RSS
Admin
Archives

ぴしくるの日記

日々の暮らしの中で『季節感不足』を解消するため週末には『旬』を求めてお出掛けするのが楽しみです。

プロフィール

ぴしくる

Author:ぴしくる
---------------
名古屋在住、夫婦共働きの二人暮らし。
週末には旬の食材、美味しい蕎麦、
温泉を求めて(たまに魚釣りも。)
小旅行を楽しんでいます。

☆当ブログはリンクフリーです。

最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
出会った野鳥さん
Blog Ranking

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 東海情報へ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
Edit
2017.11
22
Category : 京都府
前回記事の続きで~す。

京都バスツアーに急遽参加した妻がXZ-10で撮ってきた写真です。
旅行前カメラを託した時に注文したイメージはJR東海のCMのように(笑)
だからタイトルがこれなんですw  妻にはフンと鼻で笑われました^^

急な話だったんで行先が京都であることしか聞いておらず1人だけミステリーツアー状態の妻w
「帰りは名古屋駅に20:00だよ♪」って言いながら実際は京都を出るのが20:00だったり等々。

さて本題に入りたいところですが自分が行っていない旅行記って難しいですね。
妻にその時の状況や感動ポイントを聞くのですが「綺麗だったよ~」とか「混んでた~」とか
「人がなかなかどかなくて撮れなかった~」とか何だかよく伝わりません。(笑)
そんなわけで写真をベタベタ貼っていきますね。
えっ?ベタベタはいつもと変らないって?




妻が旅行に誘われたのは前日18時頃のこと、「明日の7時に名古屋駅集合ね!」
当日は雨降りで早朝から最寄地下鉄駅まで車で送らされる自分。
ちなみにこの日は土曜出勤だったのさ。


時間は進み京都到着。
初っぱなに連れてこられたのは瑠璃光院
20171118_1001.jpg


京都でも生憎の雨となってしまいましたが燃えるような紅色。
20171118_1002A.jpg

書院の1階から。
ある気象条件が整うと瑠璃色の浄土の世界が現れるという瑠璃の庭。それは一体どんな世界なのか?
20171118_1004A.jpg
10月1日から12月10日まで秋の特別拝観が行なわれているそうです。

書院2階より。  う~ん、JR東海ぽくっていいぞ~!
20171118_1003.jpg
後に知ったのですが角の柱をセンターにして写真の左下にある漆塗り?のテーブルに景色を反射させ
一体化して撮影するのがポイントらしいっすよ。




妻だけミステリーツアーは詩仙堂へと移動。
20171118_1005.jpg


玄関からは建物越しに紅が映えます。
2017118_2001.jpg

詩仙の間からの庭園。
もっと下から撮った写真もありましたが人の頭頂部がいっぱいで・・・(メチャ遠回しな表現w)
2017118_2002.jpg


そんなに急いで紅葉の秋に来られちゃ、ツマンナイ(2006年初秋 詩仙堂 : JR東海)
20171118_1007A.jpg





いい色付きですね。 圓光寺に着いた頃には雨も上がった。
20171118_1008A.jpg


奔龍庭は白砂を雲海に見立て天空を自在に奔る龍を石組であらわした枯山水。
20171118_1009A.jpg


心静かに書院から十牛之庭を眺める。 額縁庭園としても知られているそうですよ。
20171118_1010A.jpg


庭園ぶらり^^   木がツルツル~猿が滑りそうw
20171118_1012A.jpg


手水鉢を用いた水琴窟
20171118_1011A.jpg


そして可愛いお地蔵さん♪ 気に入ったのでプリントして飾っておこう^^
20171118_1013A.jpg





お次はもみじの永観堂ともいわれる京都屈指の名所永観堂 禅林寺
20171118_1015A.jpg


灯篭も灯り始めました。
20171118_1016A.jpg


石橋のむこうは弁天島弁天社。 枝が鳥居をくぐってる。
20171118_1017A.jpg


山の中腹には多宝塔。  この景色、実際に見てみたいなぁ~
20171118_1018A.jpg





そしてラストは天授庵のライトアップ。
20171118_1019A.jpg


ん~お見事! 浮かび上がる枯山水の美しさは写真では表現できないほどらしいです。
20171118_1020A.jpg
朝から夜までバスツアーってけっこう過酷なんですね。 帰りのバスでは爆睡だって。




妻の話をザッと聞いてから貰ってきたパンフレットやネットを見ながらこの記事を書いていると
期間限定の拝観場所も多くそうそう行ける所ではないことがわかりました。拝観料もいいお値段だし。
今まで関心のなかったバスツアーですがちょっぴり興味もでてきました^^

体調を崩されて行けなかった友達の姪っ子さんにはとっても申し訳ないのですが・・・
いいもん見れてよかったね^^  そして心の底から羨ましいで~す。そんなにかいっ!