーの受け入れに全力を注いでいるようで
自分達のような個人客には少々冷たいおもてなしの印象です。


いよいよ次回は最終日。 台風18号が凄い勢いで接近しています。
では、続きます~w
Edit
2015.09
13
Category : 中信エリア
白馬村でむかえた旅行2日目の朝です。

まだ雨は降っていませんが今にも泣き出しそうな空模様。
北アルプスの大パノラマが展望できる部屋を予約したのに景色は・・・。
20150906_0001.jpg

スキージャンプ台のそばに熱気球が浮んでいますよ。
ここ『白馬ハイランドホテル』でも熱気球体験ができますが今日はあがったのかな? 
20150906_0002.jpg


今日は「立山黒部アルペンルート・室堂」でトレッキングの予定だったのですが
高い乗り物料金を払ってまで行くにはもったいない天気。 次回のお楽しみです。

とは言え他に行くあてもないので「黒部ダム」まで行ってみることにしました。
ホテルでゆっくり(湯っくり)していたので黒部ダム行きトロリーバス乗り場の「扇沢」に
到着したのは午前9時20分。 ちょうどツアーの団体と鉢合せ。 メチャ混んでる
20150906_0003.jpg

午前9時30分、電気で走る日本唯一のトロリーバスに乗り込みました。
車体にはマスコットキャラクターの『くろにょん』が描かれています。 ヘルメット被ってるw
20150906_0004.jpg
架線を使用するため形はバスでも電車扱いなんだって。

15分ほどで「黒部ダム」に到着。
美味しい湧水を飲みました♪ 次回は空のペットボトルを持ってこよう。
20150906_0005.jpg

黒部ダム~♪ 放水~♪ 大迫力~♪ スゴ~♪
20150906_0006.jpg
放水期間 6月26日~10月15日です。

下りてもっと近づいてみましょう。
20150906_0007.jpg

ダムというより要塞といった感じ、スケールでかすぎです(笑) あの扉は何だろう?
20150906_0008.jpg


新展望広場特設会場でした。 期間限定(10月末まで)の催し物だそうですよ。
20150906_0009.jpg

建設の歴史をパネルや模型などで紹介していました。
20150906_0010.jpg

ここからだとほぼ真正面に放水を見ることできます。
迫力満点♪ 晴れていれば虹もみることができるらしいですよ。
20150906_0011.jpg

戻りの上り階段が大変だぁ~w
20150906_0012.jpg

遊覧船は悪天のため運休です。
20150906_0013.jpg

黒部湖駅方面。
この先には黒部湖畔遊歩道があり原生林のトレッキングが楽しめるらしい。
20150906_0014.jpg

上から放水をのぞいてみたw  高さ186m、放水量は毎秒10~15t。
20150906_0015.jpg

広大な黒部ダム湖。 穏やかに見えますが時より強風が吹きつけます。
20150906_0016.jpg

雨の降りだす間隔も短くなってきたので戻りましょう。
前方の建物は「黒部ダムレストハウス」、もちろんダムカレーもあります(笑)
20150906_0017.jpg

トロリーバス乗り場には本物の「くろにょん」が! 握手しちゃった♪ ヘルメットの被り方NG!
20150906_0018.jpg

「扇沢」に戻ってきました。 トロリーバスのパンタグラフ?はこんなんです。
20150906_0019.jpg


丁度お昼の時間となりました。
蕎麦畑の美しい大町で食べる物といえばそりゃお蕎麦でしょう♪
美味しい蕎麦屋は知らないのでわりと混んでる店を探して入ったのは『野の花』さん。
20150906_0020.jpg
「たけのこ汁(根曲がり竹、サバ缶)」って書いてある。
もしかしてあの番組で紹介された北信州のソウルフードでは? もちろん注文♪

自分は「十割蕎麦」を注文。 特別ではないけれど美味しいお蕎麦です。
でも妻が食べた「ニ八蕎麦」との差はそれほど感じずもっと風味があってもと思いました。
20150906_0021.jpg

妻は「鴨ざる」です。 鴨肉たっぷりで美味しい~。
20150906_0022.jpg

そして「たけのこ汁」はサバ缶入りの味噌汁です。 これはウマイ!
自家菜園の「オニオンスライス」は全然辛味無くむしろ甘くて美味しかったよ。
20150906_0023.jpg
値段も良心的です。 旅行1食目の蕎麦は大満足 明日の昼も蕎麦食うぞ!



チェックイン時間には早いけどこの日のお宿、『黒部観光ホテル』さんにやって来た。
ロビーで待たしてもらい部屋も早めに用意していただいてありがとうございました。
20150906_0024.jpg
大町温泉郷に位置するこちらのホテル内の温泉は単純温泉で無色透明無味無臭。
(飲んではいませんが無味と書いてありましたw)
たっぷりな時間は温泉とお昼寝でまったりと。 こんな旅もたまにはいいですね。


次回へ続きます。
仕事が忙しく更新に時間がかかるかもしれませんがお付き合いくださいね。
Edit
2015.09
10
Category : 中信エリア
今年もちょっと遅い夏休みをとって9/5~9/9の3泊4日で旅行に行ってきました~。

今回はまだ行ったことのない「立山黒部アルペンルート・室堂」でのトレッキングを目標に
計画を立てたのですがどうやら秋雨前線停滞の影響で天気は悪そうです。
前半の2日間はトレッキングの予定なので雨だと計画が丸潰れなんですよねぇ~(泣)
さて、どうなることやら。



初日の5日はお天気になりそうな予報。
長野県の白馬村に向けて名古屋を早朝4時に出発です。
白馬村は1998年の長野冬季オリンピックで会場にもなった場所です。

やって来たのは「白馬八方尾根」
青空~♪ 早く上へ行ってトレッキングを楽しみましょう。 どんな景色にあえるかな♪
20150905_0001.jpg

トレッキングコースまではゴンドラ1本とリフト2本を乗り継ぎます。
お山の天気は“ガスガスガス”・・・って書いてある。 気温は15℃らしい。
20150905_0002.jpg

ゴンドラに乗り込みました。 途中、牛さんがのんびりと。
20150905_0003.jpg

ゴンドラの終点駅には『うさぎ平テラス』があり晴れていれば天空のティータイムを
楽しむことができます。  右の小屋は次のリフト乗り場です。
20150905_0004.jpg

ガスに覆われて視界がとても悪いです。 なんだか嫌な感じ。
20150905_0005.jpg

前方の建屋は2つ目のリフト乗り場です。 リフト乗り場手前には湿原がありました。
20150905_0006.jpg

「黒菱平 鎌池湿原」が広がります。 散策できる木道が整備されているようです。
20150905_0007.jpg

2つ目のリフトに乗ります。 大昔スキーに行っていた頃を思い出すよ。
20150905_0008.jpg

植物が足にあたるほど地面までが近い。 
20150905_0009.jpg

「八方池山荘」にやって来ましたよ。
目標の「八方池」までは往復3.3㎞、2時間30分程のコースです。
20150905_0010.jpg

これだけ涼しいとビールやソフトクリームなどは売れるのだろうか。
20150905_0011.jpg

さあ歩こう。 当然ですが行きは登りが続きます。
依然として景色は真っ白。 雲が切れることを期待して出発です。
20150905_0012.jpg

「石神井ケルン」で休憩。 30分くらい歩いたかなぁ。
周りにはお弁当を食べる人達も。 ちょっと遅い朝ごはんでしょうか。。。美味しそう
20150905_0013.jpg

わずかな雲の切れ間から青空が! しかし喜びは一瞬でした。
20150905_0014.jpg

「石神井ケルン」から15分ほどで「第2ケルン」に到着です。 貴重な二人での写真w
20150905_0015.jpg

この先はいよいよ雲の中に突入のようです。
20150905_0016.jpg

高山植物も綺麗に咲いていますが霧の中。
20150905_0017.jpg

晴れていれば白馬連邦のそうとう美しい絶景が拝めたらしい・・・残念。
20150905_0018.jpg

前方に「八方池」が見えてきましたよ。 左ルートで行ってみましょう。
20150905_0019.jpg

天気が良い日には白馬連峰の山々が映り「神秘的の池」とよばれる「八方池」
20150905_0020.jpg

天気の悪い日には高所にあるただの溜め池にしか見えない「八方池」(泣)
20150905_0021.jpg

雲が横切る「八方池」を眺めながらチョイと早い昼食タイム。
視界が悪くても空気がいいのでコンビニおにぎりもいっそう美味しくなるね。
20150905_0023.jpg

“ガスガスガス”状態。 まぁ、これも神秘的ですよね。 (つよがりですw)
20150905_0024.jpg

一瞬ですが雲が切れて白馬三山の一部が現れた。
20150905_0025.jpg

白馬三山の景色が池に映ることを期待して見つめる妻。
残念ながら先程の雲の切れ間からの風景が最初で最後だったようです。
20150905_0027.jpg

もう少し先に行ってみましょう。 「唐松岳」方面へ進みます。
20150905_0028.jpg

左側斜面は広大な滑り台みたい。
20150905_0029.jpg

しばらく進むと突然樹木の林が現れました。
先程まで高山植物を見ながら上がって来たのに不思議な光景です。
20150905_0030.jpg

調べてみると八方尾根では『逆転現象』という珍しい植生が見られるとの事です。
20150905_0031.jpg

林を抜けるまで進んでみました。
ほら、また低い木ばっかです。 満足したので下界へ戻ります。
20150905_0032.jpg

下界の街が一望できます。 本日の宿もあの辺でしょうか。
20150905_0033.jpg
無事に下山して宿泊ホテルに向かいます。


本日のお宿は『白馬ハイランドホテル』さん。
外観は年季がはいってますが部屋はキレイで夜のバイキングも美味しかったよ。
そしてなんと言っても温泉ですよね。こちらのホテルには『白馬姫川温泉 天神の湯』と
いう温泉がありナトリウム-塩化物温泉(中性低張性高温泉)のお肌にやさしいお湯を
しこたま楽しむことができました。 天気が悪くても温泉がよければ満足できます(笑)
20150905_0034.jpg
これにて初日は終了です。 
次回へ続きます。


そうそう、前回記事で登場した『信州サぁイコー!ふるさと旅行券』大活躍でしたよ(笑)
Edit
2015.08
01
Category : 中信エリア
前回【登山編】からの続きです。

行きには通行止めだった散策路も通れるようになりお花畑に近づくことができました。
でもお花畑中央へ行くための木道に人の姿は見られません。
20150725_2001.jpg

あれ~ ここで通行止めですか!  クマさんどこ~?
20150725_2002.jpg

クマさんw いたいた♪
お花畑貸切でのんびりと散策中です。 下の方に写っているのは散策路。
20150725_2003.jpg

野生動物優先なので仕方ないですね。
お花畑はここからでも楽しむことが出来るので良しとしましょう。
20150725_2004.jpg

群生して咲き誇る高山植物たち。
20150725_2005.jpg

珍しい花!っと思ったら花弁の落ちたハクサンイチゲでした(笑)
20150725_2006.jpg

撮影した高山植物の名前を出来るだけ調べてみました。
今まで花にはあまり興味がなかったので名前は殆んど知らないのですw

クロユリ                           ハクサンイチゲ
20150725_2007.jpg

コマクサ                           ???
20150725_2008.jpg

チングルマ                         アオノツガザクラ
20150725_2009.jpg

コイワカガミ                         ミヤマギンバイ
20150725_2010.jpg

ミヤマゼンゴ                        ウサギギク
20150725_2011.jpg

イワウメ                           ???
20150725_2012.jpg

イワツメグサ                        ???
20150725_2013.jpg
???が多いですね(笑)

午後2時5分のバスで下界へと戻ります。 もうすっかり雲の中でした。
20150725_2014.jpg
朝早かったこともありバスの中では爆睡の二人。
バスセンターに到着したのは午後3時。 お腹空いたね。


今回のお蕎麦屋さんは『中之屋』さん。 まだ営業時間中でよかったよ。 
20150725_2015.jpg

「蕎麦定食」をいただきました。
20150725_2016.jpg

蕎麦もよかったですが川魚も美味しい。 笹にまかれて味噌焼きになっていました。 
20150725_2017.jpg

食事の後は乳白色の温泉で汗を流して休憩所でチョッピリお昼寝。
20150725_2018.jpg
やはり滝見物は出来ませんでした。 
次回、訪れるときは泊まりにしよう。 星空とか朝焼けとかも見たいですからね。
そして帰りも一般道をのんびりと。 
これにて『涼を求めて乗鞍岳2015』はおしまいで~す。



話題のプレミアム商品券が本日(8/1)名古屋でも発売されました。
1冊10000円で12000円分のお買い物ができます。 1回の購入限度は1人5冊まで。
朝10時からの販売に8時から夫婦そろって列にならんで10冊GETできました。
こんなに長い間ならんだのは愛知万博以来だと思います。 暑かった
20150801_0000.jpg
Edit
2015.07
30
Category : 中信エリア
前回【熊出没編】からの続きで~す。

ここから頂上剣ヶ峰までは50分、往復+休憩で2時間かぁ~。
登るとなると時間的に滝見物ができなくなってしまうんですよね~。
でもでも・・・せっかく来たし天気の崩れもなさそうだから一丁登ってみますか
20150725_1001.jpg

岩や石がゴロゴロとした登山道。 やっぱり登山靴が欲しいなぁw  
20150725_1002.jpg

けっこう登ってきましたよ。 登山口の「肩の小屋」があんなに小さい。
登山道が狭いためすれ違いの渋滞でなかなか前に進めない。
砂利の道はとても滑りやすく派手にコケる人を何人か目撃しました。
20150725_1003.jpg

「乗鞍コロナ観測所」を見下ろす高さまで来たんだね。
20150725_1004.jpg

穂高連峰も綺麗な姿を見せてくれました。
20150725_1005.jpg

まもなく蚕玉岳(こだまだけ)山頂です。 年配者の多さにビックリ。
20150725_1006.jpg

蚕玉岳から見る剣ヶ峰。 テッペンはすぐそこ!
20150725_1007.jpg

右には火山湖の「権現池」を見ることができます。
20150725_1008.jpg

剣ヶ峰山頂に鳥居と乗鞍神社が見えます。
頂上付近は風が強いと聞いていましたが、うぉ~飛ばされそうです。
20150725_1009.jpg

ワッセワッセ 剣ヶ峰テッペンにやって来ましたよ~。
20150725_1010.jpg

剣ヶ峰、標高3,026m  登頂成功!な~んてほどのことでもない。
20150725_1011.jpg

乗鞍神社で参拝。 朱印入りの登頂記念手ぬぐいを買いました。
宮司さんもちゃんと常駐されています。 毎日登ってこられるのでしょうね。
20150725_1012.jpg

山頂から登山道を見下ろします。 ブルーシートは山頂小屋。
20150725_1013.jpg

“ヤッホ~” なんて叫んでいる人は・・・誰一人いないw
20150725_1014.jpg

とてもキレイな青空♪ 浮かぶ雲が目線と同じです。
20150725_1015.jpg
登ったからには下りなきゃね。 下りはいつも膝が痛くなるからイヤなんです。
滑りやすい下りでは念のためカメラをバッグにしまって両手のあく状態に。
なので下山途中の写真はありませんw

「不消ヶ池」まで戻ってきました。 
この頃には雲で青空が見えなくなっていました。 貴重な青空だったようです。
20150725_1016.jpg

まもなくお花畑です。
行きには通行止めだった道が通れるようになっていました。 気になるクマさんは?
20150725_1017.jpg


またまた次回に続きます。 
お花畑には行けたかな?・・・お楽しみにw
Edit
2015.07
28
Category : 中信エリア
連日暑い日が続いています。
そんな週末のお出掛けはとにかく涼しい場所がいいですよね。

日帰りで~涼しくて~爽やか散歩ができて~そんな夢のような場所ねぇ・・・
ん~、思い浮かんだ避暑地候補は「千畳敷カール」と「乗鞍岳畳平」の2箇所でした。
「千畳敷カール」は駐車料金+ロープウエイ代+路線バス代で4400円/人。
その点「乗鞍岳畳平」は路線バス代の2500円/人ですむ。 悩むことなく決定! 

7/25土曜日、早朝3:30に自宅を出発。 こんな早朝でも名古屋はとても蒸し暑い。
交通費節約のため高速道路はなるべく使わないで一般道路を走ります。
片道200㎞、約4時間のドライブです。

予定通り午前7:30、乗鞍観光センターに到着。
やっぱり涼しいねぇ~。正確な気温はわからないけど20℃前後だと思います。
20150725_0001.jpg

今回のスペシャルプランは
高原バスで「畳平」⇒「畳平」ではお花畑で高山植物&爽やか散歩を楽しむ⇒
高原バスで「乗鞍高原」に戻る⇒昼食は信州蕎麦を堪能⇒「三本滝」を見物⇒
「番所滝」を見物⇒日帰り温泉でまったりと・・・・・ザッとこんな感じ
20150725_0002.jpg

AM8:00、高原バスは定刻通り山頂「畳平」にむけて出発進行!
バス車内からガラス越しの乗鞍岳。 雪がなんとも涼しげです。
20150725_0003.jpg

途中の「大雪渓・肩の小屋口」バス停。 夏スキーヤーの皆さんはここで降車します。
リフトは無いようですね。 スキー板をかついで上まで歩くのかな?大変だなぁ~。
20150725_0004.jpg

バスに揺られて50分、山頂「畳平」に到着で~す。
気温は13℃、なんて涼しいんだぁ~♪ 天国天国♪
少し休憩、高所に体を慣らしたあとはお花畑を散策しましょう。 青空が気持ちいい。
20150725_0005.jpg

はぁ~? クマ出没中で通行止め?
熊のお帰り待ちでお花畑には行けないみたいです。 クマさん本当にいるの?
20150725_0006.jpg

この中にクマさんがいます。 さて何処でしょうw
20150725_0007.jpg
散策路に1人逃げ遅れた人が~

上部写真の中央あたりです。 まだわからないですよね。
20150725_0008.jpg

ここからは望遠レンズの出番。 ほらっ、クマさんいたいた♪
20150725_0009.jpg

大人のツキノワグマです。 クマさんに出会えてラッキー
なんて浮かれている場合じゃないですよね。 近くにいる可能性だって・・・ゾッ~ 
20150725_0010.jpg

クマさんが早くお帰りいただくことを願いつつ登山口方面に歩きましょう。
お花畑ルートは通れないので鶴ヶ池ルートを通ります。  コブ茶コブ茶
20150725_0011.jpg

山頂付近も晴れていてよかった。
青空の「畳平」の景色はいつ見ても感動です。 日本じゃないみたい。
20150725_0012.jpg

引続き登山口方面に歩きます。 前方に見える白い球体は「乗鞍コロナ観測所」です。
20150725_0013.jpg

「不消ヶ池」と万年雪。 今日は水の色がめちゃめちゃキレイ!
20150725_0014.jpg

水の底に雪があるなんて不思議な感じです。
20150725_0015.jpg

振向いて・・・ スタート地点のバスターミナル方面です。
20150725_0016.jpg

パラグライダーの様な形の雲が近づいてきました。 雲に手がとどきそう。
20150725_0017.jpg

あのトンガリが登山者の目指す乗鞍岳頂上「剣ヶ峰」です。
20150725_0018.jpg

高山植物もたくさん咲いています。 お花は戻りにゆっくり楽しむつもり。
20150725_0019.jpg
ちなみに僕は花の名前などぜんぜん知りません(笑)

雪の斜面「大雪渓」で皆さんスキーを楽しんでいます。
20150725_0020.jpg

「肩の小屋口」と奥の赤い建物は「東京大学宇宙線乗鞍観測所」です。
20150725_0021.jpg

「肩の小屋」に入ってみましょう。
カラフルな登山ウェアに登山靴、大きなリュックと杖を持った人が大半ですね。
20150725_0022.jpg
入口にいるのは妻、普通の格好だとかえって目立つ?

朝食が超朝食だったのでお腹ペコペコ。 「うどん」でも「カレー」でもなく何故か
「おでん」と「ぜんざい」を捕食。 体も温まるし割と美味しい。
20150725_0023.jpg

小屋を抜けると登山口。 ココではこんなに穏やかなのに頂上付近は風が強いらしい。
20150725_0024.jpg

さて、これからどうしよう。
クマさんがいないことを願ってお花畑に戻るか、それとも行けるところまで登ってみるか。
20150725_0025.jpg


次回に続きます。
Edit
2015.05
10
Category : 中信エリア
1泊2日のGW旅行②【白骨温泉編】からの続きです。

二日目の朝です。
朝からよく晴れています。 ホテルからほど近い牛留池からの乗鞍岳。
20150503_0001.jpg

「春山バス」でこの雪の壁が見たかったのですがそこまでの除雪はまだ進んでおらず
運行は途中の「位ヶ原山荘」まで。 乗ろうか迷いましたが今回は見送りました。
除雪が終わって雪の壁「大雪渓」までの「春山バス」全運行は5月下旬だそうです。 
20150503_0002.jpg
(クリックすると少しだけ大きくなります。)

取りあえずやって来たのは「三本滝」の駐車場。
ここは乗鞍岳山頂方面への最終駐車場です。 この先は専用バスのみとなります。
20150503_0003.jpg

「三本滝」を見ようとやって来たのですが滝までの道は雪に閉ざされていました。
20150503_0004.jpg

駐車場から道を挟みゲレンデがあります。 左の鉄柱はリフトです。
20150503_0005.jpg

自家用車は進入不可ですが徒歩ならOKなのでリフトの終点まで行ってみました。
20150503_0006.jpg

途中で「春山バス」とすれちがいます。
20150503_0007.jpg

こんな可愛い子がお出迎えしてくれましたよ~
20150503_0008.jpg

気付かれないように遠目からの撮影です。
この後、雪の地面をチョコチョコっと走っていきました。 ここに来てよかった
20150503_0009.jpg

リフト終点付近までのぼってきましたよ。
20150503_0010.jpg

ゲレンデを見下ろします。 まばらですが雪遊びをする人の姿も。
20150503_0011.jpg

車をとめた「三本滝」の駐車場です。
20150503_0012.jpg

雪遊び、楽しそうだな。 ソリがあればここから滑れたのに・・・
20150503_0013.jpg

辺りにはフキノトウが群生していました。
20150503_0014.jpg


この周辺には「三本滝」の他にも数本の滝があります。 「善五郎の滝」にむかいます。
ここは「善五郎の滝」近くの駐車場。 赤い除雪車が景色に彩りを加えます。
20150503_0015.jpg

しばらく歩くと「善五郎の滝」が現れます。 乗鞍岳とのコラボが素敵。
20150503_0016.jpg

滝壺へ行ってみます。 当然ですが下り坂で急な階段もあります。
そして滝壺から流れでる川を上流へ行くと滝の全貌をみることができます。
20150503_0017.jpg

落差21.6m、幅8mの「善五郎の滝」に到着。
水しぶきが凄まじい。 マイナスイオンが見えそうなくらい滝壺が近いです(笑)
20150503_0018.jpg


信州といえば蕎麦ですよね~。
お昼にお邪魔したのは『蕎麦処 合掌』さん。 前回もこちらでしたね。
20150503_0019.jpg

古民家の雰囲気はとても好きです。
こちらのお店、料理がいつも遅いので急いでいる場合は要注意です。
20150503_0020.jpg

「山菜天麩羅の盛合せ」がきましたよ。 待ったよ~、メチャ待ったよ~
驚きの大盛りです。 右写真の「アザミ」は初めて食べましたが美味しかった。
20150503_0021.jpg

待った甲斐のある美味しいお蕎麦です。  次もまたココだなw
20150503_0022.jpg


食後に散歩しようとやって来たのは『一の瀬園地』
BBQも手軽に楽しむことができるのでココでの昼食もありですね~。
20150503_0023.jpg

水芭蕉散策路があるようなので行ってみましょう。
20150503_0024.jpg

白樺の散策路、曇ってはきましたが気持ちいいです。
20150503_0025.jpg

このキャンプ場をぬけると水芭蕉があるらしい。
20150503_0026.jpg

ここの水芭蕉は凄いですね~。
20150503_0027.jpg

群生地の面積の広さには驚かされました。
20150503_0028.jpg

今回の旅行でもう水芭蕉はお腹いっぱいです また来年お会いしましょう。
20150503_0030.jpg

ニョロニョロが夢にでてきそう~
20150503_0031.jpg


1泊2日のGW旅行、想像していたような混みもなく楽しく過ごすことができました。
これに味をしめて来年のGWも泊まりで旅行しようかなぁ~。なんて思います。

Edit
2015.05
09
Category : 中信エリア
1泊2日のGW旅行①【上高地編】からの続きです。

『沢渡バスターミナル』に戻ってきました。
どうしても行きたい場所はここから車で15分ほどの「白骨温泉」にあります。

初めて訪れる「白骨温泉」。 妻はピチピチの頃、家族旅行で来たらしい。大昔ですね
20150502_1001.jpg

何だか不思議な門がありますよ。 『白骨温泉 野天風呂』と書いてあります。
20150502_1002.jpg

別の場所から門のむこう側を見ると木製の下り階段。 その先に小屋があります。
20150502_1003.jpg

あの小屋が『野天風呂』のようですねぇ~。 
僕達が滞在中『野天風呂』へ行く人は一人も見かけませんでした(笑)
20150502_1004.jpg
こちらは10年ほど前にムトウハップで有名になった所でしたね。


どうしても行きたい場所、それは・・・こちらです!『泡の湯』さん。
20150502_1005.jpg

ご存知の方も多いと思いますが乳白色の混浴野天風呂に入ってみたくて。
左側の建物がお風呂だと思います。 いい味だしてますねぇ~(笑) 
20150502_1006.jpg

利用時間は午後1時30分まで。 昼食前に来てよかったよ。 
20150502_1007.jpg

大人820円。 やはり人気があるようで次々とお客さんが入って行きます。
20150502_1008.jpg

野天風呂はぬる湯の炭酸硫黄泉。 [画像をクリックすると大きくなります]
20150502_1009.jpg

念願の『泡の湯』さんの野天風呂に入ったど~、嬉しいっ!
自分達のような夫婦や若い?カップルが嬉しそうに並んで浸かっていましたよ。
20150502_1010.jpg
『泡の湯旅館』さんのHPは【こちら】 この画像は『泡の湯旅館』さんのHPよりお借りしました

女性はバスタオルOKです。訪れる際にはご用意を。 濁りで見えませんけどね。
しばらくは体についた硫黄の残り香が取れませんでした~


温泉を満喫した後に昼食をとったのは『煤香庵』さん。
20150502_1011.jpg

いただいたのは温泉粥、虹鱒甘露煮、温泉玉子、香の物、御味噌汁の「湯の花膳」
20150502_1012.jpg
おぉ、温泉の味がする。 健康になれそうです♪


宿泊地の「乗鞍高原」へとむかいます。
途中、「水芭蕉群生地」なる看板があったので寄ってみました。
20150502_1013.jpg

おぉ! ウジャウジャと群生してますね~。
20150502_1014.jpg

まるでニョロニョロのようです。 あ~、そう言われるともうニョロニョロにしか見えない!
20150502_1015.jpg

宿泊する『休暇村 乗鞍高原』に到着しました。 今回で二回目の利用です。
20150502_1016.jpg

西館の洋室。 キレイな部屋です。
20150502_1017.jpg

ホテルをグルリとまわるように散策路があります。
少しお散歩してみましょう。 もう熊さんは冬眠から目覚めているのかなぁ?
20150502_1018.jpg

何気に生えている水芭蕉。  右の写真は「ネジネジの木」です。 
20150502_1019.jpg

日の当りにくい場所には雪が残っています。 ひんやりとした空気が気持ちいい。
20150502_1020.jpg

ゲレンデをウロウロと。 正面に見える山は「乗鞍岳」。
20150502_1021.jpg

妻のお遊び写真~w
20150502_1022.jpg

お楽しみの夕食バイキング。
品数も多く美味しいのですがこの行列はクソが3つ付くほどならびます。
20150502_1023.jpg

ホテルには安曇乗鞍温泉「天峰の湯」があります。 寝る前に温泉でまった~りと。
露天風呂からの星空が綺麗だったと妻が言っていました。 メガネ君の僕には見えません・・・ 

部屋に戻ると妻は地ビールで一人宴会。 僕は速攻爆睡でした~
20150502_1024.jpg
天気もよく充実した一日だったなぁ~。


次回は【乗鞍高原編】です。 ・・・続く
Edit
2015.05
08
Category : 中信エリア
GWが始まる一週間ほど前のこと、“今年は何処か泊まりで出掛けたいね。”
そんな会話から空室のある宿を探します。 GWの宿泊なんて結婚以来初めての事。 
一般道で行けるくらいの近場がいいよね~。っと最初にチェックした『休暇村 乗鞍高原』
奇跡的にも5連休初日の2日に1部屋だけ空いていたので即おさえました。

当日は道が混むことを考慮して早朝3時40分に自宅を出発。
現地でのお楽しみプランは軽く立てましたがGWなのでどうなることか・・・
今回はのんび~りまった~りできればそれでいいや。

移動ルートは高速道路を使用せずの一般道路オンリー。
国道19号 ⇒ 県道26号 ⇒ 国道158号 ⇒ 現地到着!
途中、とうじ蕎麦発祥の地とよばれる「木祖奈川」でトイレ休憩。 渋滞もなく順調。
20150502_0001.jpg
桜満開前線は丁度このあたり。 お花見も満喫できましたよ~♪

お楽しみプラン、最初の目的地は無謀にも大混み覚悟の「上高地」です 
でも何故かここまで全く渋滞な~し。
「上高地」の玄関口『沢渡(さわんど)バスターミナル』の駐車場へもすんなりと~。

“お前に夢中~サワンドゥ~沢渡ゥ~(ギャランドゥ)♪”
軽快な鼻唄でシャトルバス乗り場へと歩きだした矢先、見知らぬご夫婦からお声が。
“タクシーを一緒に乗り合わせませんか?” もちろん二つ返事で なんてラッキー!
20150502_0002.jpg
これは嬉しい誤算、朝8時10分には「上高地」に到着してしまいました~

まずは「大正池」へ。 いきなり現れるこの美しい景色はいつ見ても感動です。
20150502_0003.jpg

視線を左に移すとそこには「焼岳」の絶景です。 こちらも美しい~♪
20150502_0004.jpg

「上高地」はまだ目覚めたばかり。 散策路にも雪が残っています。
見た目ほど寒くはありません。 パーカーにウインドブレーカーでも暑いくらい。
20150502_0005.jpg

まもなく「田代湿原」です。 やっぱりお客さん、少ないよね。
20150502_0006.jpg

美しい穂高連邦を望みます。 この壮大感は写真じゃ伝えきれません。
20150502_0007.jpg

右方向に進むと「田代池」です。
山々からの伏流水に満ちた透明な景色は別世界のようです。
20150502_0008.jpg

妻が撮影したお気に入りの一枚。
水面に映った木と同じ木の影が重なっているのが不思議な感じ。
20150502_0009.jpg

「田代橋」へとやって来ました。 橋の上では妻が景色を撮影していますw
20150502_0010.jpg

橋の上からの景色です。
美しい梓川と穂高連邦。 見える建物はホテルです。
20150502_0011.jpg

ホテル前まで来ましたよ。 歩いて来た道をパシャリ
20150502_0012.jpg

目覚めたばかりの春のにおいがします。
20150502_0013.jpg

素敵な景色をありがとう。 ウェストンさんに感謝!
20150502_0014.jpg

お猿さんと遭遇。 葉っぱを食べてるの?
20150502_0015.jpg

人の恋路を邪魔する奴は馬に蹴られて~~~キック!
20150502_0016.jpg

上高地のシンボル「河童橋」が見えてきましたよ。
20150502_0017.jpg

ちょっと休憩。 ここのアップルパイを食べるのが妻の楽しみなんだってさ。
20150502_0018.jpg

ほらほら、ぜんぜん混んでいないでしょ~。  GWの「上高地」ってこんな感じ?
20150502_0019.jpg

「河童橋」から「穂高連峰」を望みます。 やっぱりここからの穂高連峰が一番綺麗かな。
20150502_0020.jpg

梓川下流方向の景色です。 水流が「焼岳」に吸い込まれているみたい。
20150502_0021.jpg

ここに来たら「河童橋ライブカメラ」に手を振りましょう。 誰かがみているかも~
20150502_0022.jpg

「河童橋」でこんなにのんびりとできたのは初めてです。 
20150502_0023.jpg

湧き水は清水川となって梓川へと流れ込む。
20150502_0024.jpg

水中でゆらめくバイカモがとても綺麗です。
20150502_0025.jpg

画家さんでしょうか? 同じ絵がもう一枚。
20150502_0026.jpg

「明神池」へ行くこともできましたが他にどうしても行ってみたい場所があるのです。
帰りのシャトルバス乗り場へむかいましょう。

シャトルバスの切符売り場でのこと「誰かいないかなぁ~。」っとつぶやきが聞こえる。
つぶやいたご夫婦に声をかける妻。 同じ駐車場です。 帰りもタクシーで楽々~ 
20150502_0027.jpg
タクシーに乗り合わせたご夫婦は行きも帰りも千葉県の方でした。


次回はどうしても行ってみたい場所に行ってきました。 ・・・続く
Edit
2014.09
12
Category : 中信エリア
(その3)からの続きです。
今回はいつもに増して写真が多いのですが最後まで読んで頂けると嬉しいです。

登山道を歩きましょう。
3度目の乗鞍ですがこの先に行くのは今回が初めて。 青い空に感謝!
20140906_1001.jpg

乗鞍岳山頂にはとても登れませんが小高い山なら大丈夫・・・だと思う。
20140906_1002.jpg

可愛らしいお花を見たり景色を楽しみながらのんびりとプチ登山。
20140906_1003.jpg
「イワギキョウ」青紫色の花はとても目立ってました。

20140906_1004.jpg
ゾウの鼻のような雌しべをした「ミヤマホツツジ」

20140906_1005.jpg
「トウヤクリンドウ」毒々しい柄ですが当薬だけに胃薬になるそうですよ。 

20140906_1006.jpg
ピンク系です。「ヨツバシオガマ」と「コマクサ」

登山道には石や岩がゴロゴロ。赤い屋根は出発地点の「畳平バスターミナル」。
20140906_1007.jpg

右端に見えるのはお花畑と遊歩道。もう少し登ればあそこも下界と呼べそうです。
20140906_1008.jpg

進行方向には「不消ヶ池」と万年雪の素敵な景色!白いドームは「乗鞍コロナ観測所」。
20140906_1009.jpg

20140906_1010.jpg

20140906_1011.jpg

目的地の「富士見岳」まではあと10分。お手軽登山のはずだけど・・・頑張れ!
20140906_1012.jpg

あそこが富士見岳山頂かぁ~。
20140906_1013.jpg

結構急な斜面、頑張って登る妻。 本人曰く「楽勝~
20140906_1014a.jpg

山頂に到着~。 “ヤッホ~”と叫ぶ人は誰一人いない(笑)
20140906_1015.jpg

遠くの山々を望む。もう山の名前なんてどうでもいい気分。とにかく気持ちがいい。
20140906_1016.jpg

あそこが本物の登山者が目指す本当の山頂です。
20140906_1017.jpg

望遠レンズに交換して頂を見ると大勢の人。鳥居も確認できました。
20140906_1018.jpg

丸っこい方の様子は・・・みんな休憩しているのかな?
20140906_1019.jpg

「不消ヶ池」を上からのぞいてやりました。 意味も無く優越感。
20140906_1020.jpg

下界の景色です(笑) バスターミナルが小さい。
20140906_1021.jpg

バスターミナルの横には「鶴ヶ池」があるのです。
20140906_1022.jpg
そろそろ下界に戻りましょう。登りより下りのほうが怖いよ~。ズルッ・・・ほらね。

「鶴ヶ池」まで来ました 空と池の青がとても綺麗です。 青空っていいなぁ~。
20140906_1023.jpg

プチ登山、堪能~。 バスターミナルに戻りましょうか。
20140906_1024.jpg

「イワツメクサ」が“また来てねぇ~。”と手を振ってくれたような・・・
20140906_1025.jpg
帰りのバスでは二人そろって夢心地。 満足度:★★★★★

乗車したバス停「休暇村」に戻ってきましたよ。 まずは昼食です。
伺った『ふきのとう』さんには気になるメニューがあって・・これです「さくらステーキ定食」
馬肉のステーキなのです。脂身がなく赤身の柔らかいお肉で美味し~&ヘルシ~。
20410906_1026.jpg
食事の後、滝巡りや『湯けむり館』に行く予定でしたが翌日の日曜日に自転車の大会が
開催されるようで乗鞍観光センターの駐車場には既にイベントブースが設置され大勢の
人と車と自転車で大賑わい。 断念してチャッチャッと帰路につくことに。 
帰宅途中で雨が降り出し自宅に着いた頃には土砂降り。乗鞍の青空が幻のようでした。

これにて「遅い夏休み。乗鞍高原」はおしまいです。
長々とご覧いただきありがとうございました。
Edit
2014.09
10
Category : 中信エリア
(その2)からの続きです。
乗鞍高原旅行の2日目が始まりました。

早朝5:00に起床。隣で爆睡中の妻を横目に散歩に出掛けます。
空気が美味しい。 まさに三文の徳、ウサギちゃんにも出会いましたよ。
20140906_0001.jpg

朝日に染まる「乗鞍岳」。
この風景が見たかった。 数時間後にはソチラに伺います(笑)
20140906_0002.jpg

美味しい朝食バイキングでエネルギーを蓄えていよいよ「乗鞍山頂(畳平)」へ♪
便利なことにホテル正面のバス停「休暇村」で乗降車できます。
更にはココからの乗客が多いため始発での増発運行となりました。
20140906_0003.jpg
AM8:06バスに乗込み出発です。

乗鞍名物「大雪渓」。
夏スキーを楽しんでいましたよ。でも雪渓まで歩いて行くのは大変そう。
20140906_0004.jpg
(左は行きの車中から、右は帰りの車中から撮影した写真です。)

45分程で標高2702mの「畳平バスターミナル」に到着しました。
ここに来るのは3回目ですがこれほど綺麗な青空を見るのは初めてです。
20140906_0005.jpg

左から2つ目の建物は「乗鞍本宮中宮」。安全祈願をする登山者の姿も。
20140906_0006.jpg

酸素が薄いため到着して最初にすることは休憩なんだって。環境に体を慣らそう。
20140906_0007.jpg

ツキノワグマ目撃情報。この日も出没したらしいですよ。注意して行こう、てへ。
20140906_0008.jpg

まずは下りの階段。奥に進むと登山道、右に進むとお花畑。
20140906_0009.jpg

階段を下ると右手に美しく広大な景色が現れます。oh~花畑です。
20140906_0010.jpg

振り向けば「畳平バスターミナル」の建物も絵になります。
20140906_0011.jpg

登山道とお花畑の分岐点。お花畑をちょっぴり散策しましょう。
20140906_0012.jpg

お花畑には周回できる遊歩道が設置されています。大きな起伏もなく歩き易い。
20140906_0013.jpg

高山植物のお花畑って地味ですよね。
“可憐って言ってよ!” お花達から文句が聞こえてきそうですね(笑)
20140906_0014.jpg

「コウメバチソウ」確かに可憐な雰囲気を漂わせていますね。
20140906_0015.jpg

白色が「ハクサンボウフウ」、黄色が「ミヤマアキノキリンソウ」らしい。
20140906_0016.jpg

お花畑の折り返し地点です。思ったほどの距離はありません。
20140906_0017.jpg

写真が多くなってしまうので今回はこのへんで。
次回はちょっとだけ高い所へ登りますよ。・・・・・続く。
Edit
2014.09
09
Category : 中信エリア
(その1)からの続きです。
とうじ蕎麦発祥の地「奈川」からは30分程で「乗鞍高原」に到着しました。

こちらは『乗鞍観光センター』の駐車場です。 雷神さん、歓迎の雨多すぎ。
一般的にはここから専用バスに乗り乗鞍山頂へ行くことになります。
20140905_1001.jpg
チェックインの時間には1時間以上早いですが宿泊先のホテルに向かいましょう。

今回宿泊するホテルは『休暇村 乗鞍高原』
駐車場から玄関に移動するだけでビショビショになってしまう程の大雨。
ロビーには同じような人達が大勢。 なぜかレストランでケーキセットを捕食する妻。
20140905_1002.jpg
1時間以上ただ待つのも無駄なので従業員さんに館内の温泉に入れますか?と聞くと
大丈夫ですよ。っと快く荷物を預かってくれた。タオルだけを持って温泉へGO~。

温泉『天峰の湯』は貸切状態。失礼して写真をパチリ
20140905_1003.jpg
泉質はナトリウムを含んだ炭酸水素塩泉。地下1300mより湧き出し飲用も可能です。
露天風呂でまったりしていると雨も上がり空が明るくなってきましたよ。

いい湯でした。 ロビーに戻るとチェックインの受付が始まったところ。
そして今回のお部屋と窓からの景色です。 畳に寝転びしばしの休憩。
20140905_1004.jpg

どうやら完全に雨が止んだようす。 遅ればせながらホテルの外観(笑)
20140905_1005.jpg

ホテル横にある遊歩道を歩いてみましょう。
雨上がりの木道に映り込む景色。 5分程で「牛留池」のあずまやに着きました。
20140905_1006.jpg

あずまやからの「牛留池」。本来なら正面に乗鞍岳が見えるのになぁ~。
20140905_1008.jpg

あずま屋のすぐ隣にある「ねじねじの木」。外国の皆さん盆栽ではありませんよ(笑)
20140905_1007.jpg

ちょっと早めの夕食。お楽しみは信州バイキング。約40種類の和洋バイキングです。
種類が多くて美味しい。特に野菜類が多いのがGoo~
20140905_1011.jpg
このホテルの人気が高い理由がわかります。

食後、夜空を見ると星だ!奇跡が起こりましたよ。星空の証拠写真を撮らねば(笑) 
月明かりが眩しくて肉眼での天の川は確認できず。残念ですが晴れただけで十分! 
20140905_1009.jpg
ひょっとして縦に天の川?ん・・・わかりません。

こんなに明るいお月様があったらダメダメ~!
この日から3日後の9月8日は中秋の名月、更に翌日はスーパームーンだもんね。
20140905_1010.jpg
どうやらお天気運は今だ健在のようです。
温泉に入ってまったりしたら明日に備えて早く寝ます。

次回に続きます。 乗鞍岳「畳平」に行きますよ~。
Edit
2014.09
08
Category : 中信エリア
8月はお盆休みも夏休みもなく労働に励んでいた夫婦二人。
ようやく少し遅い夏休みです。今年の夏休みは9月に前半と後半で分けてとる計画。

9月5日(金)は前半の休みをいただき一泊二日の乗鞍高原旅行です。
涼やかな空気と青空と乗鞍岳~夜には満点の星空が・・・・って雨ぢゃん大雨ぢゃん
一ヶ月以上前からホテルを予約して楽しみにしていたのになぁ~

どうせ雨なら高速道路を使って早く到着する必要もありません。
一般道でのんびり行きましょう。色々と楽しみもありますからね。AM6:00出発です!

お馴染みの『道の駅 木曽福島』で休憩。 これからの季節、お楽しみと言えば・・・
20140905_0001.jpg
でてましたよ~。そう、松茸ちゃんです 2本で100g程、小さいけど初物GET


国道19号を更に北上。木曽郡木祖村薮原の交差点を左折して県道26号へ。
豪雨の中、山や里の景色を楽しみながら?小一時間程走ると松本市奈川に入ります。

本日の昼食はココ『そばの里 奈川』さん。この季節は「夏の新蕎麦」があるみたい。
20140905_0002.jpg
小雨になりましたが飛騨高山では土砂降りとの事。油断の出来ない天気ですね。

ここ奈川はとうじ蕎麦の発祥の地ということで念願の地だったのです。。。
20140905_0003.jpg

注文したのはもちろん「とうじ蕎麦」。テーブルにはカセットコンロがセットされました。
蕎麦茶と黒はり漬け?をつまみながら待ちます。楽しみ♪ あっ、この漬物おいしい。
20140905_0004.jpg

しばらくすると具沢山の汁と小分けされた蕎麦が登場。これが発祥したやつです。
20140905_0005.jpg

とうじ籠に蕎麦を入れてシャブシャブ。具には鶏(多分)の挽肉も入っています。
蕎麦はもちろん、汁も出汁と挽肉が効いていて最高。これは癖になる味ですよ。
20140905_0006.jpg

お蕎麦の後には御飯と玉子を追加注文しておじやに。これが更に激ウマ~
20140905_0007.jpg

蕎麦粉を挽くための水車小屋と一面に広がる蕎麦畑。そばの里感たっぷりですね。
20140905_0008.jpg
今までに食べた「とうじ蕎麦」とは一味ちがう、所変われば・・・ですね(笑)
とっても美味しかったです。ご馳走様でした~満足満足~。

「蕎麦の実コロッケ」があると噂をきいていたのですが場所がわかりません。
『そばの里 奈川』さんで聞いてみるとコチラのお店で売っているかも?っとの事。
教えていただいたのは『ながわ山彩館』さん。店内には特産品がたくさん売っている。
20140905_0009.jpg

でも店内には「蕎麦の実コロッケ」の表示がどこにもない。
店員さんに聞くとセットメニューの一品らしい。嬉しいことに特別に作ってくれました。
香ばしい蕎麦の風味がいいですね。熱々で美味しいコロッケでした。ありがと~♪
20140905_0010.jpg


また雨が強くなってきました。 安全運転で乗鞍高原へ向かいましょう。
お天気運だけは強いはずの自分達ですが今回は辛いかも。 起これ、奇跡

・・・次回に続きます。
Edit
2013.07
19
Category : 中信エリア
二日目の朝です。気温17℃、快適です。

宿からの景色。天気は悪くなさそうです。行くぜ、畳平!
早めに朝食を頂き「ほおのき平バスターミナル」に向けて出発です。
20130714norikura001.jpg
ここ「乗鞍高原」から「ほおのき平」までは安房トンネルのおかげで
50分程で行けちゃうんです。便利になったの~。

「ほおのき平バスターミナル」に到着です。
看板に畳平のお天気情報が・・・曇、気温6℃、視界不良だってさ。
20130714norikura002.jpg

シャトルバスの料金は往復で2200円。7:55発のバスに乗ります。
20130714norikura003.jpg

途中、野生の小熊ちゃんに会いましたよ。
バスは小熊ちゃんを驚かさないように最徐行。可愛かったなぁ~

40分程で山頂の「畳平」に着きました。雨に強風に濃霧ときたもんだ。
20130714norikura011.jpg

冬の寒さです。とりあえず建物内に非難して合羽を着よう。
20130714norikura012.jpg

天気が良ければ広大なお花畑が一望できる場所です・・・真っ白!
20130714norikura013.jpg

こちらからも視界ほぼゼロ。
“こういう景色も見ておく価値はあるさ。”っと諦めモード。次のバスで戻ろうか・・・
20130714norikura014.jpg

20分程たった頃かな、雨が止み霧が晴れてきた。行くぜ、お花畑!
20130714norikura015.jpg

頭上数メートルのところを雲が流れていきます。依然として風は強い。
20130714norikura015a.jpg

7月は雷鳥の出没が多いらしい。お会いすることはできなかったです。
雷鳥に出会ったら雷が鳴り出すから非難したほうがいいって本当?
20130714norikura016.jpg

山も少しだけ見えてきましたよ。
20130714norikura017.jpg

遊歩道の先の分岐よりお花畑を一周することができます。
20130714norikura019.jpg

お花といっても高山植物なので華やかさはありません。
20130714norikura020.jpg

クロユリの群生地を発見。
20130714norikura021.jpg

ハクサンイチゲですかね?
20130714norikura022.jpg

待機していた建物です。ついさっきまで真っ白だったのに。
20130714norikura023.jpg

晴れていれば他に見所もたくさんあるのですが・・・
今日はこれが限界です。ここまで見れただけでも上等です。下界に戻りましょう。
20130714norikura024.jpg


ほおの木バスターミナルに戻ってきました。
再びお天気情報の看板を見ると最悪な天候。これが正確な情報です。
20130714norikura025.jpg

今回の旅行は遠いところの台風とエコーラインの通行規制のおかげで散々でした。
でもそれなりに目的も果たしたし楽しかったな。涼しかったのがよかったよ~。

山から遠のくほど気温と湿気があがりUターンして戻りたい気分でした。


そうそう、この後に平湯大滝にも寄ったのですがいずれ別タイトルでアップします。
滝の写真はもーうんざりって言われちゃうかな

「涼を求めて乗鞍高原へ」はこれでお仕舞いです。

------- 押して頂けると嬉しいです。 -------
 ブログランキング・にほんブログ村へ
Edit
2013.07
17
Category : 中信エリア
今回お世話になるのは昨年も利用した「あったか温泉宿 美鈴荘」さん。

今の季節だとロードバイクで乗鞍ヒルクライムに挑むつわものや
大雪渓でスキーやスノボをエンジョイする人達の利用が多いようです。
スキー部の合宿でしょうか、若者達が大勢泊まってましたよ。

綺麗なホテルもいいけど家庭的な民宿でまったりするのもなかなか良い。
一泊二食で一人7300円。お財布にとてもやさしい。
トイレ、風呂は共同です。ですが風呂は源泉掛流しの天然温泉ですよ。
部屋にはエアコンはおろか扇風機すらない。涼しいから要らないんです。
20130713norikura201.jpg

宿の温泉です。誰も居ないときを狙ってパチリ!
泉質は朝寄った「湯けむり館」と同じ単純硫黄温泉のようです。
20130713norikura202.jpg

露天風呂です。
天気の良い日には天の川と流れ星を見ながら入浴できるらしいです。
ちなみに今日も期待できません。夜、晴れないかなぁ~。
20130713norikura203.jpg


温泉を満喫して部屋でゴロゴロしていると夕飯の時間です。
食堂に移動しましょう。

これぞ食堂って感じです。
20130713norikura204.jpg

栄養バランスがとてもよい食事です。野菜もたっぷり。
20130713norikura205.jpg

馬刺し好きの自分にはかなり嬉しい~。
20130713norikura206.jpg

この時期に鍋っ!これが有りなんですよ、涼しいから。
海鮮+鶏肉の出汁が美味しいです。ここにも野菜たっぷり。
20130713norikura207.jpg


夕食後、しばらくしてから夜空の様子を見に外へでてみました。
すると狭い範囲ではありますが雲の隙間から星がみえるではないですか。
星が何層にも折り重なるように立体的です・・・素晴らしい。やったね!


さあ、明日はどのようなプランにしようか。家族会議です。
ここまで来て「畳平」に行かないで帰るのは悔しい。
雨が降っていなかったら早い時間に「ほおのき平」に移動して
そこからシャトルバスで「畳平」へ行こう。

雨が降ってたら白骨温泉にでも行こうか。


【其の四】に続きます・・・。
「畳平」に行けたか否かは乞うご期待。


------- 押して頂けると嬉しいです。 -------
 ブログランキング・にほんブログ村へ
Edit
2013.07
17
Category : 中信エリア
其の弐では「牛留池」と「善五郎の滝」を巡ります。

三本滝駐車場からしばらく下ると「休暇村 乗鞍高原」があります。
20130713norikura101.jpg

この施設の脇にある道の入口に「牛留池」への道しるべがあります。
20130713norikura102.jpg

歩きやすい遊歩道です。
のんびりと森林浴を楽しむことができます。再び日も差してきました。
20130713norikura103.jpg

「牛留池」の東屋に到着しました。
20130713norikura104.jpg

東屋からの風景。
水草のないときには水面に乗鞍岳が幻想的に映しだされるらしい。
20130713norikura105.jpg

糸トンボ発見! この池、一周できるみたいなので行ってみよう。
20130713norikura106.jpg

不思議なかたちの松の木があったよ。「ねじねじの木」というらしい。
なんでこんな形になってしまったのだろう?自然って凄い。
20130713norikura107.jpg

こんな変なキノコみたいな植物がところどころに生えていた。
20130713norikura108.jpg



次の目的地は「善五郎の滝」です。広~い駐車場があります。
ここに車を停めて徒歩で「善五郎の滝」に向かいます。
20130713norikura120.jpg

「善五郎の滝」のいわれが書いてあります。説得力のない話しです。
20130713norikura121.jpg

途中、滝見台からの景色を楽しめます。
ここから滝壺まで降りるの大変そうだな。頑張って歩こう。
20130713norikura122.jpg

この橋を渡ればもう少しで滝壺です。
20130713norikura123.jpg

澄んだ水、綺麗な景色に癒されるよ~。
20130713norikura124.jpg

「善五郎の滝」の全貌です。水しぶきが凄い!
20130713norikura125.jpg

落差21.5m、幅8mの滝は迫力満点。
20130713norikura126.jpg


今日は歩きにくい道ばっかりだったから母の足はもう限界だろう。
宿に行って温泉入ってゆっくりしようか。

【其の参】に続きます・・・。



------- 押して頂けると嬉しいです。 -------
 ブログランキング・にほんブログ村へ

Edit
2013.07
16
Category : 中信エリア
連日の猛暑。こんな時は涼しい高原に逃げ込むのが一番です。

昨年の同じ頃、“満天な星空が見たい!”と乗鞍高原に出掛けたのですが
夕方から雨が降り出し残念な結果に終わりました。
そこで今年も乗鞍高原へと宿を予約したのが一週間前。
しかし今回も台風や前線の影響で不安定な天候です。

以前から乗鞍に行きたがっていた母を誘い5:00に出発です。
高速道路で春日井ICから松本ICまで、そこから一般道を走ります。
松本あたりから雨が降ったり止んだりの微妙な天候。

9:50乗鞍高原の『乗鞍観光センター』に到着です。やっぱ涼し~
天候回復を願って取り合えず乗鞍山頂の『畳平』へ行くためシャトルバスに・・・
20130713norikura001.jpg

あれっ?まだ全線開通してないじゃん!
融雪遅れのため『大雪渓・肩の小屋口』までの折り返し運転らしい。
大雪渓や雪の壁は見たいけど下車した所でスキーヤーや登山者以外には
どうしようもない場所だし・・・諦めか・・・ついてないなぁ~。
20130713norikura002.jpg


立寄り温泉の『湯けむり館』さんで温泉につかりながらプランを立て直そう・・・
あれっ、閉店? っと思ったら近くに新しい施設として営業されてました。よかった~

お湯は乳白色で硫黄の香りが漂います。白い湯の花が舞う単純硫黄泉。
露天風呂は旧湯けむり館に比べると髄分と小さくなった様に思えます。
20130713norikura003.jpg


温泉を出た頃から天気は徐々に回復傾向。滝巡り等の周辺散策なら大丈夫そう。
時間は既に11時を回っているので先に昼食をとることに。

訪れたのは『そば処 合掌』さん。
合掌造りの建物がいい雰囲気です。糸魚川市からの移築らしいですよ。
20130713norikura011.jpg

自分は「ざるそば」、妻は「天ざるそば」を注文。
県内産そば粉と乗鞍山麗の湧き水を使用した二八そば。期待通りの美味しさです。
20130713norikura014.jpg

母が注文した「とろろそば」。温かい蕎麦ですが固さも程よく
20130713norikura015.jpg


なんとか雨も止んだ様子。滝巡りに出発です。
手始めに三本滝駐車場へ移動。自家用車で上がれる最終地点です。
20130713norikura020.jpg

駐車場の奥に進むと三本滝につながる道があります。
ここから滝までは徒歩25分弱でしょうか。
急な階段や坂道、ぬかるみ、滑りそうで不安定な木や岩の上
おまけに吊橋まであったりします。年配者にはチトばかし辛かったね。
20130713norikura021a.jpg
20130713norikura022a.jpg

道中が険しくても汗をかくこともなく涼やかな気候。
清流の音とウグイスのさえずり、もう別世界です。気持ちいい~
20130713norikura022b.jpg


ようやく滝に到着です。案内の看板があります。
20130713norikura023.jpg

右の滝と真ん中の滝です。
凄い迫力に圧巻です。日本の滝100選に選ばれているわけだ。
20130713norikura024.jpg

真ん中の滝と左の滝です。三本ともに水源が違うためか水の色も違う。
20130713norikura025.jpg

黒い沢の滝(右の滝)。岩肌を滑るように落ちる。一番近く手が届きそう。
20130713norikura026.jpg

本沢の滝(真ん中の滝)。豪快に落ちる迫力満点の滝。
20130713norikura027.jpg

無名沢の滝(左の滝)。やさしい滝だね。滝が途中で消えちゃってる様。
20130713norikura028.jpg

青空も見えて天候もまずまず。
帰りは地面が乾いてきたせいか割と楽に歩けました。

次は「牛留池」と「善五郎の滝」を巡ります。
【其の弐】に続きます。


------- 押して頂けると嬉しいです。 -------
 ブログランキング・にほんブログ村へ

Edit
2013.05
16
Category : 中信エリア
上高地に行ったよ。後編です。

田代橋、穂高橋を渡り少し歩くとホテルがあります。
こんなホテルに宿泊して朝もやの上高地を拝んでみたいものです。
130512kamokouchi105.jpg
上高地温泉ホテル               上高地清水屋ホテル

渡ってきた田代橋を振り向きます。水面がキラキラしています。
20130512kamikouchi100.jpg

目を覚ましたカエル君と親子のお猿さんが出迎えてくれました。
20130512kamikouchi101.jpg

ようやく河童橋に到着です。
20130512kamikouchi110.jpg

橋を渡る前にアップパイで人気のトワサンクさんでちょっと休憩。
ここのアップルパイはホール1つにリンゴを6個使っているらしい。
20130512kamikouchi210.jpg

妻がアップルパイを捕食。りんごが美味しい~とさ。
ちなみに自分はカフェオレ、母はソフトクリームを。
20130512kamikouchi211.jpg

いよいよ河童橋を渡ります。人の少なさにちょっと驚き&ラッキー
20130512kamikouchi310.jpg

河童橋からの定番の景色ですよね。穂高連峰が聳え立つ~。
20130512kamikouchi311.jpg

下流方向です。焼岳が少しだけ見えます。
20130512kamikouchi312.jpg

河童橋ライブカメラの近くで撮影してみました。
20130512kamikouchi313.jpg

外国人、特に中国からの観光客が多いですね。
20130512kamikouchi314.jpg

天候にも恵まれて爽やかな上高地が堪能できました。
上高地バスターミナルからシャトルバスで平湯に戻ります。

昼食は平湯バスターミナル近くの「喰処よし本」さん。
以前に寄ったとき、山菜の天麩羅がおいしかったので~。
20130512kamikouchi400.jpg

古民家風でいい感じです。
20130512kamikouchi401.jpg

メニューは、蕎麦、うどんを中心に丼物、定食など。
20130512kamikouchi402.jpg

以前来たときはワラビと土筆の天麩羅があったので楽しみにしていたのですが
今回はありませんでした・・残念。
値段はさておき春の山菜天麩羅を味わうことができたのでよしとします。
20130512kamikouchi410.jpg
たらの芽、ふきのとう、こしあぶら、こごみと・・・知らない葉っぱ。

山菜そばです。山菜がたくさんで美味しかった。
もう少しすると緑の朴葉になるのかな?
20130512kamikouchi411.jpg

食事処の蕎麦としてはかなり美味しいと思います。
20130512kamikouchi412.jpg
近辺ではヒメタケ狩りをしていると思われる人達を多数見かけましたよ。

帰りは福地温泉~神岡経由で飛騨清美ICへ。
福地温泉周辺ではしだれ桜と水仙の共演が素晴らしい!
20130512kamikouchi500.jpg


今回の上高地小旅行、天気にも恵まれ清々しい母の日を過ごすことができました。
混んでなかったのがよかったです。

残念ながら時間の都合で温泉に立ち寄ることはできませんでしたが・・・。
楽しみは次回にとっておこう

以上で“上高地に行ったよ。”は完結です。


------- 押して頂けると嬉しいです。 -------
  


Edit
2013.05
13
Category : 中信エリア
5月12日、母の日です。
子供のいない我々には多分この先も祝ってもらえることはないでしょう。

いくつになっても母は母。
っということで母を誘ってお出掛けです。
母「近場の温泉でいいよ~。」の意見を無視して上高地に決定。

ゴールデンウィーク明けの週末は観光地が空いているから
行きたかったんだも~ん。

朝6:00春日井ICから高速道路に入ります。東海北陸道飛騨清美ICで下り
中部縦貫道と一般道で平湯のアカンダナ駐車場まで約3時間。

アカンダナ駐車場からはシャトルバスで上高地へ向かいます。約25分。
130512KAMIKOUCHI01.jpg

大正池バス停でシャトルバスを降りて河童橋までのんびり散策します。
地面には雪が残りぬかるみもありますが寒くはありません、むしろ暖かいくらいです。
130512KAMIKOUCHI10.jpg

大正池(ちょっと上流)からの焼岳。突き抜けるような青空です。
130512KAMIKOUCHI11.jpg

簡単すぎる案内看板ですよね。
130512KAMIKOUCHI21.jpg

田代池です。滑らかな水の流れに時間が止まっているみたい。
130512KAMIKOUCHI18.jpg

雪どけのせいか小川の流れは速くあふれそう。
130512KAMIKOUCHI22.jpg

ようやく訪れた春にネコヤナギもモフモフ。
130512KAMIKOUCHI25.jpg

田代橋からの景色。青空に聳える穂高連峰が素敵。
130512KAMIKOUCHI51.jpg

田代橋からの景色。下流方向。
130512KAMIKOUCHI52.jpg

カタクリがひっそりと咲いていたよ。
130512KAMIKOUCHI71.jpg


今回は大正池から始まり田代橋を渡りきったあたりまででした。

次回は河童橋周辺とチョット美味しいものです。


------- 押して頂けると嬉しいです。 -------